転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

Webコーディングで転職するなら転職エージェントを利用する

Webコーディングの仕事内容とは

そもそもコーディング(コーダー)とはWebデザイナーが作成したデザインを、実際のホームページとして 完成させるための仕事のことを言います。 そんなwebコーディングとして転職を考えて仕事を探したいと思っている方のために、 詳しくコーディングについて説明していきます。

webコーディングで転職する

webコーディングの転職について

コーディングの仕事はホームページが存在する以上必要な仕事です。 そのため、長い目でみてもすぐに無くなる職種とは言えず、 コーディングからWebデザイナーになる方も多く、 Web関係全般の最初の仕事として、コーディングを目指す方もたくさんいます。

webコーティング仕事内容とは

webコーティングの仕事は、クライアントや取引先などから依頼があると、 まずはデザイナーが画像ソフトを使ってデザインを作っていきます。

その後、クライアントからデザインのOKがでたら、始めてHTMLやCSSを駆使してホームページを作り込んでいきます。 このホームページを作りこむ作業を、コーディング(コーダー)と言います。

コーディングで重要なのは、デザイナーが作ったデザインを忠実にホームページとして作ることで、 通常はホームページを見る場合、ブラウザを使ってホームページを閲覧します。

このブラウザは大きく分けると、「Internet Explorer」「Firefox」「Safari」「chrome」など、 数種類ありますが、それぞれのブラウザでホームページを見ると若干見た目が変わってしまいます。

コーディング(コーダー)の仕事はこういった様々なブラウザで閲覧しても、レイアウトが崩れることなく、 ホームページを問題なく見ることができるように作るのが仕事です。

またスマートフォンについてもCSS3を使って、横幅に合わせてレイアウトが変化するように、レスポンシブデザインに したりするので、コーディング(コーダー)の仕事はとても重要になります。

コーダーからデザイナーになる

最初はコーディング(コーダー)として働いていても、その後Webデザイナーになることが多いです。 もちろんコーディングだけでずっと仕事をしている方もいますが、その数は少ないと思います。

働く会社にもよりますが、デザインもセットで行う会社が多いので、 コーディングだけでなくデザインの勉強も合わせてしておけば、将来も安泰でしょう。

またWebデザイナーになりたいと思っている方も、最初はコーティングの仕事をしてから、 その後デザイナーに転身する方が多いのがこの業界です。

今の会社はデザインとコーティングを一人で行うことが多くなっているので、 Web全般の知識を身につけておくのも良いと思います。

コーティングとデザインができた方がいい

上記で説明しましたが、コーティング(コーダー)だけの仕事は、働く会社によって違いはありますが、 デザインも一緒にすることが増えているので、コーティング(コーダー)とデザインの両方ができた方がいいでしょう。

大きな制作会社は「ディレクター」「デザイナー」「コーダー」「プログラマー」「ライティング」「マーケティング」と、 それぞれの仕事を分けていることもありますが、「デザイナー」や「コーダー」は、 セットで仕事をするのが当たり前になってきています。

そのためコーティングだけでなく、デザインもできるようにしておいた方がいいかも知れません。 そうすれば仕事の幅も増えて、Webに関する様々なことを仕事にすることができます。

webコーディングの求人はどれくらい?

webコーディングの求人数について

webコーディングの求人は年々減少傾向にあります。 理由は、Web制作費が減少しているためwebコーディングだけではなく、デザインができる人材が求められるからです。

ただしwebコーディングの求人がまったく無いわけではないので、 求人サイトを見ればwebコーディングの求人も、まだたくさんあります。

ただし、今後のことを考えるとデザインも勉強しておいたほうが、 仕事でも活かすことができるので、転職などもしやすくなるはずです。

webコーディングは将来性がある仕事?

webコーディングの将来性はどれくらいあるのか

昔はゼロの状態からホームページを作っていたので、webコーディングはとても重要な仕事でした。 しかし現在はテンプレート式のホームページが増えているため、 webコーディングの重要性は少しずつ減ってきています。

そのためwebコーディングは将来性はあまり良くないと言えます。 ただしすぐにコーディングの仕事はなくなるわけではないので、将来性といっても何十年も先の話だと思ってください。

もしWeb業界で働き続けたいなら、デザインやプログラミングも覚えておけば将来も安泰するでしょう。

Webコーディングの転職エージェント

もしwebコーディングの仕事をしたいなら、転職エージェントを利用するのもひとつの方法です。 何故なら転職を有利に進めることができる上に、自分の今の状況を客観的に知ることができるからです。

転職エージェントはあなたの転職をサポートしてくれるので、転職活動が不安な方のためにおすすめです。 しかもWebコーディングを始めとした、Web系の転職を専門に扱っている転職エージェントもあるので、 そういったサイトを利用すれば、希望通りの求人を探すことができます。