転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

Webデザイナーにおすすめの転職エージェントBEST4

Webデザイナーが転職を有利にする方法

Webデザイナーとして転職、あるいは業界未経験で働きたいと考えている方のために、 転職を有利にするために、おすすめの転職エージェントを紹介します。

Webデザイナーを専門にした転職エージェントは複数ありますが、 一度も利用したことがない方、不安に思っている方のために、 Webデザイナーを目指す人に向けて、転職エージェントを利用するメリットなどを説明します。

Webデザイナーが選ぶ転職エージェント

転職エージェントの比較

転職エージェントの支援を受けられるサイトはたくさんあります。 しかしWebデザイナーとして転職をするなら、専門性に特化している転職エージェントを選ぶべきです。

理由はWebデザイナーの業界に詳しくて、転職もスムーズに行うことができるからです。 Web業界に精通しているため、転職活動をする際に的確なアドバイスを受けることができるので、 転職活動の手間をできるだけ省くことができます。

ただし、大手のような総合的な転職エージェントが悪いわけではなく、 あくまで専門性に特化した転職エージェントの方が便利だと言うことです。

またWebデザイナーとしてだけではなく、コーダーやプログラム、ディレクターなどの転職でも、 転職エージェントが付いている転職サイトを利用することにより、転職活動が楽になります。

Webデザイナーの寿命は30代後半までがほとんどです。 そのため30代で未経験だとWebデザイナーになるのは難しくなります。

転職できる可能性を上げるためにも、転職エージェントを利用することでアドバイスをしてもらうことができて、 自分に足りない部分を教えてくれます。

転職に不安を感じている方にこそ、転職エージェントはおすすめです。

経験者からの転職アドバイス

私もWebデザイナー、コーダー、Webマーケティング、Webディレクター、プログラマー(PHPやJavaScriptの初歩)など、 Webに関する様々な仕事を10年以上経験しています。 その経験から言えることは、仕事の実績だけでは転職はうまくいかないということです。

どういうことかと言うと、まず採用されるまでの流れは大きく分けると「書類選考」「面接」「採用」になります。 書類選考では履歴書や職務経歴書、ポートフォリオなどの書類作成が必要です。 特にポートフォリオは自分の実績などのアピールにとても重要です。

私も転職活動をする際に、自分の経歴をまとめたりポートフォリオを作成したりと、かなり頑張りました。 そして自分で言うのも何ですが、それなりに経験を積んで実績も残していたので、転職活動も簡単だろうと考えていました。 ところが、なかなか転職先が決まらずに、半年以上も転職活動をすることになります。

その時の私は、ポートフォリオは自分の経歴を簡単に伝えるだけでいいんだろと思い、 それ程力を入れてはいませんでした。 それが原因で転職先が決まらなかったんです。

採用側としては、ポートフォリオなどの書類は、採用判断の材料としてかなり重要になります。 それを中途半端に作成してしまった私は、転職活動が全然うまくいきませんでした。 経験があって実績があっても、それをうまく伝えられないと意味がありません。

しかし、具体的にどんな書き方が良いのか悩みますよね? 私もネットでポートフォリオの書き方などを調べるんですが、これがなかなか大変。 全然うまくいきませんでした。 途中で諦めて中途半端に作成してしまうことが多くなってしまいます。 そこで、私のように書類の作成に悩んでいるなら、Web専門の転職エージェントがおすすめです。

Web専門の転職エージェントは、書類の添削やアドバイスをしてくれます。 ポートフォリオなどの書き方を教えてくれるので、自分で調べて悩む必要がありません。 私のように実績があっても書類の書き方次第で、まったく採用されなくなります。

もし転職活動で書類の作成に悩んでいるなら、転職エージェントは便利です。 しかも転職活動の準備は時間が掛かります。 毎日仕事が忙しくて転職活動する時間があまり取れないなら、 転職エージェントを利用することで、無駄な時間を省いて転職活動ができるようになります。

また、転職エージェントは、ポートフォリオなどの書類だけでなく面接などの対策もしてくれます。 私も面接は苦手です。 緊張してうまくしゃべれないし、質問に対してフリーズしたこともあります。 しかし、転職エージェントなら、面接でどんな質問をしてくるのかその対策なども行ってくれます。 そのため、私のように面接が苦手な人にとっても、転職エージェントはおすすめです。

実際にどの転職エージェントがいいの?

ここまで読んで、じゃあどの転職エージェントが良いの?と思いますよね。 これからWeb専門の転職エージェントを紹介していきますが、 長々と記事を読むのが面倒だからさっさと教えて欲しいという方のために、 要約しておすすめのweb系転職エージェントを紹介します。

まず、Web系の転職エージェントのサービスを簡単にまとめると、 会員登録をして専属のエージェントと面談をします。 その面談で希望の条件や今までの実績を伝えると、エージェントが求人を探して紹介してくれます。

そして応募に必要な書類(履歴書、職務経歴書、ポートフォリオ)などの添削やアドバイスを受けて完成させます。 また、応募先に合わせた面接対策もしてくれます。 他にも面接日程の調整など、様々なことをエージェント側が代行してくれるため、転職活動の負担を減らせます。 これらのサポートを採用されるまで行ってくれます。 また、こういった転職エージェントは完全無料で利用できます。 一切費用は発生しません。

では、実際におすすめのWeb系転職エージェントを紹介します。 実は、クリエイターを専門にした転職エージェントはそれ程多くはありません。 大体3つくらいで、多くても5つくらいになります。 クリエイターがよく利用されているのが、

ワークポート
レバテックキャリア
マスメディアン
マイナビエージェント×IT の4つです。

これらのWeb系転職エージェントは、サポート内容もそれ程違いはありません。 たぶん、他のWEB専門転職エージェントを紹介しているサイトでも、同じような感じになっているはずです。 採用されるまで一切費用が発生しないので、 私のように転職活動で何ヶ月も費やしたくないのであれば、これらのサイトに登録してみてはどうですか?

Webデザイナーにおすすめの転職エージェント

Webデザイナー未経験の人が選ぶ転職サイト

業界未経験者がWebデザイナーへ転職するなら、 まずはWeb業界についての知識を身につける必要があり、今の現状や本当に働けるのかを考えた上で転職するのが理想です。

転職エージェントについても、Web業界に特化したサイトを利用することをおすすめします。 理由はキャリアアドバイザーがWeb業界経験者のため、初心者に対してもサポートが充実しているからです。

しかも業界へのパイプもあるため、今の現状を理解していて的確なアドバイスをしてくれて転職をサポートしてくれます。

未経験からWeb業界を目指す方は不安もたくさんあると思います。 しかしWeb業界に特化した転職エージェントを利用することで、 初めて転職する場合でも相談にのってくれて安心することができます。もちろん、これから紹介する転職エージェントは経験者にとっても利用価値のある転職エージェントです。

では実際にWebデザイナー未経験の方におすすめする転職エージェントを紹介します。

レバテックキャリア

レバテックキャリアについての説明

レバテックキャリア は、レバレジーズ株式会社が運営するITなどのWeb業界に特化した転職エージェントサイトです。

コンサルタントの質も高くてWeb業界での評判も高いのが特徴です。 転職支援の実績も4,000社以上に上るため何度の利用する方も多いサイトです。

また非公開求人の数が全体の80%になるため、登録しないとそういった求人を見逃してしまいます。

求人の種類も大手の企業からベンチャーまで幅広く、自分の働きたい希望条件の求人も探しやすいです。

・IT Web業界のつながりがある!
・コンサルタントの専門性が高い!
・エリアは関東や大阪が中心!
・利用料が無料!

が特徴です。

またプログラム言語などの開発系の求人も豊富にあり、 Web全般での転職エージェントサイトと言えます。

何より転職でのサポートの評判が高いので、 自分ひとりでの転職活動に自信が持てない方にはおすすめです。

レバテックキャリア

ワークポート

ワークポートについての説明

ワークポート は株式会社ワークポートが運営する転職エージェントです。 ITやインターネット業界専門の転職エージェントとして実績があり、 担当するコンサルタントも、業界に詳しい専門家のため転職によるアドバイスを受けやすいです。

またWebデザイナーの求人も好条件の案件が多く、Web系の分野で圧倒的な実績があります。

他にもデザイナーだけでなくディレクターなどの管理系の職など細かく求人を探しやすいし、 業界未経験の転職支援も積極的に行っています。

・IT・Web業界の状況を把握している
・スピード感のある転職活動
・全国を対象としてサポート
・求人数が1万件以上
・利用料が無料

が特徴です。

ワークポートを利用した方の口コミ評価も高く、実績も豊富な転職エージェントです。

ワークポート

Webデザイナーやクリエイターにおすすめする転職エージェント

おすすめする転職エージェントを比較

Webデザイナーなど業界経験者におすすめする転職エージェントを紹介します。 Web業界で実績を積んでいるなら、どの転職エージェントを利用しても問題ありません。

Web業界は人手不の会社が多く、ある程度の経験者なら転職しやすいと言えます。 好条件の求人も探すことができて、転職を有利に進めることができるので選択肢は多いです。

まずはWebデザイナーが利用したほうがいい転職エージェントを紹介します。

マイナビエージェント×IT

マイナビエージェント×ITについての説明

マイナビエージェント×IT は株式会社マイナビが運営している転職エージェントです。 マイナビといえば転職サイトの大手として有名ですが、ITに特化した転職サイトとしてマイナビエージェント×ITがあります。

転職を支援しているサイトの中でも優良企業の求人がたくさんあります。 実績もかなり豊富で転職を考えている人が一度は利用しようと考えるサイトです。

大手をはじめあらゆる企業へのパイプがあり転職を有利に進めることができます。

・非公開求人が80%以上
・大手の老舗転職サイト
・関東や関西を対象としてサポート
・20~30代の転職サポートに強い!
・転職支援が手厚い
・利用料が無料

が特徴です。

マイナビエージェント×ITにしかない求人も多く扱っているためたくさんの求人から転職先を選びたいと思うなら、 登録したほうが良い転職サイトです。

マイナビエージェント×IT

マスメディアン

マスメディアンについての説明

マスメディアン は株式会社マスメディアンが運営している広告やWEB、マスコミの求人に特化した転職サイトです。 転職支援の実績も何万件とあり、業界のコネクションが強いのが特徴です。

またセミナーもやっているので、転職に不安を感じている方にも安心できます。 Webデザイナーとして転職を考えている方が利用する転職サイトのひとつです。

・転職支援実績が豊富
・全国を対象としてサポート
・非公開求人も豊富
・セミナーなどのサポートあり
・利用料が無料

マスメディアン

マイナビクリエイター

マイナビクリエイターについての説明

マイナビクリエイターは、株式会社マイナビが運営する、WEBやゲーム業界に特化した転職エージェントです。 専任のキャリアアドバイザーが個別にカウンセリングをしてくれて、転職のサポートをしてくれます。

WEBサイトもポートフォリオの作り方から、相談まであらゆるサポートを受けることができます。

・求人の質が高い
・専門性の高いキャリアアドバイザー
・業界トップクラスの満足度

 WEBやゲーム業界での転職を専門にしているため、キャリアアドバイザー自体が業界経験者が多く、 今の転職事情なども博しているため、自分では知りえない情報も教えてくれます。

そのため手厚いサポートをしてくれることで有名です。

マイナビクリエイター

その他の転職サイト

その他の転職サイトを比較

Webデザイナーに特化した転職エージェントはたくさんありますが、 それ以外の転職サイトでもWebデザイナーの求人を扱っています。

気になる転職サイトが複数ある場合は、いくつか登録することで転職活動をする期間を短くすることができて、 早い段階で新しい職場で働くことができるため、転職成功率を上げることができます。

そんな転職支援としては申し分ない実績と評価のあるサイトを厳選して紹介します。

マイナビエージェント

マイナビエージェントについての説明

マイナビエージェント は幅広い業種の求人を揃えていて、転職エージェントの質もそれなりに高いのが特徴です。

その中でもWeb系の求人も多く扱っているため、IT系の転職を考えている方にもおすすめできるサイトです。

求人案件の数は若干少ないですが、ベンチャーや中小企業の求人は多いのが特徴です。 担当エージェントの質については当たり外れがあるため、登録する転職サイトのひとつ程度に考えておいたほうがよさそうです。

ただし、評判の高いエージェントもいるようなので、実際に登録してみないと分かりません。 運良く質の高いエージェントに当たればラッキー程度に考えましょう。

マイナビエージェント

パソナキャリア

パソナキャリアについての説明

パソナキャリアは、人材派遣領域で業界No2のパソナが運営しているサイトです。 取引実績も多く、信頼できる優秀な転職エージェントのひとつです。

こちらも他の転職サイトと比べて求人数は若干物足りないかもしれませんが、求人の質自体は悪くありません。

またエージェントの対応もしつこくないため、自分のペースで転職活動したい方におすすめです。 もちろんWeb系の求人も豊富なため、デザイナーとして転職を考えている方に登録してほしいサイトのひとつです。

Webデザイナーとして採用率を上げる方法

転職で採用率を上げるにはどうしたら良いのか

Webデザイナーとして転職する場合、経験者と未経験者で共通するのは作品を提示できるかどうかです。

転職エージェントは確かに転職をサポートしてあらゆる面で支援をしてくれます。 しかし作品については自分で作るしかありません。

今までWebデザイナーとして働いてきたなら実績を作品代わりに提示できますが、 業界未経験の場合は自分で一から作成する必要があります。

何故なら応募するときに採用担当者が、どんなデザインを作れるのか判断できるからです。

「言葉であれができます」と言っても正直信用できません。 そのため目で見て判断できる材料が必要になるわけです。

もし提示できる作品がまったく無いのであれば、まずは自分でデザインした作品を作ることからはじめましょう。

Webデザイナーの転職支援サポートについて

転職支援のサポートは結局転職に有利?

転職エージェントは転職するのに便利な反面、担当するキャリアアドバイザーの質によって転職できるかどうかが分かれます。

あまり対応の良くない担当者だとかえって疲れてしまうこともあるため、 それを回避するには、複数の転職エージェントに登録して、 自分と合わないと思うサイトの利用を止めてしまえばいいのです。 転職を有利にするために転職エージェントを利用したのに、 担当者のせいで返って手間がかかってしまうと元も子もありません。

その点を考えて、このページで紹介しているWebデザイナー専門の転職エージェントは、 比較的評判が良いサイトなので複数登録しても問題ありません。

あと、この手の転職エージェントはすべて無料で利用することができます。

もしどこのサイトに登録したらいいのか迷っている場合は、 ワークポート マイナビエージェント×ITレバテックキャリア の3つを登録しておけば問題ありません。

Webデザイナーとしての自分の価値を知れる

Webデザイナー専門の転職エージェントは、今現在の市場を把握しています。 そのため、あなたのWebデザイナーとしての価値をかなり正確に教えてくれます。 今のレベルでどの程度の会社に転職ができて、給与などの年収も知ることができます。

基本的にWebデザイナーは給与が低いことが多いので、転職をすると収入が上がりやすい傾向にあります。 もし年収をアップしたいのであれば、転職エージェントを活用すれば、自分の希望に沿った転職先を紹介してくれます。 何より転職活動が楽になるので、本気で転職を考えるなら利用した方が得です。

自分に合った転職エージェントを選ぶ

転職後に良かったと思う人と後悔する人がいます。 転職して良かったと思う人は収入が上がったり、やりがいのある仕事を任されたりと、 充実した仕事ができる環境へ転職できたからです。 しかし、転職後に後悔する人は、給与や人間関係、仕事の内容や労働環境に不満を抱く場合が多いです。

転職後の後悔を少なくするためにも、転職エージェントを利用すればその心配は少なくて済みます。 何故なら、転職エージェントは転職のプロです。 企業がどんな人材を求めているのか、求職者が満足する転職とはどういったものなのかを知っています。 今までの転職成功実績があるため、採用する側も転職する側も満足するサポートを行ってくれます。

しかし、転職エージェントを利用しても、100%安心というわけではありません。 担当するエージェントとの相性もありますし、自分の希望と実際に紹介してくれる求人にズレが生じる場合もあります。 これは、転職エージェントの中にも、転職支援が中途半端な担当者がいるためです。 どんなに評判の良い転職エージェントでも、担当者によってその評価が変わります。

そのため、実際に登録して自分には合わないなと感じたら、さっさとその転職エージェントは退会しましょう。 Webデザイナーの転職エージェントは複数あるので、他のエージェントを利用すれば問題解決です。 不満を抱きながら、そのエージェントを利用し続ける必要はありません。

転職エージェントの転職支援はかなり有難いので、普段忙しくて中々転職活動ができない場合は、 エージェントの利用も考えてください。

Webデザイナーの転職まとめ

もしWebデザイナーとしてある程度の実績(作品)があるなら、どんどん転職活動しても問題ありません。 この業界は数年働いたら次の職場を探すのは当たり前です。

今の給料や待遇に不満があるなら、もっと高待遇の求人を探すことも可能でしょう。 Webデザイナーの給料は低くなっていることが多いため、正当な評価をしてくれる会社を探すのは当然です。

将来性があってスキルアップができ、 この先も満足のいく仕事をしたいなら、Webデザイナーの転職エージェントを利用するのもひとつの方法です。

またキャリアアップとしてWebデザイナーからディレクターなどの管理職への転職を考えている場合も、 転職エージェントに相談すればアドバイスを受けることができます。

転職エージェントはその業界に特化した担当者が支援してくれるため、ディレクターへのステップアップもサポートしてくれます。

転職活動が不安で転職できるかどうかを悩んでいるなら、 本当に今の実力でも待遇の良い転職ができるかどうかを判断してくれるエージェントに相談するのが一番です。

今の自分に何が欠けているのか、どうしたら転職の成功率を上げることができるのかをアドバイスしてくれるのが転職エージェントです。 また面接の対応から書類等の添削、応募先企業への条件交渉もあなたに代わって行ってくれるのでとても便利です。

しかもすべて無料で利用できるので、もしWebデザイナーとして本気で転職を考えているなら、 上記で紹介したサイトに登録することをおすすめします。