転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

隠れたホワイト企業の求人を簡単に探す方法!

隠れたホワイト企業の求人を簡単に探す方法!


転職するならホワイト企業へ転職したいですよね? ただ有名なホワイト企業は人気が集中しているため、転職するのも困難です。 しかし、隠れたホワイト企業が分かればライバルが少ないので、転職しやすくなります。 そこで、隠れたホワイト企業の求人を探すにはどうしたらいいのか、簡単に探す方法を説明します。 あまり知られていないホワイト企業なら、転職が成功する確率も高くなります。

ホワイト企業の求人を探すのは困難

誰だってブラック企業よりもホワイト企業で働きたいと思いますよね。 わざわざブラック企業を求める人なんていません。 そのため、ちょっとでもホワイトな噂がある企業が求人募集を出すと、一気に求職者が集まってしまいます。 すると当然ライバルが多いわけですから、自分が採用される確立が下がっていきます。 そうならないためにもまずは、まだ知られていないホワイト企業を探すことが重要です。 そこで、まずは求人を見たりネットで調べたりするだけで、ブラック率が低い求人を探す方法を説明します。

離職率をチェック

求人情報には離職率についての記載はありません。 しかし、その企業をネットなどで調べると離職率が分かる場合があります。 すべての企業の離職率が分かるわけではありませんが、ある程度の情報はネットに公開されています。 また、離職率が高すぎると、実際に働いていた人の口コミなどもどこかに載っていて、 離職率の状況が分かる場合があります。 そういったサイトを利用して、会社の離職率を調べてみましょう。

離職率が高い会社は、ブラックな環境の可能性が高くなります。 働きやすい職場ならそんなに会社を辞めようと思わないからです。 そのため、離職率が高いとブラック企業を疑った方がいいです。

大量募集はブラックかも

時々10名以上の募集を行っている求人を見かけることがあります。 大量の募集を行っている会社すべてがブラックというわけではありませんが、 離職率が高くて一斉に辞めてしまっている可能性もあります。 そのため、大量の募集を行っている会社だったら、 応募する前にじっくりとその会社について調べるようにしましょう。

年中求人募集している

年中求人を掲載している会社は、ブラックの可能性があります。 その理由は離職率が高いからです。 その会社で働いても長続きせずに何らかの理由ですぐに辞めてしまうからです。 そのため、ブラック企業は1年中求人を掲載している場合があります。 ただし、会社の業績が良過ぎて人手が足りないため、人材を探しているだけかもしれないので、 離職率や口コミも合わせてチェックするようにしましょう。

アットホームな会社は怪しい?

よく求人でアットホームな職場をアピールしている会社があります。 こういったことをアピールする会社は、少数の中小企業で多いですが、 他に宣伝することが無く、アットホームをアピールしている可能性があります。

もちろん、本当にアットホームで従業員全体の仲が良い場合もありますが、 そこは実際は働いてみないと分かりません。 そのため、アットホームという言葉に騙されないで、客観的のその会社のことを調べてください。

口コミなどをチェックする

転職先の企業を調べるなら、ネットを使うのが一番便利です。 ほとんどの人は求人だけをみて応募するのではなく、口コミなどをチェックしてるのではないでしょうか? しかし、ネットの口コミは異名のため、誰が書いているのか分かりません。 もしかしたら自作自演の可能性もあります。 そこで、企業の口コミをチェックする上で、実際にブラック企業なのかを判断の仕方を説明します。

悪い口コミが多ければブラックかも

当然ですが、その企業の口コミが悪いものばかりであれば、社内の人間関係や労働環境が悪い可能性があります。 そのため、ホワイト企業で働きたいなら、悪い口コミが多ければブラック企業と判断してもいいと思います。 ただし、個人的な恨みがあり、復讐のために悪い口コミを書き込む人もいるため、 すべての口コミをそのまま信用しない方がいでしょう。

良い口コミだけの企業は怪しい

どんな企業だって悪いところはあります。 それなのに、すべての口コミが良いことばかり書いている場合は、少し疑った方がいいかもしれません。 もちろん本当にすべてにおいて、従業員が満足する企業が存在する可能性はありますが、 そういった企業はごく一部です。 そのため、良い口コミだけの企業は自社を良く見せようとして、自作自演をしている可能性はあります。

口コミは全部信用してはダメ

口コミは誰であろうと自由に書き込むことができます。 しかも、書いてあることを外部の人間では確かめようが無いため、本当にその口コミが正しいのかは分かりません。 そのため、悪い口コミでも実際はその従業員に責任があるのに、腹いせで悪口を書いていたり、 良い事ばかりを書いているのが実際は企業側の自作自演だったりと、口コミ自体がデタラメの可能性もあります。

そのため、口コミをチェックするのは良いんですが、書いてあることをそのまま信用してしまうのは危険です。 隠れたホワイト企業を探そうとして、良い口コミばかりを探していると、実際に応募して採用された時に、 思っていたのと違った何てこともあります。 そのため、口コミは参考程度に留めておいて、 悪い口コミがあってもあまり気にせずに、どんどん応募しても良いのではないでしょうか?

内部の情報は手に入りにくい

企業の内部情報は個人では手に入りにくいです。 そのため、隠れたホワイト企業を探そうとしても限界があります。

掲載されている求人ではわからない

掲載されている求人を見ただけでは、実際の内部情報を把握するのはとても難しいです。 基本的に企業側は、人材を確保したいので良い事を前面に押し出します。 そのため「働きやすそうだな」とか「福利厚生が充実してるな」など、好印象を持ってもらえるようにします。 だから待遇などが良いと思っても、実際に働いたら全然違ったなんてことはよくあります。

外部と内部の印象は違う

外部の人間があの企業は働きやすそうだなと感じても、実際に働いている人はそう感じていなかったり、 あの会社はブラックだなと思っていても実際に働いてみると、そうでもなかったりと、外部と内部での印象は全然違います。 そのため、転職活動をする上でも客観的に企業を見定めないと、いざ働いてみたらショックを受けるかもしれません。

自分ひとりでは限界がある

自分ひとりでは、企業の内部情報を知るのは限界があります。 ただし、友達がその企業で働いていて、実際の内部情報が手に入ることはありますが、それは極めて稀です。 ほとんどの人は、興味のある求人先の情報を手に入れることはできません。 唯一の方法としては、ネットで検索して口コミなどをチェックするくらいでしょう。

隠れたホワイト企業を探す方法

有名なホワイト企業なら、ネットでちょっと調べれば分かりますが、 個人では隠れたホワイト企業を探すのは困難です。 そこで、隠れたホワイト企業を簡単に探す方法を教えます。 それは転職エージェントを利用することです。

転職エージェントは、転職をサポートしてくれるサイトのことで、 登録するとあなたの希望する求人条件をヒアリングして、その希望に沿った求人を探してくれます。 さらに転職エージェントのすごいところは、企業の内部情報を把握している点です。

例えば、希望する企業の部署の人間関係やパワハラの有無など、外部の人間では分からない情報を知っています。 これは、転職エージェントを利用して転職した人に、実際に働いてみてどうだったのかを聞いているからです。 そのため、かなり信用できる情報を保有しているので、隠れたホワイト企業を知っています。

すべての企業を把握しているわけではありませんが、長年の転職支援で培ったノウハウと情報を持っているため、 もし隠れたホワイト企業へ転職をしたいなら、試しに登録してみたらどうでしょうか。 こういった転職エージェントは、登録後に実際に会って話をすることがありますが、完全無料で利用できます。