転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

Webデザイナーの就職は厳しい?簡単に就職するには!

Webデザイナーの就職は厳しい?簡単に就職するには!

Webデザイナーは人気の職種なので、就職を考える人も多いですが、 実際に就職できるのかどうか不安に感じている人もいます。 そこで、Webデザイナーとして就職は厳しいのか、今の就職の現状を説明します。 また、就職する上でどんな人材が好まれるのか、就職自体を楽にする方法も合わせて説明します。

Webデザイナーの就職は厳しい?その理由は?

Webデザイナーの就職は厳しいのか、その理由を説明します。 この理由を知っているかどうかで、就職できる確立を上げることができます。 会社側が求めている人材はどういったものなのかを把握して、就職活動に活かしてください。

専門の知識が必要

Webデザイナーとして働くなら専門的な知識が必要です。 例えば、デザインを作るためのソフトを使いこなしたり、 レイアウトを作成するためのHTMLやCSSの言語を習得したりする必要があります。 Webデザイナーといってもデザインを作るだけでなく、ホームページをひとりで作れる知識が必要です。 そのため、様々な知識を身につけないと就職は難しくなります。

若い年齢が好まれる

どの業界でも年齢の壁が存在します。 Webデザイナーはデザインセンスが求められますが、ある程度の年齢になるとセンスが衰えてしまいます。 また、新しいことを吸収するには年齢が若い方が好まれるため、 Webデザイナーで就職するなら、年齢もある程度若い方が有利になります。 しかし、30代や40代でもしっかりと知識を身につけておけば就職できる可能性はあります。

コミュニケーションが求められる

Webデザイナーはひとりで作業するイメージがありますが、ひとつのホームページを複数で担当することがあります。 そのため、コミュニケーション能力が無いと、作業工程でミスが起きる可能性があります。 また、場合によってはクライアントと打ち合わせをすることもあるため、コミュニケーションが求められます。 意思疎通ができないと仕事の効率が悪くなることがあるので、コミュニケーション力のある人が就職に有利になります。

未経験でもWebデザイナーになれる

未経験の場合はWebデザイナーになれるのか、 仕事の経験が無くても、Webデザイナーとして働ける人はどういう人なのかを説明します。

ホームページをひとりで作れる

ホームページの制作会社で働いた経験が無くても、ホームページをひとりで作れるなら就職できる可能性はあります。 そのため、もし実際に応募するなら、その前に自分でホームページをゼロから作成して、 提示できる作品を複数持っていないといけません。 何も作品が無いと採用側も悩んでしまいます。 作品が無いと採用率が極端に下がるので、今まで作成したものを提示した方がいいでしょう。

デザイン以外の知識がある

最近のWebデザイナーはデザインだけでなく、プログラミングやマーケティングの知識も求められます。 必ずというわけではありませんが、ネット業界に関係する知識を幅広く持っていると採用される可能性は上がります。 デザイン以外の知識で持っていた方が就職に有利なのが、PHPやJavascript、mysqlのデータベースなどです。 ただし、これらのプログラミングは、短期間での習得が難しいので、ゼロから習得するのは困難かもしれません。 また、マーケティングとは、ホームページを作成した後の集客手段のことです。 ホームページはアクセスが無いと意味がありません。 しかも、ホームページへ訪れるだけでなく、商品などのお問い合わせをしてもらうのがホームページを作る理由です。 そのため、そういった集客ノウハウを持っていると就職に有利になります。

個人で実績を持っている

何よりも就職に有利なのが、実績を持っていることです。 ホームページを作るだけでなく、実際に運営をして何かしらの利益を上げているなら就職するのも簡単です。 例えばホームページで副業をして、アクセスを集めるだけでなく利益も生み出しているなら、 未経験でもWebデザイナーになれます。 もちろん、ホームページデザインが一番重要ではありますが、そのほかの実績も持っていればかなりの強みになります。 ただし、ホームページを作って実績まで残すとなると、それなりの時間が必要となるため現実的ではありません。 もし、一度もホームページを作ったことがないなら、まずはホームページをデザインすることから始めましょう。 そして、複数のホームページをデザインしていけば、それ自体が実績となり、就職に有利に働くはずです。 逆にデザインや実績を提示できないと、未経験でWebデザイナーとして就職するのは厳しいと言えます。

Webデザイナーに必要ないもの

Webデザイナーになるには、必要が無いものもあります。 実際に就職する上で特に関係の無いものは何なのか説明します。

学歴

Webデザイナーは過去の学歴によって、就職に左右されることはありません。 Webデザインができるかできないかが一番重要です。 そのため、高卒だとか専門学校卒だとかにこだわる必要はありません。 そんなことを考えるなら、良いデザインを作る方法を考えた方がいいでしょう。

過去の仕事

Webデザイナーへ就職をする場合でも、過去の仕事は一切関係ありません。 もちろん、Webデザイナーとして働いていたなら別ですが、それ以外の業種で働いていたとしても、 Webデザイナーになれる可能性は十分にあります。 ただし、提示できる作品を複数持っていることが前提となります。 まったく仕事としての経験が無くて、作品も無いとなると何を採用機銃として良いのか分かりません。 熱意も大事ですが、何よりデザインを見せることが重要です。 そうしないと就職は厳しいでしょう。

Webデザイナーの給与は低い?

Webデザイナーの給与は低い特徴があり、転職を繰り返すことが多いのがこの業界の特徴です。 しかし、逆にいうと未経験でWebデザイナーになりたい人にとってはチャンスです。 人の出入りが激しい業界なので、就職もしやすくなります。 ただし、ある程度のデザインセンスがあることが前提となるので、 自分で作品を作ってから就職活動をするようにしてください。

実力やスキルがあれば就職できる

先程から述べている通り、未経験でWebデザイナーになりたいなら、自分で実績を作るのが手っ取り早いです。 ホームページをデザインするだけでなく、アクセスを集めたり副業として稼いだりすれば、 スキルがあるとみなされ就職に有利になります。

実績作りは大変で時間もかかりますが、 うまくいけば副業として収入が上がるだけでなく、就職にも有利になるので是非試してください。 作品が無いと就職するのは厳しいので、まずは作品をたくさん作ることから始めてください。

就職活動の負担を減らす方法

Webデザイナーへ就職するには就職活動が必要です。 しかし、未経験の場合は作品を作るだけでも大変なのに、就職活動の手間はかなり大変ななため現実的ではありません。 そこで、Webデザイナー専門の転職エージェントに登録することで、就職活動を楽にすることができます。/

Webデザイナー専門の転職エージェントの良い所は、自分の今のレベルで本当に就職できるかどうかが分かるところです。 また、足りない部分を教えてくれるので自分が何をすればいいのかを教えてくれます。 特に履歴書や職務経歴書の書き方などのアドバイスをもらえるので、就職活動を楽にできます。 もちろん、未経験での就職の場合、紹介してくれる求人自体が少なくなってしまいますが、 採用される可能性がある求人を紹介してくれるので採用率は上がります。

この手のWebデザイナー専門の転職エージェントは、無料で利用できるのでおすすめです。 未経験OKで利用できる転職エージェントは少ないですが、それでも利用すれば就職活動が楽になります。

Webデザイナー専門の転職エージェントに登録するには、未経験だとかなり厳しくなります。 少なくとも採用の判断基準として、ホームページなどの作品をいくつか提示できるようにしてください。 また、未経験の場合、年齢がある程度若くないと、こういった転職エージェントの利用は厳しくなります。

紹介しているエージェントは、未経験でも利用できる可能性があるエージェントですが、 それでも利用を断られえる可能性はあります。