転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

転職で正社員として受からないならやり方を変えてみる

転職で正社員として受からないならやり方を変えてみる

転職活動をしても受からない場合、転職そのものが辛くなりますよね? 転職活動を続ければ続けるほど精神的にも負担になるし、いつ受かるか分からないと落ち込みます。 そこで、このページでは転職活動しても受からない理由や、もっと簡単に転職を成功させる方法を説明します。

転職で受からない

転職で受からない原因は様々あります。 例えば、単純に実力不足で受からなかったり、準備が中途半端だったりと人によって理由は違います。 何ヶ月も転職活動しても内定をもらえないと、不安になりますよね? ただ、一般的にどんな人でも転職活動の期間は数ヶ月は必要です。 稀に1ヶ月程度で転職先が決まる人もいますが、ほとんどの人は最低でも3ヶ月程度は必要でしょう。

しかし、いつまで経っても転職先が決まらないのであれば、やり方を変えてみる必要もあります。 まずは、自分が受からない原因をリストアップして対応していくのがいいでしょう。 また、平均で何社ぐらい応募すれば内定をもらえるのかを知っておくことも大事です。

自分に何が足りないのか、どうすれば内定をもらえるようになるのかを、 このページを通して知ってもらえればと思います。 また、自分一人で転職活動することに限界を感じているなら、もっと楽に転職する方法もあります。 もし、楽に転職する方法をすぐに知りたいのであれば、 下記の方にある「転職で受からない不安を払拭する方法」をご覧ください。

転職で受からない理由

転職で受からない理由は人それぞれです。 では具体的にどんな理由があるのかまとめてみました。

志望動機が弱い

志望動機が弱いと採用側はあなたに興味を示しません。 志望動機で重要なのは、

  • 何故その企業がいいのか
  • 入社して何をしたいのか
  • キャリアプランはどうするのか

と、志望動機で重要な部分はそれほど多くはありません。 自分のキャリアと照らし合わせてじっくりと考えていけば、それほど難しいことではないでしょう。 何よりも応募した企業に何故入社したいのか、今後の自分のキャリアの目標をどうするのか、 この2つをしっかりと考えれば、企業側も興味を示してくれます。

しかし、この2つをしっかりと考えるためには、自分のキャリアをしっかりと見つめ直す必要があるし、 応募する企業の企業理念や事業内容などをしっかりと調べておく必要があります。 それをしないと、志望動機も中途半端になってしまいます。 企業側はあなたを採用することのメリットだけでなく、 あなたの仕事に対する考え方や取り組み方にも興味があります。 それをしっかりと志望動機で伝えられるかが重要です。

会話が苦手

転職活動で一番重要なのが面接です。 この面接がうまくいかないと、いくら実績があっても採用されるのが難しくなります。 では面接で失敗する原因は何なのか、採用側が見ているところをリストにしてみました。

  • しっかりと受け答えできるか
  • 要点をまとめて伝えられるか
  • 質問に対して的確に答えられるか
  • 自分の意思をしっかりと持っているか
  • 人の目をみて話ができるか
  • やる気があるのか

面接ではあなたのことをじっくりと観察します。 リストにあるように、自分の意思をしっかりと持っていて、その意思を的確に伝えられるのか、 またコミュニケーションをちゃんと取れるのかをチェックします。 うつむいていたりモゴモゴしゃべっていたりと、はっきりしない人は面接で落とされます。 人見知りする人にとっては大変ですが、しっかりと相手の目を見てハキハキと質問に答えられないといけません。

マナーが悪い

面接ではあなたの仕草や態度も重要な採用基準です。 マナーが悪いとそれだけで落とされる可能性が高くなります。 また、見た目もとても重要な基準です。 実際に面接官は何を見ているのかまとめました。

  • しっかりと挨拶ができるか
  • 清潔感があるか
  • 時間厳守を守っているか
  • 態度や仕草
  • スーツが綺麗か
  • 髪もしっかり整っているか
  • 靴が綺麗か
  • 受け答えができるか
  • 挙動不審か
  • リアクションがオーバー
  • 前の会社の悪口ばかりを言わないか

ほとんどの人は面接で失礼が無いように、しっかりと気をつけていると思いますが、 見た目の清潔感はとても重要です。 また、面接中の話し方や仕草も見られているので、変な癖がある人は注意が必要です。

転職で受かる人とは?

転職で受かる人とはどんな人なんでしょうか? 面接で受かるポイントなどをまとめました。

見た目が大事

最初に大事なのは見た目の第一印象です。 面接をする時は身だしなみ気をつけている人も多いでしょう。 見た目がしっかりとしていて清潔感があれば、印象も良くなります。 いくら実績があっても、汚らしいと面接で落とされる可能性があるので、清潔感には気を使うようにしてください。 ほとんどの人は見た目で悪い印象を与えることは無いと思いますが、 面接前の身だしなみには注意をするようにしましょう。

コミュニケーション能力が重要

面接ではコミュニケーション能力が問われます。 受け答えをしっかりとして要点だけを伝えられないと、無駄に話が長くなってしまいます。 また、相手の質問に対しても自分の意見をつたえて、こちら側も質問をしっかりとできないといけません。 とにかく、コミュニケーションが下手だと、面接での印象は下がります。 ほとんどの仕事は、コミュニケーションが必要です。 そのため、基本的に話ができないと採用されることはないでしょう。

アピールポイント

自分のことをうまくアピールできないといけません。 それには自分自身のことをよく知らないといけないので、 今までの自分の経験や実績などを書き出して、アピールするポイントをまとめるようにしてください。 企業側も自分をうまくアピールできない人材を評価しないし、 自分のこともよく分からない人間を信用しないでしょう。 また、ネガティブな発言が多いのも印象が悪くなります。 できるだけポジティブな発言ができるようにするのも重要です。

何社目で受かる?

転職活動をしている人は何社くらい受けているのか、 また内定をもらえるのは何%くらいなのか、一般的なネットやニュースなど 様々なデータを元にまとめてみました。

1社で受かる人は稀

1社応募するだけですぐに採用される人はほぼいません。 確立で言うと数%くらいでしょう。 まぁ転職活動する人もさすがに1社だけで受かるとは思っていないでしょうから、 採用されなくても落ち込むことは少ないと思います。 よほど実績や実力があって、企業側がスカウトしたいと思えるような人材でないと難しいと思います。

何社受けるのが普通?

では、一般的な人は何社くらい受けるのが普通なのでしょうか? ネットの情報などを元にまとめてみると、平均で約20社程度のようです。 しかも、年齢がある程度若くて20代後半から30代前半の場合です。 業種にもよりますが、30代後半だと25~40社、40代以上になると50社程度は受けないといけないようです。 もちろん実力などが伴っているなら、もっと少ない応募数で採用される人もいるようですが、 平均的な応募数でいうと、20~30社は受けないといけないようです。 そのため、数社応募して落ちたとしても落胆しないで、続けて転職活動する必要があります。

内定をもらえるのは何割?

数十社受けて内定をもらえるのは1~2社程度です。 これも年齢によって多少は差がありますが、内定をもらえるのは15~28%くらいです。 100社応募したら2~5社受かれば良いのではないでしょうか? うまくいけば、8~15社程度の内定をもらえる可能性はありますが、ほとんどの人はもっと少ないはずです。

このデータをを見て少ないと思うか多いと思うか人それぞれだと思いますが、私はかなり少ない印象を受けました。 確率的にはもうちょっと多い気がしていたので、思った以上に転職活動は大変だなと感じます。

転職は苦痛を伴う

転職は苦痛です。 転職活動が楽しい人なんていないでしょう。 転職活動がうまくいかないと精神的に辛くなります。

もう限界?

何十社受けても全然転職先が決まらないと限界に思うでしょう。 最初は張り切って転職活動しますが、何ヶ月も成果が出ないと何で採用してもらえないのか自分では分からなくなります。 そして、最終的には転職そのものを諦めてしまう人もいるかもしれません。 先程、何社目で受かるのかを書きましたが、それ以上に応募しているのに決まらないと、何が駄目なのか 分けが分からなくなります。

転職を諦めかけている?

転職を諦める人は結構いるのが現実です。 自分には価値が無いんじゃないかとか、今の会社で一生働くしかないのかな? なんて思ってしまうかもしれません。 しかし、転職活動のコツさえ掴めば、ほとんどの人は転職先を決めることができます。 そのコツが分からないから、いつまで経っても転職先が決まらないだけなんです。

誰だって辛い

誰だって転職をするには、それなりの努力をしないといけません。 適当にやって転職が成功する人はいないでしょう。 自分ではしっかりと準備をしているつもりでも、意外と抜けている部分があるはずです。 志望動機や面接など、採用側が気に入るツボを抑えていれば、 数十社受ければ1社くらいは採用されるはずです。

簡単に転職する方法がある

転職先が決まらなくて自分一人で転職活動するのが限界なら、転職をサポートしてもらえばいいんです。 今は転職を支援してくれるサイトがたくさんあります。 そういったサービスを利用するだけで、自分では気付かないアドバイスなどをもらうことができるので、 もし、本当に転職を成功させたいなら、そういったサポートも利用することを考えてください。 もし、転職サポートに興味があるなら下記で説明しています。

転職で受からない不安を払拭する方法

いつまで経っても受からないのであれば、根本から転職活動のやり方を変える必要があります。 そこで転職を成功させるための方法として、おすすめするのが転職のサポートを受けることです。 具体的に転職のサポートとはどういったことなのかを説明します。

転職をサポートしてくれる

転職のサポートとは、あなたのような転職先を探している人に向けて、 求人を紹介したり、職務経歴書の書き方を教えてくれたり、面接のアドバイスをしてくれたりするサービスのことです。 そして、こういったサービスをしてくれるサイトのことを転職エージェントと言います。 この転職エージェントは、採用されるまで徹底的にサポートをしてくれる為、 転職活動に疲れた方にとってはもっと楽に転職活動をすることができます。

採用されるまでの流れとしては、転職エージェントに登録すると、実際にあなたの転職をサポートしてくれる 担当者と面談をします。この面談であなたの転職先に求める条件や、今までのスキルなどをヒアリングします。 そして希望に沿った条件の求人を、あなたの代わりに探してくれて紹介をしてくれます。 また、応募するために必要な履歴書や職務経歴書の作成アドバイスや、 面接での対策など様々なサポートを受けることができます。

転職で受からない理由を知れる

転職先がなかなか決まらない人にとって良いのが、転職エージェントはただ求人を紹介するだけでなく、 あなたのことをしっかりと見てくれます。 どういったアプローチで応募先にアピールしたらいいのか、書類選考に通過しやすい志望動機の書き方や、 面接での質問対策や基本的なマナーなど、多くのことを教えてくれます。

今まで転職先が決まらなかった人にとっては、何故採用されないのか転職エージェントの担当者がチェックしてくれます。 書類の作成が悪いのか面接の態度が悪いのか、しっかりと見てくれるため、 あなたの気付かなかったポイントを知ることができます。 何より転職エージェントは、今までの転職成功実績が豊富なため、どんな人材が採用されやすいのか、 書類や面接で採用側が採用したいと思えるような対策をすることができます。

面接対策もバッチリ

面接が苦手な人は事前の準備をしっかりとできるし、どんな質問があるのか、どういった答えがベストなのかを 転職エージェントが教えてくれるため、面接で失敗しているなら利用してみる価値はあります。 今までの経験から応募先の企業がどういった質問してくるのかを、転職エージェントは知っています。 そのため、自分一人で転職活動するよりも、実践的な面接対策を行うことができるようになります。

利用料は無料

転職エージェントは転職活動に関する様々なサポートをしてくれます。 普通はこれだけのサービスをしてくれるなら、お金が必要だと考えている人もいるでしょう。 しかし、こういった転職エージェントは完全無料で利用できます。 あなたのような転職先を探している人が企業に採用されると、その企業から転職エージェント側に紹介料が入るからです。 そのため、あなたは完全無料でサポート受けられるし、 転職エージェント側もあなたを企業に紹介して採用されないと利益を得ることができません。 だから徹底的に転職をサポートしてくれるわけです。

おすすめの転職エージェント

転職エージェントの数はたくさんありますが、 求人が多くて全国に対応している有名なエージェントは、 マイナビエージェント DODA リクルートエージェントです。 たぶん名前を知っている人も多いのではないでしょうか?

転職エージェントとして実績も知名度も高く、利用者満足度も高い特徴があります。 今紹介したエージェントは、基本的な転職サポートも同じような内容のため、 どのエージェントに登録してもそれなりに満足できるはずです。 転職を成功させるために、どんどんエージェントを利用して納得のいく転職先を見つけてください。 おすすめの転職エージェントについて、もっと詳しく知りたいなら、 【おすすめ転職エージェントを徹底比較!本当に役立つ転職エージェントとは】をご覧ください。