転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

30代・40代の年齢でもWebデザイナーになれる?

30代や40代の年齢でもWebデザイナーを目指すには

Webデザイナーを目指す場合、未経験でも転職できる年齢はどれくらいなのか! 30代、40代でもWebデザイナーになるにはどうしたらいのか悩んでいる方!

Webデザイナーは人手不足もあって、ある程度の年齢でも転職できる可能性はありますが、 年齢制限がまったく無いわけではありません。

そこである程度の年齢でも、Webデザイナーになるためにはどうしたらいいのかを説明していきます。

webデザイナーを目指すのに年齢制限はある?

fwebデザイナーに年齢制限はあるのかどうか

Webデザイナーを目指すのに、未経験だと不安になる方もいると思います。 実際にどの程度の年齢までWebデザイナーになれるのか、 また年齢によって転職の難度はどれくらいなのかを説明します。

Webデザイナーは職種としてはまだ新しい部類になるため、 異業種からの転職も珍しくありません。

そのため、他の業種と比べると、ハードルは低くなるかもしれませんが、 30代や40代の未経験者の場合は、それなりの努力は必要です。

年齢制限よりもスキルが重要

Webデザイナーになるには、年齢よりもスキルが重要です。 例え未経験だとしても、実績があれば転職できるはず。

実務未経験でも、Webデザインを自分で作成していたり、 ある程度の知識を持っていれば、転職できる可能性はあります。

ただし、Web業界について何も分からない人は転職は難しいでしょう。

自分なりに勉強して、アピールできるポイントを増やす努力は必要です。 それができれば年齢が高くても転職できます。

いきなり正社員は無理かも

実務未経験だと、いきなり正社員は難しいかもしれません。 未経験で年齢も高くてWebデザイナーになるなら、まずはアルバイトから始める方が転職しやすくなります。 正社員を目指すのはその後にしたほうがいいでしょう。

採用する側も、未経験の人材をいきなり正社員で雇うことはありません。 あくまでも仕事として実績を残している人材でないと正社員は無理だと思います。

未経験の上、年齢も高いとなると、よほど努力して転職活動しないと大変なので、 まずは実績作りとしてアルバイトを目指すようにしてください。

Webデザイナーに未経験で転職できる年齢

年齢別にWebデザイナーに未経験でなれる?

未経験でもWebデザイナーに転職できる年齢はどれくらいなのか、難易度と合わせて紹介していきます。 年齢別に何をしたらいいのかを、明確にすることで転職活動をよりスムーズにすることができます。

20代でWebデザイナーに転職

20代でWebデザイナーに転職する場合は、難易度は低くなります。 20代は将来性が高いので、採用側も期待をこめてくれるので転職しやすくなります。

ただし、まったく知識が無いと転職できるかどうかは微妙です。 そのため基本的なWebデザインいついての知識は、身につけるようにしてください。 ある程度の程度のスキルレベルがあれば、問題ありません。 そうすれば、アルバイトはもちろん、正社員でも採用されるかもしれません。

しかし、知識やスキルが高い方がより転職できるので、Webデザインなどの作品を複数作ってアピールできる 素材を増やしていきましょう。

30代でWebデザイナーに転職

30代で未経験でWebデザイナーになるのは、非常に困難といえます。 20代と違って30代は、それなりの経験を積んでいないと、転職するのは難しくなります。

30代に求める人材は、ある程度の管理能力を必要とされるので、部下などのマネージメント能力も問われていきます。 そのため、Web全体の知識はもちろん、前職での経験を含めてアピールしないと正社員は難しいでしょう。

まずアルバイトから目指して、その後正社員になるようにキャリアプランを考えていくことが重要です。 最初から正社員だけで求人を探しても、30代の未経験ではハードルが高いと言えます。

また、Webデザインの作品を作って、アピールできる部分をできるだけ増やすようにしてください。 そうすば、アルバイトなら転職できる可能性は高くなります。

40代でWebデザイナーに転職

一言で言うと、40代でのWebデザイナーに転職は難しいです。 なぜなら、40代のWebデザイナー自体が少ないからです。

40代ともなるとデザイナーよりも管理職に転身することがほとんどのため、 実務未経験でWebデザイナーになるのはかなり困難です。

そのためWebデザイナーを目指すには、それなりの覚悟は必要です。

もし転職できる可能性があるとすれば、自分でWebデザインを作って、 採用側が納得できるものをたくさん作れば、もしかしたら採用されるかもしれません。

また、Webデザイナーとしてある程度働いたら、管理職の方に移ることを考える必要があります。 しかも給与の面でも低くなるので、その点も踏まえて転職するようにしてください。

未経験でWebデザイナーになった場合の年収は?

Webデザイナーの年収は?

未経験でWebデザイナーになった場合の年収は低いと言えます。 実務未経験だと、どうしても年収を上げることはできません。

30代や40代でも、年収が200万円台の場合もあるので覚悟が必要です。 お金ではなく、本当にWebデザイナーになりたいと思うなら、この年収を覚悟して転職する必要があります。

とにかくスキルを上げる

とにかく勉強してスキルアップするしかない

年齢に関係なく、Webデザイナーになるならスキルを上げる必要があります。 未経験だと実績の判断ができないので、Webデザインなどの作品も合わせて作成して、 アピールポイントを増やすようにしてください。

30代や40代はスキルを上げて、さらに作品をたくさん作っても転職できる可能性は低いと言えます。 しかしアルバイトなら、そのハードルも少し下がるので、 いきなり正社員を目指すのではなく、アルバイトから始めるようにしましょう。

最終的にディレクターを目指す

管理職に転身する

Webデザイナーとして働いていても、いずれはディレクターなどに転身することが多いです。 そのため、ある程度の年齢で転職しても、すぐにディレクターなどの管理職にまわされる覚悟は必要です。

定年まで続けるのは無理

Webデザイナーは仕事としては新しいので、定年までWebデザイナーとして働いている人は稀です。というかほぼゼロです。

もし高い年齢でWebデザイナーを目指すなら、先のことも考えて、転職活動してください。 また、いきなり正社員を目指すのは難しいので最初はアルバイトから始めるのがおすすめです。

管理職を目指す

30代、40代でWebデザイナーを目指しても、 すぐに管理職になることが多いので、ディレクターなどに転身することを考えてください。 一生Webデザイナーで働くことはありません。

転職サポートを受ければ転職できる可能性は上がる

転職サポートを利用する

20代はもちろん、30代や40代でもWebデザイナーに転職を考えるなら、 ひとりで転職活動するよりも、転職サイトを利用すれば、転職できる可能性を上げることができます。

転職サポートは、あなたの今までの実績や能力を判断して転職できるかどうかを教えてくれます。 また何が足りないのかをアドバイスしてくれるので便利なサービスです。

未経験の場合は、自分でWebデザインの勉強は絶対に必要ですが、 現状で本当に転職できるのかを知ることができます。

転職サイトはWebデザイナーに特化したサイトもあるので、本当に転職を考えるならおすすめです。

まとめ

今回はWebデザイナーを目指す場合の年齢について説明しましたが、 どの年齢でも、まったく知識がない場合は転職は難しいと考えてください。 特に30代、40代で未経験だと、かなりハードルは上がります。 そのため正社員を目指すより、まずはアルバイトで実績を積むようにしてください。 何よりスキルの向上を頭に入れて、常に努力することが大切です。