転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

Webデザイナーとしてレベルアップしたい?ディレクターになる方法もある

Webデザイナーとしてレベルアップしたい?ディレクターになる方法もある

Webデザイナーとして働いている人で、今後のデザイナーとしてのスキルを高めて、 レベルアップをしたいと考えている方もいると思います。 しかし、デザインのレベルを上げるだけでなく、ある程度の年齢であればディレクターを目指す方法もあります。 そこで、このページではWebデザイナーとして、今後どういった形でレベルアップしていくのがいいのかを説明します。

Webデザイナーとしてレベルアップしたい?

Webデザイナーとして働いていると、ほとんどのことができるようになり、 同じ会社で働いていると仕事がマンネリ化して、あまり成長しなくなります。 そこで、今後、Webデザイナーとしてどういう風にレベルを上げていくのかを説明します。

デザインセンスを磨く

まずは単純にデザインセンスを磨く方法です。 初心者と違って仕事としてWebデザイナーをしているなら、 自分のデザインレベルを上げるために、様々なホームページを参考にして、デザインを作っていると思います。 私もバナー制作やホームページを作成するときに、いろいろなサイトをチェックして参考にしています。 やっぱり自分の頭だけで考えても良いデザインが作れないことがあるので、 他のデザイナーさんも同じように、参考にするデザインを探しているんじゃないでしょうか? デザインセンスを磨く方法としては、一番上達が早いはずです。

様々なサイトを手がける

ホームページは場数を踏んで様々なサイトを手がけることで、自分のセンスが磨かれます。 新しいサイトを作って、今流行のデザインを参考にしながら自分なりのデザインを作っていくと、 クライアントが求めるデザインを作りやすくなります。 クライアントは様々な要求をしてきます。 その要求に答えるためには、あらゆるデザインに精通していないと、仕事として続けることが大変です。 そのため、常にたくさんのサイトをチェックして、良さそうなデザインがあったらお気に入りに入れておいて、 試しに同じようなデザインを作ってみるのもいいでしょう。 そうすれば、どんどん自分のデザインセンスが磨かれて、Webデザイナーとしてレベルアップできます。

他の芸術に触れる

Webデザイナーとしてレベルアップするなら、様々なホームページをチェックするのは重要です。 ただ、それ以上に個性を出してデザインセンスを極めたいなら、Webだけでなくほかのデザインも参考にすると 自分なりのオリジナリティを確立しやすくなります。 例えば、雑誌などの紙媒体や電車の広告、美術や絵など、あらゆるデザインをチェックすると、 Webとは違ったデザインなので参考になります。 まぁ、絵などの絵画はそれほど参考にはなりませんが、ファッション雑誌は新たな発見があります。 サイトだけでデザインの勉強をしているなら、たまには雑誌なども参考にしてみてはどうでしょうか? 意外とおもしろいレイアウトだったり、デザインだったりが見付かるかもしれませんよ。

ある程度で限界が来る

Webデザイナーとして働いていると、ある程度のところで限界が訪れます。 20代の頃は新しいデザインを作り出すのに苦労はしませんが、30代や40代ともなると デザインセンスが衰えていきます。 年齢が原因で流行のデザインが作りづらくなってしまうのです。 私も40代を目前にして、デザインレベルが落ちているのが実感できます。

そうなると、デザインのセンスだけで勝負するのが難しくなり、 第一線で活躍することができなくなってしまいます。 もし、30代や40代でWebデザインに悩んでいるなら、Webディレクターになる方法もあります。 ディレクターは管理職のような感じですが、自分でデザインを生み出すわけではないので、 この業界で長く働き続けることができます。

もし、Webデザイナーとして限界を感じているなら、Webディレクターを目指すのもひとつの方法です。

Webデザイナーの最終段階はディレクター

どんな人でも、Webデザイナーとして働き続けている人は少ないのが現状です。 特に40代や50代でWebデザイナーをしている人は、ほとんどいないのではないでしょうか?

もしいたら尊敬します。

私はデザインについてはもう限界でした。 もし同じような悩みを抱えているWebデザイナーがいるなら、 この先のことを考えてWebディレクターになることをお勧めします。 Webディレクターは給与も高くなるし、クライアントとの打ち合わせや日程調整がメインとなるので、 仕事としては楽です。 まぁ会社にもよると思いますが!

少なくともデザインで悩む必要はありません。 若手のデザイナーがしっかりとしてデザインを作成してくれるので、 ディレクターは完成したデザインを見て、変なところがあれば指示をするだけで済みます。 そのため、定年まで働き続けることができます。

60代のWebデザイナーは存在しないのではないでしょうか? 少なくとも、私は60代でWebデザイナーを仕事としてやり続ける自身はありません。

ほとんどのWebデザイナーは、ある程度の年齢になればWebディレクターになるはずです。

今の会社でディレクターになるか転職する

Webデザイナーからディレクターに転身するなら、今の会社でディレクターになるか転職するしかありません。 転職はハードルが上がりますが、ある程度の年齢でもWebディレクターなら、転職先は見付かるはずです。 今までのWeb業界での経験が必要になりますが、30代後半や40代でデザイナーからディレクターに転身する人は多いので、 転職もそれほど難しくはありません。

Webデザイナーとして限界を感じているなら、ディレクターとして新たなスタートをするのもいいと思います。 ディレクターの経験がなくても、Webデザイナーとして長く働いてきたなら、転職できる可能性はあります。