転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

Webデザイナーの仕事は辛い!デザイナーの仕事の実態は?

Webデザイナーについての仕事や実態を説明

Webデザイナーというだけで、華やかなイメージがありますが実際はそうでもありません。

Web業界はいまだに人気の職種のひとつですが、これからwebデザイナーになりたい人に向けて、 webデザイナーの仕事は辛いのか?また仕事の実態についてお伝えします。

これからWebデザイナーを目指したいなら、今の制作会社の環境を知っておいた方が良いでしょう。

Webデザイナーの仕事は辛い

Webデザイナー葉基本的に過酷

Webデザイナーの仕事は基本的に辛いです。 では実際にどんなところが辛いのか、デザイナーの実態にいついて説明します。

Web業界は常に新しい技術を学ぶ

Webページを作成するときに、必要な言語やプログラムを使用します。 しかしその言語やプログラムは日々進化しているため、常に新しいことを学び続けなければいけません。

そのためWeb業界で働くなら、新しいことを勉強してレベルを上げ続けないと、 回りから取り残されるため、一度最新の技術を習得してもそれで終わりにはなりません。

年齢が若ければ新しいことを覚えることは簡単ですが、年齢を重ねていくとどうしても覚えが悪くなります。 しかもデザインに自信があるデザイナーでも、歳をとるとセンスが衰えていきます。

そのため一定の年齢になると第一線からは退いて、管理職のような立場になります。

実力主義なところがある

Webデザイナーはデザイン力が求められるため、センスが一番重要です。 クライアントが納得するデザインを作り上げないと、その後の仕事を取ることが難しくなります。

そのため相手の評価によって、デザイナーの価値が決まってしまい、 常にデザインを追及していく必要があります。

常に流行のデザインは変わっていくので、その流れに遅れないように努力が必要です。

単価が安く納期が厳しい

最近のWebデザインの費用は安くなっています。 正直ちょっと頑張れば、素人でもそれなりのデザインができてしまうため、 制作会社は単価を安くせざるを得ません。

そのため安い費用で、しかも納期が短くなっているので、仕事の量も多くなります。 制作会社にもよりますが、会社に泊まり込むなんてこともあります。

そのため体を壊しやすく、長く同じ会社で勤めることが少なくなります。

webデザイナーの仕事の実態

webデザイナーの仕事内容を説明

webデザイナーの仕事の実態とはどういうものなのか、 今の制作会社の現状を説明していきます。

過酷な労働環境

上記で少し述べましたが、安い費用で仕事を請け負っているため、 たくさんの仕事を抱えないと、会社を維持するのが難しくなります。

そのため仕事量が増すばかりで、毎日納期に追われます。

単価の高い制作を請け負っている場合は問題ありませんが、 低価格を売りにしている場合は、労働環境は過酷と思っておいた方がいいです。

クライアントの要望に応える

クライアントは最初の制作段階で、作り直しを要求することがあります。 基本的に制作を依頼されるとまずはデザインを作ります。

デザインは画像ソフトを使って作成するため、実際のホームページを作るわけではありません。

まずはデザインを印刷した紙や画像だけのものをクライアントにチェックしてもらいます。 しかしクライアントは「ホームページとして見たい」と言うことがあります。

そのためデザインが決まっていない段階で、ホームページを作ってみると、 「やっぱりここは直してほしい」とか「レイアウトを変えて欲しい」などの要求があります。

画像のみで作っている場合は変更も簡単ですが、ホームページとして作っている場合は いちから作り直しになってしまうこともあります。

クライアント第一で考えるのはいいですが、クライアントの要望に応えすぎると、 制作会社としての負担が大きくなります。

そのためwebデザイナーの仕事は過酷になりやすいと言えます。

webデザイナーの収入は?

webデザイナーの収入についての説明

webデザイナーの収入は少ないと言えます。 何故なら、ホームページの制作費が年々下がってきているからです。

これは制作会社によって大きく変わりますが、中小企業や 個人事業主を中心にホームページ制作をしている場合は、デザイナーの給料も安くなりがちです。

また福利厚生などの待遇面もあまりよくありません。 最低限の保障だけでボーナスも少なく、将来に不安を抱くデザイナーもたくさんいます。

ただしデザインセンスや、実績を多く残すことで徐々に収入を上げることも可能です。 自分の実力次第で収入も大きく変わっていきます。

他にも大手の制作を請け負っているような、大きな制作会社は給料もそれなりにもらえるはずです。 どこで働くかで収入格差が激しいのが特徴です。

webデザイナーは転職が多い

webデザイナーは転職をよくする

webデザイナーは基本的に転職が多くて、 2~3年で転職を繰り返すデザイナーがたくさんいいます。

理由は飽きてしまうことです。 ある程度働けば、2~3年でその会社の知識を吸収できるし、 仕事の内容も新鮮味がなくなるため、新しいことを学びたいデザイナーもいます。

また収入の問題もあります。 働いてみたけど給料が全然上がらずに過酷な労働環境に嫌気がさして、転職を考えるデザイナーもいるようです。

未経験ならアルバイトから

未経験でWebデザイナーになりたいなら、正社員はハードルが高いかもしれません。 まずはアルバイトで経験を積んで、その後転職をするのも一つの方法です。

最初から正社員を目指すのも悪くありませんが、必ず作品をいくつか作っておかないと転職するのは難しいでしょう。