転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

転職活動に疲れた!無理せずに転職できるやり方は?

転職活動に疲れた!無理せずに転職できるやり方は?

転職活動を始めてみると、思ったよりも時間と手間がかかって疲れてしまうことってありませんか? 転職活動は何ヶ月も時間をかけて、ようやく転職先が決まります。 そのため、最初は勢いよくはじめても、それが持続せずに疲れてしまいます。 そこでこのページでは、転職活動に疲れる原因や、無理せずに転職できるやり方を説明していきます。

転職活動に疲れる原因

転職活動に疲れる原因はなんでしょうか? 転職活動が楽だと思った人はほとんどいないでしょう。 まずは、転職活動に疲れる原因についてまとめてみました。

無理をしすぎる

転職活動を早く終わらせたいからと、最初は頑張って転職の準備などを行います。 しかし、いざ転職活動をしようとすると、やることが多すぎて疲れてしまいます。 転職活動で必要なことは、大きく分けて「求人の検索」「書類の作成」「面接対策」です。

「求人の検索」は自分が転職したい条件の求人を探すことですが、これが意外と大変です。 自分の今までの経験と希望する転職先の条件がマッチしていないと、転職しても意味がありません。 できるだけ好条件の求人を探そうとしても、そう簡単に見付かるわけではないので、 「求人の検索」だけでも人によっては、1ヶ月以上かかる場合があります。

私も転職活動で求人を探しますが、自分に合った求人を探すだけでも1ヶ月以上かかりました。 しかも、良い求人があってストックしておいても、募集が終わってしまうことが多々あります。 自分が完全に気に入る条件の求人なんてまず無いのに、もっと良い求人があるはずだと、探し続けてしまいます。 その結果、いつまで経っても求人を選ぶことができませんでした。 求人を探すだけで疲れてしまって、転職自体を諦めたこともあります。

また、転職活動で絶対に必要なのは、履歴書や職務経歴書ですがこれがまた大変です。 履歴書はなんとか完成しますが、職務経歴書でいつも悩みます。 ハッキリ言って職務経歴書は面倒です。 そのため、いつも中途半端に終わってしまい、そのまま応募してしまいます。 しかし中途半端な職務経歴書だと、中々書類選考に通らないんですよね? それで転職自体を諦めてしまいます。 他にも、面接対策もしんどくていつも疲れてしまいます。

転職活動は短期間で転職を成功させるのが難しいため、最初から飛ばして進めていくと、途中で疲れてしまいます。 疲れると、その後の準備が中途半端になってしまうので、無理をしないで長い時間をかけて転職活動しないといけません。 私と同じような悩みで、転職活動に疲れて途中で諦めてしまう人もいるのではないでしょうか?

期待を抱きすぎる

うまく転職が成功すれば、これほどうれしいことはありません。 しかし、転職活動中から期待を込め過ぎていると、現実とのギャップにショックを受けるかもしれません。 思っていたよりも良い求人が少なく、書類選考や面接でもうまくいかず、中々思うよな転職ができないと落ち込みます。

最初の期待が大きければ大きいほど、現実を知った時の衝撃は計り知れません。 そのため、一気に転職活動が辛くなり、疲れてしまいます。 ただし、転職に期待を込めるのは決して悪いわけではありません。

そもそも転職する理由は、今よりもっと良くなろうとしているからです。 誰だって転職に期待を込めるでしょう。 私だって今よりももっと良い環境で働きたいと思って、転職活動するわけですからね。 しかし、期待を込めすぎるが余り、すぐに転職が決まると勘違いしてはいけません。

しっかりと準備をして、長い時間をかけて転職活動するように心がけてください。 そうすれば、転職活動の途中で疲れる心配はありません。

一人ですべてを抱える

転職活動は基本的に一人で行います。 しかし、一人で転職活動すると精神的に余裕が無くなってしまうため、 慣れないことを続けるには、それなりの忍耐力が必要です。 転職がうまくいく方法なんて普通は分かりません。 そのため、無理をしないで続けていかないと、途中で疲れてしまいます。

ほとんどの人は、転職活動に時間がかかって焦っていませんか? こんなはずじゃなかったと思っても現実は厳しいです。 私も2ヶ月程度で転職先が決まると思いましたが、結局半年近くも転職活動するハメになりました。

早い人は1ヶ月くらいで転職できる人もいるでしょうが、普通は数ヶ月は必要です。 その間一人で転職活動するので、一人ですべてを抱えてしまって疲れます。 唯一のアドバイスとしては、あまり無理をせずに自分のペースで転職活動するしかありません。

転職活動に疲れたら休む

仕事先を早く決めたいと焦っても良い結果は出ません。 もし、転職活動に疲れたら休むことも必要です。 そこで、転職活動に疲れた場合は、どのようにすれば良いのかを説明します。

転職のことは忘れる

転職のことばかり考えるから疲れるんです。 一旦転職から離れて、落ち着いた頃にもう一度挑戦してみてはどうですか? 時間を置くことで冷静になり、転職がうまくいかない原因を分析できるかもしれません。 転職したい気持ちは分かりますが、焦っていると空回りするだけで余計にうまくいかないかもしれません。 そのため、転職から距離を置けば、新たな気持ちで転職活動ができます。

私は転職活動が最長で1年程度掛かりましたが、その原因は1年間ずっと転職活動していた分けではありません。 2~3ヶ月くらい転職活動を止めていました。 全然転職活動がうまくいかずに悩んでいて、ストレスもかなりのものでした。 そこで、一旦転職のことを忘れて普通に過ごしてみました。

すると、前の焦っていたころと違って、客観的に自分のことを分析できるようになり、 何故今まで転職活動がうまくいかなかったのかを、考えることができました。 早く転職したいからこそ、うまくいかない場合は転職のことは忘れて落ち着くことが重要です。

好きなことをする

転職とはまったく違うことをやるのもひとつの方法です。 転職のことは忘れるのと同じように、自分の好きなことをしてストレスを発散して、冷静になることが必要です。 頭をリセットすることで、新たな気持ちで転職活動ができます。

私の場合は、映画が好きだったので、レンタルショップへ行って毎日何かしらの映画を見ていました。 最初の頃は「転職活動しなくていいのか?」なんて考えましたが、 数ヶ月もすると全然気にならなくなりました。 その結果、リラックスできて精神的にも余裕が生まれるようになります。

ただし、好きなことをするにしても、ある程度の期間は決めておいた方がいいかもしれません。 好きなことをしていると、どんどん時間が過ぎていくので、1~2ヶ月くらい転職から離れるとか、 自分で期限を設けてみましょう。 そうすれば、転職活動を再開するのも苦痛になりません。

転職活動に疲れたら休むというのはとても大事です。 転職をしたい気持ちが高ければ高いほど、うまくいかなかった時は辛いです。 その心をリセットするために、全然違うことをやってストレスを解消してください。

無理せずに転職できるやり方は?

転職活動に疲れたら、転職のことを忘れてリセットすることは必要です。 しかし、リセット後も転職活動で悩むようなら、転職を支援してくれるサイトの利用も考えてみてください。 転職を支援してくれる転職エージェントは、上記で説明した「求人の検索」「書類の作成」「面接対策」を すべてサポートしてくれます。

転職エージェントはCMでもよく流れていますが、採用されるまで様々なサポートを無料で行ってくれます。 そのため、転職に疲れたなら利用する価値があります。 時間のかかる転職活動を短縮できるし、なによりアドバイスを受けられるので、 転職活動を考えている人はよく利用しているサービスです。

転職活動の負担を減らして、転職を成功させたいなら転職エージェントの利用も考えてみてください。 転職エージェントに興味があるなら、 【おすすめ転職エージェントを徹底比較!本当に役立つ転職エージェントとは】をご覧ください。