転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

Webデザイナーの給料や年収は?平均年収はどれくらい?

Webデザイナーの給料どれくらい?

Webデザイナーとして働くなら、給料や年収は気になるところ。 Webデザイナーの会社のほとんどが中小企業のため、あまり年収は高くありません。

では実際にWebデザイナーの平均年収や、収入を上げるにはどうしたら良いのかを説明します。

Webデザイナーの年収

Webデザイナーの年収を調べる

Webデザイナーの年収は平均で350万円程度です。 Webデザイナーとしての基本ができていれば、大体この年収だと思います。

正直Webデザイナーの仕事は、だんだん無くなっているのが現状です。 まず、外注に依頼すれば安い値段で制作できるため、正社員のWebデザイナーは必要がなくなってきています。

また、フリーランスが増えているので制作単価が下がっています。 そのためクライアント側は、普通の制作会社に依頼するよりもフリーランスに発注することが増えています。

仮に制作会社に依頼する場合は、制作費の安いところへ依頼するので、 制作会社も安い費用で請け負うため、Webデザイナーの給料を上げることができません。

webデザイナーで年収1000万円以上稼げる?

Webデザイナーで年収1000万円以上稼いでいる人はほとんどいません。 もちろんゼロではないので、1000万円を稼げるWebデザイナーもいますが、かなり稀です。

誰が見ても納得のいくデザインが作れるなら可能性はあります。

ただし、Webデザイナーとしてではなく、ディレクターなどになれば年収1000万円になる人もいます。 デザイナーの仕事をしませんが、複数の案件を抱えて、クライアントと交渉する立場になれば、収入が上がります。

それにほとんどのWebデザイナーは定年までデザインをすることはないので、 ディレクターにステップアップすることがほとんどです。 仮にディレクターになれたとしても、年収で1,000万円はなかなか難しいと思います。

スキルを上げていけば年収も上がる

Webデザイナーとして年収を上げるのは限界があります。 もし年収を上げることができるとすれば、先ほども説明したディレクターになるか、 またはSEOやマーケティングのスキルを持つ必要があります。

今はWeb制作だけでは会社を維持するのが難しくなっているので、 マーケティングもいっしょに行うところが増えています。

そのためクライアントの利益になるようなサービスができれば、年収も上げることができるはずです。

またフリーランスとして働くのもひとつの方法ですが、 独立には準備が必要ですし、なにより正社員として安定した収入を捨てて、不安定な状況に飛ぶ混むため、勇気が必要です。

やはり会社に勤めて正社員で収入を上げたいなら、SEOやマーケティングのスキルも身につけておきましょう。 そうしれば将来も安定すると思います。

Webデザイナーの平均年収

Webデザイナーの平均年収はどれくらい

Webデザイナーの収入って気になりませんか? そこで、実際にどの程度の年収なのかを調べてみました。 データはいろいろなところを参考にしたり、自分なりに調査しました。

webデザイナーの男女別平均年収

性別 平均年収 平均月額給与
男性
405万円
26万円
女性
295万円
19万円

やはり男性よりも女性の方が平均給与は少なくなっています。 これはWebデザイナーだけではなく、他の業種にも言えることだと思います。

年代別のwebデザイナーの平均年収

性別 平均年収
20代
315万円
30代
362万円
40代
391万円

webデザイナーの平均年収は、年齢を重ねるごとにアップしていきます。

webデザイナーの企業別年収と給与

規模 平均年収 平均給与
大企業
412万円
26万円
中小企業
341万円
22万円
フリー
325万円
27万円

企業の規模によって年収に差が生じます。 特にフリーランスになると、平均値を取るのが難しいですが、 稼いでいる人は1,000万円を超えているようです。

また地域によっても年収に違いがあります。

海外のWebザイナーの年収

日本との差がひどい

Web業界の年収は国によっても違いはあります。 例えばアメリカやオーストラリアなら、Webデザイナーの平均年収は700万円台だったり、 他のアジア地域でも400万円を越えています。 そのため物価のことを考えると、日本のWebデザイナーの年収は低いと言えます。

日本でWebデザイナーとして働くのは、収入の面では不満が出やすいでしょう。

Webデザイナーの労働環境を考える

Webデザイナーの労働環境はどうなってるの?

Webデザイナーは自分の作ったデザインを不特定多数の人に見てもらうや利害のある仕事です。

ただし上記でも説明している通り、年々Webデザイナーの環境は厳しくなってきています。 収入が上がらず、残業も多く、最悪の場合は残業代が出ないこともあります。

その状況に耐えられないなら、複数のスキルを持ち、自分の価値を高めて転職することをおすすめします。

年収に不満があるなあら転職も考える

転職も視野に入れたほうが良い

もしWebデザイナーとして働いていて、収入に不満があるなら転職するのもひとつの方法です。

今までの実績を考慮して、もっと年収の高い転職先を探すことができるかもしれません。 上で伝えた平均年収はあくまで平均のため、もっと高い収入を得られる会社も存在します。

もし転職に不安があるなら、Webデザイナーを専門とする転職サイトを利用するのも1つの方法です。

また、スキルの幅を増やして今後の自分の状況を良くするために勉強を欠かさずにすれば、 高待遇で転職ができるかもしれません。

転職サイトの中には今の自分のスキルを元に、転職できそうな会社を探してくれたり、 自分の適正年収を教えてくれたりするサイトもあるので、そういったサイトを利用してみてはどうでしょうか?