転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

Webデザイナーは育児と両立できる?育児に理解ある会社を選ぶ

Webデザイナーは育児と両立できる?育児に理解ある会社を選ぶ

Webデザイナーは女性も多く働いている職種ですが、結婚や出産後も仕事を続けることができるかどうか 悩んでいる女性もいると思います。 そこで、Webデザイナーは育児と両立できるのか、今のWeb業界の現状を説明します。 また、育児に積極的でない会社の場合は、転職も視野に入れる必要があります。 転職する場合はどういったことに気をつけて、求人を探せば良いのかも合わせて説明します。

Webデザイナーは育児と両立できる?

Webデザイナーが育児と両立できるかどうかは、勤めている会社によって違います。 Webデザイナーに限らず、昔と比べて最近は育児にも協力的な会社は増えていますが、 それでも働く女性にとっては、働きづらい環境といえます。

私が以前勤めていた会社の社長も育児など、子供を抱えている女性に対して子育てと両立して働いてもいいよと、 やさしい言葉をかけていましたが、いざ子供が風邪などの病気で出勤できなくなると、ネチネチと文句を言っていました。 そして、その後退職させられました。

最初は育児に協力的な姿勢を見せていても、仕事に支障が出ると社長の態度が一変するので、 自分が働いている会社が本当に育児に対して理解があるのかどうかは、その時になってみないと分かりません。 ただし、すでに育児と両立して働いている人がいる場合は、育児と両立できる環境が整っている可能性はあります。

問題なのは勤めている会社に、育児と両立して働いている人がいない場合です。 そういった会社は、実際に育児をしながら働けるのかが分かりません。 最初は社長や上司も理解のある姿勢を示しますが、 本当に困った時にサポート体制がしっかりとしてるのか微妙なところです。

私はこの目で見てきたのでわかりますが、社長や上司の言葉と実際の態度に違いがでます。 そして、育児が原因で最悪の場合は退職させられます。 会社側も時代の流れで何となく、育児に協力している印象を与えてきますが、本音と建前は違います。

そのため、今Webデザイナーとして会社で働いているなら、出産後も長く働ける環境なのかしっかりと考えてください。 いくら社長や上司がその場で「育児と両立して働いてもいいよ」と言っても、全面的に信用しない方がいいでしょう。 言葉半分だけ信用しておいて、実際に子育てで態度が一変するようなら、さっさと転職の準備をするようにしてください。

育児しながら働くには

育児しながら働くには、どういった方法があるのかまとめました。 自分に合った働き方を選んで、子育てと仕事を両立するのがベストです。

理解のある会社を選ぶ

子育てに理解のある会社を選ぶのが一番です。 今勤めている会社で育児に積極的でない場合は、働きづらいし精神的に追い詰めてくる場合もあります。 そのため、育児に理解のある会社を選ぶ必要があります。 具体的に育児に理解のある会社とは、 例えば「女性が多い」「休暇が取りやすい」「仕事のサポート体制がしっかりしている」です。 しかし、求人などで「育児休暇がある」と記載されていても、実際は取得率が低かったり、 「残業なし」と書いてあっても実際は残業が多かったりします。

求人内容は興味のあることを書きますが、実際に働いてみると環境がまったく違う場合もあります。 そういった会社に間違って転職しないためにも、応募したい会社の口コミなどを必ずチェックしましょう。 そうすれば、地雷求人を避けられます。

在宅を考える

会社で在宅でも仕事ができるなら、そういった会社に転職するのもひとつの方法です。 在宅なら移動時間も必要ないし、子供を預ける必要もないため、お金と時間の両方を節約できます。 そのため、会社に在宅システムがあれば、仕事を続けることができるので、育児をしながら働く上で一番楽だと思います。

もし、今働いている会社で在宅のシステムがないなら、育児をしながら在宅で働ける会社へ転職するのもいいでしょう。 もちろん転職活動の面倒はありますが、そういった会社へ転職できれば、育児と仕事の両立がしやすいです。

独立を考える

思い切って独立をする方法もあります。 独立はリスクもありますが、Webデザイナーは独立しやすい職種のひとつなので、 パソコンとソフトさえあれば独立は簡単です。 ただし、仕事を取ってきたり打ち合わせをしたりと、デザイン以外の仕事が増えますが、 一番時間を自由に使うことができます。

育児に理解のある会社を選ぶ

今働いている会社が育児に積極的でない場合は、転職を考えるか独立をするかの2つの選択肢があります。 独立は軌道に乗るのに時間がかかりますが、一度稼げるようになれば、この先も安定して仕事を請けることができます。 また、独立とまではいかなくても、育児に理解のある会社へ転職できれば、子育てと仕事の両立がしやすくなります。 自分がこの先どうしたいのかをしっかりと考えて、独立するか転職するかを考えましょう。

マタハラやセクハラを我慢しない

会社の中には育児に対して不満をもらす人もいます。 上司や同僚、同姓からマタハラなど、セクハラを受ける場合もあります。 もし、そういったマタハラなどがあるなら、そんな会社にしがみつく必要はありません。 子供がいると今後のお金のこともあり、無理して働く人もいますが、そんな環境ではいずれ体を壊します。 そのため、我慢して働き続けないで、さっさとそんな会社は辞めて転職をした方がいいです。

マタハラやセクハラは受けている側のストレスは、かなりのものです。 そんな会社はさっさと見切りを付けてください。 もしかしたら育児に理解があって、働きやすい職場を探せるかもしれません。

育児のしやすい会社に転職する

今の会社で育児に対してあまり良い印象を持っていなくても、転職するのは大変です。 そのため、我慢をして働き続けている人もいると思います。 しかし、転職エージェントなどを利用すれば、転職を楽に進めることができます。 エージェントは育児に理解のある会社を紹介してもらうことができるので、 自分で求人を探す必要がありません。

転職エージェントは、希望する条件をヒアリングして転職をサポートしてくれます。 育児に理解ある会社も調べてくれるので、Webデザイナーとして新たに働くことができます。 転職エージェントは、様々な会社の情報を保有しています。 そのため、育児に対して手厚いサポートをしている会社を知っています。

そういった会社を紹介してくれるので、転職先を探す手間がかかりません。 しかも履歴書などの書類作成から面接対策など、様々なサポート受けられて完全無料で利用できます。 そのため、今の会社に不満があったり、育児のせいで退職してしまったりした場合でも、 働きたいと思っているなら、転職エージェントの利用をおすすめします。