転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

webデザイナーの求人倍率!倍率は高い傾向にある

webデザイナーの求人倍率!倍率は高い傾向にある

webデザイナーは今だに人気の職業です。 そこで、webデザイナーの求人倍率はどれくらいなのか、 今後もWebデザイナーは仕事として成立するのかを説明します。

webデザイナーの求人倍率

webデザイナーの求人倍率は、比較的高いといえます。 人気の職業というだけでなく、大きな制作会社であればそれなりの待遇で働くことができます。 しかし、ほとんどの制作会社の待遇はよくありません。

待遇の良い制作会社の求人倍率は高く、それ以外の制作会社の倍率は低いといえます。 webデザイナーの仕事は過酷で、転職を繰り返す人もいます。 ほとんどの制作会社はwebデザイナーにとって働きにくいため、 待遇が良い会社だとたくさんのデザイナーが応募します。 そのため、会社によってwebデザイナーの求人倍率に違いが生じます。

実力のあるデザイナーだけが、待遇の良い会社に転職しやすくて、 それ以外の人にとっては難しいのが現状です。

スキルが無いと難しい

正社員で働くならよほど実績や経験を持っていないと、待遇の良い会社で働くことはできません。 そのため、webデザイナーとして転職をしたいなら、スキルを磨いていくしかありません。 webデザイナーに限らず、スキルが高ければ転職でも苦労することは少なくなるので、 転職を成功させたいなら、実績を作るしかありません。 もし、会社での実績が少ないのであれば、個人でホームページを作ったり、 副業で何か結果を残した方が転職にも有利です。 Webデザイナーは転職を繰り返す人が多いので、そういった人たちよりも何か目立つ実績が無いと転職は難しいでしょう。

webデザイナーの求人倍率結論

webデザイナーの求人倍率は、結論から言うと待遇の良い会社は倍率が高く、 それ以外の普通の制作会社であれば、倍率はそれほど高くはありません。

ほとんどの会社は、webデザイナーにとってあまり良い環境とはいえません。 そのため、今よりももっと待遇の良い会社へ転職しようとします。 その結果、決まった会社に応募が集中してしまいます。 それが原因で、Webデザイナーにとって働きやすそうな会社は、倍率が高くなってしまいます。

ただし、元々Webデザイナーの労働環境は悪い場合が多いので、 ある程度の経験と実績があれば、今よりももっと良い環境の会社へ転職できる可能性はあります。

転職サイトに相談する

もし、Webデザイナーとして転職を考えるなら、転職エージェントに相談するのもひとつの方法です。 転職エージェントは、あなたの今の実力を元に最適な求人を紹介してくれます。 また、ポートフォリオの作成から面接対策まで、採用されるまでサポートをしてくれます。 しかも無料で利用できる上に、Webデザイナー専門の転職エージェントもあるので、 もし転職活動が不安なら、試してみる価値はあります。