転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

ワークポートの転職支援の評判は?利用者の口コミまとめ

ワークポートの評判と特徴を詳しく解説

ワークポート は、 IT・Web系に特化した専門の転職支援サービスです。 ネット上にあるような口コミや評判は偏りすぎている印象があり、 実際のワークポートの評判は人によって様々です。

しかし、一度もワークポートを利用したことが無い方は不安だと思います。 そこで、ワークポートが本当に転職に有利なのか、その評判や特徴を詳しく説明していきます。

ITやWeb系に強いワークポート

ワークポートは、ITやWeb系向けの転職サイトです。 特化型のため、専門の業界への転職が有利になります。

ITやWeb系の案件は高評価

ITやWeb系の案件を探している方なら、ワークポートはおすすめです。 求人の質も悪くは無いので、自分意合った仕事を探し安いと思います。

また、求人の多くは大手よりの中小企業やベンチャー企業の方が多い特徴があります。 それに、未経験での転職にも力を入れているように感じます。

転職のサポートもキャリアコンサルタントが行ってくれるため、 ひとりでの転職活動よりも、楽に新しい職場を探せます。

対応が早い

ワークポートの対応は早い印象があります。 ただし、事務的な対応が多いため、しっかりとしたサポートを望んでいる人は、 少し物足りなく感じるかもしれません。

対応が早い要因は、ある程度マニュアル化された中でしか、サポートをしないからかもしれません。 そのため、人によっては対応に不満を抱く人もいるようです。

しかし、求人の量は多いため、たくさんの求人から自分好みの求人を探したい方にはおすすめです。

ワークポートの特徴

ワークポートは特化型の転職支援サービスとして実績が豊富で、 特にIT系での転職に強い印象があります。 具体的にワークポートの特徴をもっと掘り下げていきます。

IT転職に強くて未経験の転職者もサポート

IT・WEB・ゲーム業界に強い転職サービスです。 数千もの求人が常時掲載されていて、この数は、IT業界の求人情報を扱う転職サイトの中でも多い求人数です。

また、ブラック企業のような、働いてみたら環境が悪かったという求人が少ないのが特徴です。 その理由は、業界の企業にも精通しているスタッフが多く、 情報を共有しているため、事前にどんな企業なのかを把握しているからです。

そのため、転職してその後、後悔することが少ない求人を豊富に扱っています。

豊富な経験のあるアドバイザー

ワークポートを利用した方で、転職アドバイザーのサポートが良かったと答えている方が多いです。 ワークポートは、ITの分野での転職成功率も高く、事跡が豊富なところが評価されています。

また、求人を探すだけでなく、面接対策をしてくれたり、履歴書等の書類の添削を行ってくれたりと、 様々なサポートをしてくれるので、初心者でも安心して利用することができます。

また、転職ノウハウセミナーなど、フリーターやアルバイトでも転職を成功させる方法など、 様々なアドバイスを受けることができます。

そのため、IT業界で転職がうまくいかない方や、 未経験のため中々転職できない方にとって、ワークポートは便利な転職サイトです。

求人を探すなどのサイトの機能が充実

ワークポートにある機能で、「eコンシェルジェ」というのがあります。 「eコンシェルジェ」とは、ネット上で管理できるスケジュールのことで、 転職活動のスケジュールを一括で管理できるツールです。

例えば、面接日程や、応募した求人の進捗状況など、目で見て簡単に管理が行えるため、 利用者の評判が良いのが特徴です。

仕事をしながら転職活動をしていたり、転職活動が不慣れな方にとって、 日々のスケジュール管理が簡単なのは、転職活動においてとても便利です。

こいった機能があるだけでも、自分で行う転職活動の手間を省けるので、 とても価値のある機能といえます。

初回の登録が楽

転職サイトを利用する上で必要なのが登録です。 ワークポートの場合、初回の登録が1分で完了するため、スピーディーに登録が完了します。 個人情報も最低限の入力だけで済むため、利用者からも安心という声が見受けられます。

ワークポート

ワークポートの登録の流れ

一度もワークポートを利用したことが無い方のために、登録してから、実際に内定をもらうまでの流れを説明します。

転職相談サービス申込み

専用の登録ページから必要項目を記載します。 最低限の基本的な情報だけでいいので、登録はすぐに終わります。 この転職サービスを利用する上で、費用は一切かかりません。 すべて無料で利用することができます。

面談日程調整

登録してから、当日~3日程度でワークポートからメールで連絡があります。 担当のアドバイザー(転職コンシェルジュ)との面談の調整を行います。

面談予約画面から、希望日程を入力すると、 数日で面談日程の案内のメールが送られてきます。

個別カウンセリング

最初に申し込んだ内容を元にして、担当のアドバイザーと面談を行います。 ワークポートのオフィスに来社する必要があります。 オフィスは、東京を本社として、五反田オフィス、仙台オフィス、埼玉オフィス、 横浜オフィス、名古屋オフィス、大阪オフィス、福岡オフィス、神戸オフィスがあります。

面談内容は、これまでの経験や職務に関するヒアリングをします。 そして、転職理由や転職条件を整理して、希望の転職を実現するためにサポートを行います。

求人紹介を受ける

面談で行ったヒアリングを元にして、希望の求人を紹介してくれます。 早ければ、面談後の次の日にメールや電話で求人を紹介してくれます。

しかも求人情報だけでなく、最近の転職事情や応募企業の近況も合わせて情報を提供してくれるため、 転職に役立つ情報を入手することができます。

応募 書類作成

応募したい企業が決まったら、履歴書等の書類作成を行います。 ワークポートの担当者が、応募書類の書き方をサポートしてくれます。

どういう書き方が採用側に注目されるのか、書類選考に通るためのサポートを行ってくれます。 これにより、いつも書類選考が通らなかった方は、通過率を格段に上げることができます。

面接

書類選考に通過したら次は面接です。 ワークポートは面接の日程調整などのサポートもしてくれる為、忙しい人にとっては有難いサポートです。 そのため、面接に対しての準備を集中的に行うことができます。

内定

内定が決まった後も、ワークポートはサポートをしてくれます。 例えば、入社条件の交渉から入社日の調整、退社に関するアドバイスなど、長くサポートをしてくれます。

また、入社した後もワークポートに、 条件が違っていないか、不満があるかなど、相談することができます。

ワークポート

ワークポートの悪い評判が多いのは何故?

ワークポートを利用しようと思っても、初めて利用する場合は不安ですよね? それでネットなどでワークポートのことを調べると、悪い評判が目立っていて本当に利用して良いのか迷いませんか? そこで、ネット上にあるワークポートの悪い評判とはどういったものなのか、まとめてみました。

IT/WEB/ゲーム業界の案件以外弱い

まず、一番多かった悪い評判は、IT/WEB/ゲーム業界の案件以外弱いです。 他の業界への転職を希望する人にとっては、利用するメリットがほとんどありません。 実際に登録した人は、それが不満で評判が落ちてしまっているようです。 ただし、特化型の転職エージェントではよくあることなので、ワークポートが特別悪いわけではありません。

どの特化型転職エージェントでも、専門以外の業界の求人をほとんど扱っていないので、 この悪い評判についてはあまり気にしなくても大丈夫です。 IT/WEB/ゲーム業界への転職を考えているなら、気にする必要はありません。

求人の紹介は量を重視

次に多かった悪い評判は、求人の紹介が量を重視です。 転職エージェントのサポートは、求職者の転職条件や希望をヒアリングして求人を紹介してくれるため、 希望の条件に合っていないと求人を紹介しません。 しかし、ワークポートの場合はある程度の条件さえ合っていれば、どんどん求人を紹介してきます。 そのため、自分の希望する条件といまいち違う求人を紹介される恐れがあります。

これが原因で、ワークポートは「求人の質が悪い」と思ってしまうようです。 紹介される求人は多いけど自分にとっての求人のマッチングが薄いので、不満に感じる場合があります。 ただ、たくさんの求人の中から転職先を選びたい人にとっては、むしろ好都合です。 多少は自分の希望と違う求人内容かもしれませんが、 もしかしたら自分でも気付かなかった、良い条件の求人にめぐり合う可能性だってあります。

ようは考えようです。 ワークポートも、求職者の希望条件とまったく違う求人を紹介したりはしません。 むしろ、希望条件に近い求人を紹介してくれるのと同時に、 プラスで更に希望条件とは若干違うけど、貴方に合いそうな求人も紹介してくれると考えればいいんです。

そう考えると他の転職エージェントよりも、求人の数が多いので便利に感じるはずです。 まぁ、あまりにも希望と違う求人ばかり紹介されると嫌になりますが、 早く転職をしたい人にとっては、選択肢が多い方がいいのではないでしょうか?

サポートが事務的

次に多かった悪い評判は、サポートが事務的です。 この評判もネット上でかなり多かったです。 具体的に「サポートが事務的」とは、どういうことなのでしょうか? 例えば、転職エージェントが紹介してくれた求人が気に食わなければ断ります。 するとエージェントは、すぐに次の求人を紹介してくれます。 これが応募したい求人が見付かるまで、その作業が永遠と続くようです。

他の転職エージェントでも、ワークポートと同じような流れで求人を紹介してきますが、 もう少し相談やアドバイスなどを受けられるようです。 しかしワークポートにはそういったアドバイスがほとんど無く、求人の紹介のみがずっと続きます。 それが「サポートが事務的」だという印象を持ってしまうようです。 そのため、丁寧なサポートを求めている人にとっては、それが不満になってしまいます。

もし、しっかりとアドバイスなどを受けたいなら、ワークポートは物足りなく感じるかもしれませんが、 どんどん求人を紹介してもらって、さっさと転職を成功させたい人ならそれ程問題ではありません。 むしろ事務的な作業のおかげで、他の転職エージェントよりも求人の紹介のスピードが上がり、 希望する求人を見つけやすくて、転職が成功するまで時間がかからなかったという体験談もあるほどです。

ワークポートの評判

ワークポートの評判はどうなのか、気になる情報をまとめました。

ワークポートの良い評判

ワークポートの良い評判として一番多いのが、IT・Web案件に強いことです。 IT・Web系での転職は、実力主義な部分があるため、未経験はもちろん、 実績があまりないと転職が難しい業界です。

しかし、ワークポートは採用される方法や、ある程度の実績があれば採用される企業の情報を把握しているので、 自分で転職活動するよりも、採用率が格段に上がります。

さらに、対応が早いため、急いで転職先を探している方におすすめです。 登録方法も楽で利用しやすいサイトのため、初めての方でも安心して利用することができます。

ワークポートの悪い評判

ワークポートの悪い評判で一番多いのが、紹介され案件が希望と違うことがあるようです。 場合によっては、質より量を優先することがあるため、優良な企業の求人を探している場合は、 不満にに感じることもあるようです。

また、担当者とのやりとりが事務的で、 積極的にサポートを受けたい方には、物足りなさを感じることもあるようです。

しかし、すべての担当者がそういうわけではないため、 もし対応が悪いと感じたら、思い切ってその旨を伝えてみるのもいいと思います。

ワークポート

ワークポートを利用した人の口コミまとめ

ワークポートを実際に利用した人の口コミには、どういったものが多かったのかをまとめてみました。 良い口コミと悪い口コミの両方を把握することで、自分にとって登録する価値があるのかが分かります。

IT/WEB/ゲーム業界につよい

・希望する求人が見付かった
・専門分野に強い
・大手よりも良かった

ワークポートの最大の強みともいえるのが、IT/WEB/ゲーム業界の転職に強い点です。 これは、実際に利用した人の口コミにもよく現れていて、 クリエイティブ系の転職をするならワークポートに登録して損は無いということです。 もちろん、大手から中小など、様々な企業の求人を紹介してくれるので、 IT/WEB/ゲーム業界で転職を考えているならおすすめです。

求人数が多かった

・業界の求人が多い
・大手よりも求人が豊富
・紹介してくれる求人が多い

こういった特化型の転職エージェントは、業種を絞るため扱っている求人数は、 他の大手の転職エージェントよりも少なくなってしまう特徴があります。 しかし、ワークポートは特化型の転職エージェントの中でも求人の数はかなりたくさんあります。 同じような業界の転職エージェントと比較しても、その数は1万件を超えます。 そのため、数多くの求人をチェックしたい人は、ワークポートを利用すると満足できるようです。 それが口コミでもよく書かれていました。

求人の質が悪い

・希望する求人が少ない
・転職先がブラックだった

ワークポートの悪い口コミの中でも、一番印象が悪いのが「求人の質が悪い」です。 自分の希望する求人(給与や待遇)と違うだけならまだいいですが、紹介された求人がブラックな会社で 採用後に不満を抱いた人もいるようです。 ワークポートの口コミの中で、紹介された求人がブラックな会社だったというのが少しありました。 ただし、数としてもそれ程多くは無いので、運もあるのではないでしょうか? ワークポートに限らず、どの転職エージェントも紹介してくれる求人がすべてホワイトということはありません。 そのため、転職エージェントを利用するなら、こういったこともリスクとして考えておいた方がいいでしょう。

転職までが早かった

・事務的な作業がメイン
・無駄なことが無かった
・求人を紹介するのが目的

ワークポートの口コミでは、この「転職までが早かった」というのが多くありました。 理由は先程も述べている通り、事務的な作業がメインでどんどん求人を紹介してくるので、 自分が知ることのできる求人が他の転職エージェントよりも多いのが特徴です。 そのため、気になる求人も早く見つけることができるようです。 その結果、転職までの期間が短縮できるようです。 早く転職を成功させたいなら、ワークポートはおすすめかもしれません。

サポートがいまいち

・相談よりも求人の数
・アドバイスが弱い

サポート体制に不満を抱いている口コミもよく見かけました。 事務的に求人をどんどん紹介してくれますが、詳しいアドバイスが少なく、 転職活動の不安を和らげてくれるわけではないようです。 しかし、逆に「サポートが良くて自分のペースで転職活動ができた」という口コミも同時に見つけました。 これは、担当するコンサルタントによって対応が代わると考えた方がいいでしょう。 転職エージェントに登録すると必ず担当者が付きます。そのため、サポート力もその担当者によって変わるので、 実際に登録してみないとサポートがどの程度なのかが判断しづらいと思います。

不採用になった理由を教えてくれない

・選考結果が分からない
・連絡が来ない

転職エージェントは求人を紹介するだけでなく、面接のアドバイスから面接の日程調整、 面接後の採用結果など、求職者と企業を結びつけて代行のようなことをしてくれます。 しかし、面接が終わった後の選考結果や、不採用になった理由などを教えてくれないケースがあるようです。 選考結果の連絡が来ない場合は、担当者が忘れている可能性があるため、こちらから連絡する必要がありますが、 不採用になった時に何故不採用になったのかを教えてくれないと、次に活かすことができません。 それが不満だとネットの口コミで見かけました。 ただ、すべての人というわけではなく、不採用になった理由を教えてくれる場合もあるようです。 これについては、担当者の判断なのか、それとも企業側の判断で一切話さなかったのかは不明ですが、 不採用になった理由を教えてくれえる場合と、そうでない場合があるようです。

ワークポート

ワークポートを利用するのに向いている人

ワークポートを初めて知った方や、一度も利用したことが無い方のために、 ワークポートを利用するのに向いている人を紹介します。

Web業界への転職

IT/WEB/ゲーム業界への転職を考えているならおすすめです。 特化型のため業界に精通していて、転職サポートも満足できるはずです。 こういった業界の転職は難しいため、サポートを受けることで転職を有利に進めることができます。

しかも、特化型の転職エージェントではめずらしく未経験でも利用ができます。 Webなどのクリエイティブ系の転職エージェントは未経験の人は利用を断られる場合がありますが、 ワークポートについてはその敷居が低くなっているため、 未経験者でもIT/WEB/ゲーム業界への転職を希望するなら登録できる可能性が高くなります。 他の転職エージェントに登録を断られたなら、ワークポートはおすすめです。

転職をサポートして欲しい人

自分一人で転職活動をするのが不安な方におすすめです。 履歴書や職務経歴書のアドバイスはもちろん、面接の対応から、 内定をもらうまでのサポートをトータルで行ってくれます。 なにより、内定後のサポートもしっかりとしているので、 転職後も安心して相談することができます。

もちろんワークポートに限らずに、他の転職エージェントも転職をサポートしてくれます。 ワークポートだけが特別というわけではなく、 先程も述べたように、専門分野で未経験者が転職エージェントを利用するのが難しいので、 未経験者だとサポート以前の問題になってしまいます。 そのため、登録のしやすさも含めてワークポートはおすすめです。

スピード感のある転職をしたい

良くも悪くもアドバイザーのサポートが事務的で、求人をどんどん紹介してくれます。 気に入らなければ次の求人を紹介してもらい、また気に入らなければ次の求人といった具合に、 自分が興味を持てる求人が見つかるまで、新しい求人をどんどん探すことができます。

他のエージェントは求人紹介の時間が少しかかる場合がありますが、ワークポートは求人の紹介が早いです。 人によっては「もうやめて」と思うかもしれません。 それだけ、紹介してくる求人が圧倒的なんです。

また、求人の紹介だけでなく面接の日程調整などの事務作業が早いため、 転職を急いでいるならワークポートはおすすめです。 求人の紹介や対応のスピードが早いなどの、ネットの口コミが多く見受けられます。

ワークポート

ワークポートを利用するのに向かない人

ワークポートを初めて知った方や、一度も利用したことが無い方のために、 ワークポートを利用するのに向かない人を紹介します。

アドバイザーに当たり外れがある

コンサルタントのサポートが中途半端で、希望する求人を見つけるのが難しい場合があります。 コンサルタントの質も、人によって違うため、利用して良かった人と、利用しなければよかった人とで、 評価が分かれています。 特にサポートが事務的という利用者の声が多くありました。 もっと自分の話を聞いて欲しかったり、アドバイスをしっかり受けたい場合は物足りなく感じてしまうかもしれません。

IT/WEB/ゲーム業界以外の転職

ワークポートはクリエイティブな業界への転職は強いですがそれ以外の転職には向きません。 そもそもクリエイティブ以外の求人そのものが、ほとんど無いでしょう。 そのため、営業や接客など他の業界への転職を考えている方にはおすすめしません。

ワークポート

ワークポートの疑問・質問

ワークポートに対しての疑問や質問がネット上にありました。 そこでどんな疑問や質問があるのか、回答も含めて紹介したいと思います。

ワークポートの利用料金は?

ワークポートは転職を支援してくれる特化型の転職エージェントです。 求人を紹介するだけでなく、直接担当者と会って転職に関するコンサルを受けられます。 そのため、利用料金が発生すると思っている人もいるようですが、ワークポートは一切費用が発生しません。 完全無料で利用ができます。 何故無料で利用できるのかというと、ワークポートに求人を掲載している企業は、 ワークポートから人材を紹介されて採用した場合、紹介料としてワークポート側にお金を支払います。 そのため、ワークポートに登録した求職者は利用料金を支払う必要が無いのです。

面談では何を話すの?

ワークポートに登録すると、実際にワークポートに出向いて担当者と面談を行います。 そこで、今までの経験や実績、転職希望条件などを伝えます。 また、転職に関する疑問や質問をできるので、転職が成功するまでサポートをしてくれます。 ただし、面談ではヒアリングをしてくれますが、その後は求人をどんどん紹介するのがメインになっていくようです。

どれくらいで転職できるの?

どれくらいの期間で転職できるのかは、応募した人次第といった所です。 経験があまり無く、未経験者に近いとそれだけ転職できる企業の幅は狭くなります。 しかし、しっかりと実績を積み上げているならそれ程時間は必要ないでしょう。 目安としては、経験者なら1~3ヶ月、経験が乏しいと3~6ヶ月と思ってください。 あくまで目安なので、もっと早く転職できるかもしれないし、思っているよりも時間がかかってしまう場合もあります。

誰でも利用できるの?

ワークポートは基本的には誰でも利用できますが、IT/WEB/ゲーム業界専門の転職エージェントのため、 そういった仕事の経験が少ないと登録を断られる可能性はあります。 ただし、実務経験が無くても自分でアピールできる実績や作品かなにかを提示できれば利用できます。 他の特化型の転職エージェントよりは、登録しやすいので他の転職エージェントで断られたなら、 ワークポートに登録してみるのもいいでしょう。

他の転職エージェントとの違いは?

他の転職エージェントとの違いは、まずIT/WEB/ゲーム業界専門の転職エージェントということです。 それ以外の業界への転職には不向きです。 また、転職のサポートも行ってくれますが、どちらかというと求人を紹介するのがメインになります。 しっかりとアドバイスを受けながら転職活動したい場合は、少し不満に感じるでしょう。 しかし、どんどん求人を紹介して欲しいならワークポートはおすすめです。

ワークポート利用者満足度は高い?

2chなどの口コミを見ると、ワークポートの評判は良くありません。 初めて利用を考えている方は、とても不安になりますよね?

例えば、具体的な悪い評判は「担当者がちゃんとサポートしてくれなかった」とか、 「紹介してくる求人が良くなかった」などの評判が悪いようです。

しかし、ワークポートは、人材紹介会社としての質は基本的に高いはずです。 評判の悪い転職サイトは、何もワークポートだけではありません。

大手のような転職サイトでも、口コミサイトによっては評価が悪いです。 そのため、たまたまワークポートの担当者が悪かっただけかもしれません。

実際にワークポートを利用して転職がうまくいった人や、 サポートがちゃんとしていたと、書いてある口コミもあります。

では、実際のところはどうなのか?

それは利用してみないと分かりません。 担当者との相性や行き違いなどによって、印象が悪くなることもあります。

そのため、口コミの評判は参考程度に留めておき、実際に自分で利用してみて、 もし、利用価値が無いと思ったら、他の転職サイトを利用すればいいだけです。

ワークポートと始めとした転職サイトは、基本的に無料なので、 自分に合った転職サイトが見つかるまで、登録しまくればいいだけです。

ワークポート

他社の転職サイトと合わせて利用する

ワークポートの転職支援と平行して、 さらに転職の成功率を上げたいなら、複数の転職サイトに登録することをおすすめします。

求人の中には、その転職サイトにしか求人を載せていない企業があります。 そのため、優良な求人をたくさんの求人の中から探したいなら、複数の転職サイトに登録することで、 気になる求人を探しやすくなります。

ワークポートの運営会社

ワークポートは、株式会社ワークポートが運営している、Web系専門の転職支援サイトです。 株式会社ワークポートは、他にも未経験からITエンジニアに必要となる基礎的なスキル・知識を総合的に学べる 「みんスク」を運営していたり、「ワクワクしながら、働く、暮らす」をコンセプトにした、 トレンド情報メディア「WORKPORT+」を運営していたりと、様々な専門系のサイトを運営している企業です。

ワークポート拠点一覧

拠点 住所
本社オフィス
東京都品川区大崎1-2-2  アートヴィレッジ大崎セントラルタワー9F・6F
立川オフィス
東京都立川市曙町2-8-29 村野ビル7F
埼玉オフィス
埼玉県さいたま市大宮区大門町3-82 大宮大門町MIIビル 6F
横浜オフィス
神奈川県横浜市西区北幸1-11-11 NMF横浜西口ビル 6F
千葉オフィス
千葉県千葉市中央区弁天1-15-3 大宗北口ビル7F
仙台オフィス
宮城県仙台市宮城野区榴岡4-5-22 宮城野センタービル4F
名古屋オフィス
愛知県名古屋市中区丸の内3-17-13 いちご丸の内ビル 8F
大阪オフィス
大阪府大阪市中央区平野町2-3-7 アーバンエース北浜ビル14F
京都オフィス
京都府京都市下京区真苧屋町207番地 ネオフィス七条烏丸4F
神戸オフィス
兵庫県神戸市中央区京町69 三宮第一生命ビルディング 11F
岡山オフィス
岡山県岡山市北区本町6-30 第一セントラルビル2号館5F
広島オフィス
広島県広島市中区紙屋町2-2-2 紙屋町ビル9F
福岡オフィス
福岡県福岡市中央区天神1丁目3−38 天神121ビル7F

ワークポートのまとめ

ワークポートはIT・Web系の転職サポート行っている特化型の転職サイトです。 口コミの評判は悪いですが、逆にワークポートを利用したおかげで転職できたという、 口コミもあるため、実際のところ登録して利用してみないと分かりません。

もしかしたら、自分には合っている可能性もあるため、最初から遠ざけずに、 その他の転職サイトと一緒に利用してみるのも、ひとつの方法です。

ワークポート