転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

webデザイナーで残業なしの求人はある?厳しいけどゼロではない

webデザイナーで残業なしの求人はある?厳しいけどゼロではない

Webデザイナーとして働いていると仕事量が多く、毎日のように残業をする会社もあります。 しかし、中にはwebデザイナーでも残業なしで、定時で帰れる会社もあります。 そこで、実際にwebデザイナーで残業なしの求人はあるのか調べてみました。

webデザイナーで残業なしの求人はある?

webデザイナーで残業なしの求人はあるのか調べてみました。

限りなくゼロに近い

webデザイナーで残業がまったくない求人は、限りなくゼロに近いと言えます。 ほとんどの会社は残業が当たり前なので、定時で帰るのはほぼ不可能です。 しかし、まったくゼロというわけではなく、求人30件中1件は定時で帰れる求人があります。 webデザイナーの仕事で残業がまったくないのは奇跡といえます。 普通は残業なしで働くのは難しいでしょう。 そのため、webデザイナーで残業なしの求人はかなり貴重です。 もし残業なしの求人を発見したら即応募したいですね。

webデザイナーは過酷

webデザイナーの仕事は過酷で、仕事量が多いのが特徴です。 そのため、残業をするのが当たり前になっています。 ただし、会社によって残業時間にかなりの違いがあります。 毎日1時間以内の残業時間もあれば、毎日2時間も残業しないといけない会社もあります。 その会社がどんな仕事をメインで行っているかで、残業時間に違いが出てきます。 そのため、求人を見てどんな仕事内容なのかを調べるようにしましょう。

アルバイトならあるかも

正社員のWebデザイナーだと、残業なしの求人を探すのが難しいですが、 アルバイトであれば残業時間がない求人はたくあります。 しかし、正社員だとかなり難しいかも知れません。 もし、正社員のWebデザイナーで残業なしの求人を探したいなら、 転職サイトに登録して、転職をサポートしてもらう方法もあります。 転職サイトは非公開の求人も多く抱えているので、登録すれば残業がない求人を紹介してくれる可能性があります。

実力が無いと転職は難しい

実際にwebデザイナーで残業なしの求人に応募して、採用される可能性はあるのでしょうか? どんな人材が採用されやすいのか、その特徴を調べてみました。

仕事が早い

仕事が早いと効率よく仕事ができている証拠です。 そのため、無駄なことをせずに必要な仕事だけをするため、残業の必要がなくなります。 無駄なことを極力省くことで、仕事の効率をアップさせるため、会社側も仕事が早い人材を好みます。 しかし、実際に求人に応募しても、仕事が早いかどうかなんて相手にはわかりません。 それを証明するのは大変です。 そのため、採用側にしっかりとアピールできないと意味がありません。

結果を残せる

今まで携わってきた仕事で結果を残していると、転職もうまくいきます。 未経験だと分かりませんが、Webデザイナーとしてそれなりの実績があり、 結果を残しているなら転職もできるはずです。 しかも、残業なしの会社で働く事だってできます。 転職活動でしっかりとアピールできれば、採用される可能性はあります。 残業なしの求人は人気なので、採用率がかなりシビアになります。 他と違ったアピールポイントを持っていないと採用されません。 そのため、もしwebデザイナーで残業なしの求人に応募するなら、しっかりと自前の準備をしましょう。

転職してみる

webデザイナーで残業なしの求人へ応募して採用されたいなら、転職活動はとても重要です。 しかも、残業なしの求人は人気なので、中途半端な準備では採用される可能性は低くなります。

転職活動は準備だけでも大変で、採用されるまで何ヶ月も転職活動をしないといけません。 転職活動だけでもかなりのストレスになります。 そこで、もし転職活動の負担を減らしたいなら、転職サイトに登録するのもおすすめです。 転職サイトは転職のサポートをしてくれるし、もしかしたら残業なしの求人も保有しているかもしれません。

そのため、転職活動の負担を減らしたくてサポートを受けたい場合や、 残業の無い求人を探したい場合などは、転職サイトはおすすめです。