転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

Webデザイナーの収入が少ない!収入を上げたいなら転職しかない

Webデザイナーの収入が少ない!収入を上げたいなら転職しかない

Webデザイナーとして働いていると、収入が少ないと言う人がいます。 実際にWebデザイナーは収入が少ないことが多いですが、何故少ないのかその原因を説明します。 また、収入を上げるにはどうしたらいいのかも合わせて説明します。

Webデザイナーの収入が少ない

Webデザイナーは収入が少ないと感じている人がたくさんいます。 Webデザイナーの年収は約320万円程度ですが、勤めている会社によってかなり違いがあります。 しかし、他のIT関連の業界と比べるとやはり少ないので、 ほとんどのWebデザイナーは数年働くと転職をするのが一般的です。

また、スキルによって収入が大きく変わります。 例えば、デザインだけでなく、CSSなどのコーティングができたり、 PHPなどのプログラミングもできると収入を上げることができます。

他にもマーケティングやSEOなど、WEBに関する知識を幅広く持つことで、かなり収入が変わっていきます。 そのため、もしWebデザイナーとして働いていて収入を上げたなら、幅広い知識を身につけて結果を残すようにしましょう。

もし、今勤めている会社で収入が上がら無いと感じるなら、転職をするしかありません。 転職する前に、プログラムやSEOなどのマーケティングで実績を残せば、 転職もしやすいし何より収入を上げやすくなります。 会社で実績を残しづらいなら、自分で個人的にホームページを運営してアクセスを伸ばしたり、 副業で収入を得られるようになれば、それが実績と認められて転職しやすくなるでしょう。

何故収入が少なくなるのか

一言で言えば、ホームページの制作単価が下がっているからです。 他にも、昔と比べてクライアントが要求する仕事内容がシビアになっています。 さらに、制作費自体が下がっているため、Webデザイナーの収入が上がりづらくなっています。

そのため、Webデザインしかできないと、収入を上げるのはかなり難しいでしょう。 デザインだけで収入を上げるには、かなりのデザインセンスが無いと無理です。 一般的なWebデザイナーでは、どうしても収入は低くなってしまいます。

私の場合は時給換算で900円

私が会社でWebデザイナーとして働いていた時は、時給で換算すると大体900円程度で、年収は300万円ありませんでした。 仕事内容はどんどん増えているのに、単価が下がっているため、自分の収入を上げることは不可能だと感じていました。 会社の利益が上がらないので、新しいことに挑戦しないと、この先会社が倒産するかもしないんですが、 目先の仕事が忙しすぎて、新しいことに挑戦する余裕がありません。

ただ、収入が低くても唯一良かったのが、残業がほとんど無かったことです。 まぁ残業代を払いたくなかったからだと思いますが、基本的に定時で帰ることができました。

しかし、このままこの会社で働き続けても収入が上がらないし、倒産の危険もあったため退職しました。 たぶん、Webデザイナーとして働いている人は、この先の人生に不安を抱いているのではないでしょうか? 将来性のある制作会社で働いていれば倒産の心配をしなくて済みますが、 最近の制作会社は一部を除いてかなり大変なんじゃないでしょうかね。

収入を上げたいなら転職しかない

今働いている会社で収入を上げるのは、Webデザイナーの場合、かなり難しいと思います。 そのため、もっと待遇の良い転職先を探して転職した方が楽かもしれません。 それかWeb系で副業をするしかないでしょう。

副業で結果を残せば、転職にも有利になるかもしれないし、何より手っ取り早く収入を増やせます。 もし、副業すら面倒ならもう転職しか収入を上げる方法がありません。

Webデザイナーとして転職する場合、今までの実績がかなり影響します。 転職活動で絶対に必要なのがポートフォリオですが、 ポートフォリオって結構面倒なんですよね。 私も適当に作成していました。 また、面接なども辛くて、転職活動が本当に嫌でした。

もし、Webデザイナーで転職をするなら、自前の準備をしっかりとしてから始めましょう。 中途半端な準備では中々転職先が決まりませんよ。