転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

【仕事・転職 体験談】Webデザイナーとして体験した理不尽なクライアント

理不尽なクライアント

Webデザイナーとして働くなら、クライアントとの交渉が必要な場合があります。 しかしクライアントには様々な方がいて、中にはやりずらい方も存在します。

そこで、まだWebデザイナーの経験がない方のために、僕がクライアントに言われた理不尽な体験を紹介します。

今後Webデザイナーを目指しているなら、「こういったクライアントもいるんだ」と、知っておいた方が良いと思います。

理不尽なクライアント

体験した理不尽なクライアント

僕が体験した中で一番面倒だったのが、担当していたクライアントが、 「ホームページにキャラクターを載せたいんだけど?」ということでした。

僕は新しいキャラクターを作って欲しいのかと思って、どんな感じのキャラクターが良いのか尋ねました。

僕「どんな感じのキャラクターですか?」
クライアント「ドラ○もんを載せたいんだけど」

僕「ドラ○もん風のキャラクターですか?」
クライアント「いやドラ○もんを載せたいんだけど」

僕「ドラ○もんは無理ですよ」
クライアント「何で?」

僕「著作権の問題があるんで」
クライアント「いやドラ○もんを載せたいんだけど」

僕「だから無理ですよ」
クライアント「何で?」

こんな感じで同じ事を繰り返していました。 そして最終的に、「言われた通りにドラ○もん載せればいんだよ何でできねぇんだよ」と怒られました。

著作権とか分からなくてもいいんです。 説明して理解してもらえれば。

でも説明しても理解できなくて怒られるのは嫌です。

もしホームページにドラ○もんを載せたら僕も共犯になってしまいます。 結局そのクライアントとは仕事をしなくなりました。

縁が切れて良かった!!

もちろんすべてのクライアントが理不尽というわけではありませんが、 話が通じない人は必ずいると覚えておきましょう。

中小企業の社長がやばい?

がやばいクライアントの特徴?

個人事業主などのお店を経営している方は、意外とりやすいと思います。 問題は社長の年齢が50代や60代で、従業員数が10人未満の中小企業です。

僕は経験したことがありませんが、中には制作費を踏み倒そうとする社長もいるようなので、 そんなところとは仕事はしたくありませんね。

昔、僕に不動産会社から仕事の依頼がきたので、その会社のホームページをチェックすると、 SNSを朝の3時とか4時にキャラクターやキャンペーンなどを更新していて、 僕にそれを依頼しようとしていたみたいなのでお断りしました。

請け負っていたら体を壊しそう!!

まぁSNSは時間設定で予約投稿できるから、その時間にわざわざやっているかどうかは分かりませんが、 3時とか4時に更新する理由は何だろう?と思いました。

どうせ仕事をするなら、やりやすいクライアントと仕事をしたいですが、 一緒に仕事をしないと、理不尽なことを言うクライアントなのかが分からないので、 悩ましいところです。

みなさんも変なクライアントには気をつけてください。