転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

Webデザイナーは経験年数よりも実績が評価される?

Webデザイナーは経験年数よりも実績が評価される?

Webデザイナーが転職などをする時に、何を元にして評価されるのでしょうか? Webデザイナーは他の業種と比べて、経験年数よりも実績が評価されやすいと言われていますが、 実際のところはどうなのか調べてみました。

Webデザイナーは経験年数よりも実績が評価される

Webデザイナーは経験年数よりも実績が評価されるのか、結論から言うと実績の方が評価されます。 では、具体的に何が評価の対象になるのかをまとめてみました。

実績が評価

Webデザイナーといえば、ホームページをデザインする仕事です。 そのため、今まで何を作ってきたのかが重要になります。 実績が多ければ多いほど評価も高く、転職もしやすくなり、実力があればどんどん評価されていきます。 Webデザインは自分一人で作成することが多いため、そのデザインの評価が高ければ、 デザインを作成した本人も当然評価が上がります。 デザインの作成は共同作業ではないので、良くも悪くも自分のセンスがモロに出ます。 そのため、良いデザインを作ればすぐに評価されて、実績として蓄積していきます。

年齢は関係ない

今でも会社によっては年功序列で、地位が決まってしまう場合があります。 しかし、Web業界は実力主義的なところがあるため、実績などを残している人が上に上がっていきます。 もちろんある程度は年齢で評価が変わる場合がありますが、 Web業界はどちらかというと、年齢よりも実力で評価されやすい業界です。 そのため、実績を作ってのし上がっていきたいなら、Web業界はおすすめです。

学歴も関係ない

Webデザイナーは学歴も関係ありません。 中卒だろうが大卒だろうが、Webデザインによって評価が変わります。 中卒だったとしても、誰が見ても納得できるデザインセンスがあるなら、すぐに評価されていきます。 ただ、学歴はそれなりにあった方が仕事をする上でも理解力が高く、論理的思考で物事を考えてくれます。 そのため、他の業界の企業でも大卒の方が優先して採用されるし、評価も上がりやすくなります。 もちろんWeb業界でも大卒の方が評価が上がりやすいかもしれませんが、 最終的にはその人のデザインセンスが重要です。 そのため、学歴が無くて悩んでいる場合は、デザインセンスを磨いていけば、しっかりと評価してくれます。

未経験なら実力をつける

もし未経験でWebデザイナーになりたいなら、勉強をしないといけません。 まったく知識が無い人を雇うことはないので、何よりも知識を増やして作品を作るようにしてください。

独学で勉強する

今はネット上に様々な情報が公開されています。 特にWeb系の情報はネット上にたくさんあるので、自分で勉強しようと思えばできます。 参考書くらいは買った方がいいかもしれませんが、それ程お金をかけなくても問題ありませんが、 Webデザイナーになりたいなら、画像加工ソフトは使えないといけません。 そのため、最低限必要なソフトの費用は、考えておいた方が良いのかもしれないですね。 デザインを勉強したいなら、ソフトの使い方はもちろんですが、ネット上にあるサイトをチェックして、 良さそうなデザインがあったら真似をしてみることです。

バナーでも何でも自分で同じように作成できれば、実力ついていきます。 どんな人間でも最初からセンスの高いデザインは作れません。 そのため、良いデザインを真似ることで、自分のセンスも磨かれていきます。 私も新しいデザインを考える時に、自分の頭だけで考えるよりも何か参考のデザインを探して、 それを元にして自分なりのデザインを作成していきます。 たぶん、プロで活躍しているデザイナーのほとんどは、何かを参考にして自分のデザインを作っていると思います。

Web系スクールに通う

Webデザインを勉強したくても何から始めたらいいのか分からない場合は、Web系のスクールに通う方法もあります。 こういったスクールは最低限必要な知識から応用まで、Web業界のすべてを学ぶことができます。 そのため、何をしたらいいのか分からないなら、こういったスクールに通っても良いでしょう。 ただし、Web系スクールに通なら費用は掛かります。

基本的にいくつかのコースがあり、そのコースによって費用がまったく違いますが、 幅広くWeb全体の勉強をしたいなら、その費用は80万円以上は必要になります。 ただし、特定のソフトを勉強したり、初心者向けに基本を学んだりするコースであれば10万円を切ることもあります。 自分が何を学びたいのかによって、コースを選択するようにしましょう。

自分で作品を作る

Webデザイナーは経験年数よりも実績が評価されやすいですが、 そもそもWebデザイナーにとっての実績とは何なのか、それはデザインです。 Webデザインをたくさん持っていれば、それが実績になります。 そのため、たくさんのホームページをデザインしてください。 また、バナーも作品として有効なので、とにかく画像加工ソフトを使って、提示できる作品を作ることです。 これが、Webデザイナーにとっての職務経歴書のような物になります。

もちろん職務経歴書は別に作成しないといけないんですが、 職務経歴書の内容よりも、目に見えるデザインを出した方が印象に残ります。 そのため、Webデザイナーで仕事をしたいなら、作品を大量に作ってください。

web系転職エージェントを利用する

もしWebデザイナーとして転職を考えているなら、web系転職エージェントを利用をおすすめします。 転職エージェントとは、Web業界にいる人なら知っている人もいるかもしれませんが、 一言で言うと転職を支援してくれるサイトのことです。 しかもWeb業界専門のため、Webデザイナーとして働きたいと思っているなら利用価値のあるサイトです。 求人検索から書類の添削、面接対策と転職活動に関係することを、すべて無料でサポートしてくれます。 そのため、転職活動に不慣れな人でも、アドバイスを受けながら簡単に転職活動ができます。 もし転職エージェントに興味があるなら、 【Webデザイナーが転職するためにおすすめする転職エージェント】を ご覧ください。