転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

転職にかかる期間はどれぐらい?平均の期間は?

転職にかかかる平均の期間と成功への方法

転職活動にかかる期間は人それぞれ違います。 初めて転職活動をする場合は、どれくらいで転職ができるのか、不安に思う人もいます。

そこで、このページでは、一般的な転職かかる期間の平均について説明します。 ある程度流れを知ることで、自分がどれくらいで転職ができるのかを知ることができます。

平均的な転職期間は3カ月程度

今までの経験やスキルによっても変わりますが、転職期間は平均で3ヶ月程度です。 しかし、人によっては6ヶ月かかる人もいるため、3~6ヶ月を目安に考えるといいでしょう。

また、転職活動の準備次第で、転職にかかる期間は大きく変わります。 応募する業種の企業を調べたり、自己分析をしたりと、実際に応募する前に準備が欠かせません。

基本的な転職の流れ

転職期間の中には、準備をする段階がとても重要です。 そこで転職するまでの流れを、順に説明していきます。

転職準備

履歴書や職務経歴書の作成を行います。 自分が働きたい会社と、実際の自分のレベルを考えて転職先を選ばないと、転職がうまくいきません。 そのため、準備の段階でよく計画を立てる必要があります。

約2週間~1ヶ月程度

求人検索と応募

応募先の企業を探します。 自分が働きたいと思う企業を複数ピックアップして応募してください。

最初の転職準備の段階で、履歴書や職務経歴書を準備しますが、 応募する企業ごとに、書類等は作り直した方が、採用される可能性が上がります。

どの企業に応募しても当たり障りない書類は採用側も分かります。 その応募企業にしかないサービスや特徴を掴んで書類を書くことで、 注目してくれて採用される可能性を上げることができます。

約1週間~3週間程度

面接

面接では今までの経験や、何故この会社に応募したのかを聞かれます。 その志望動機ひとつで、採用されるかどうかが決まるため、応募企業ごとに考えて準備してください。

約1週間~2週間程度

内定

面接を終えてから、平均で1週間~3週間程度で合否の連絡があります。 この間に今働いている会社の、退職準備を進めておくのもいいでしょう。

もちろん内定をもらっていないのに、今の会社を退職してはいけません。 あくまで、どういった流れで退職していくのかを、考える程度に留めてください。

約1週間~2週間程度

退職

前の会社を辞めて、新しい会社で働く時期を考えて、うまく退職しないと、双方に迷惑をかけます。 そのため引継ぎをうまく行って退職するようにします。

約1週間~2週間程度

転職活動は在職中か退職後か

基本的に転職活動は、会社に在籍しながら行うのが普通です。 何かの理由で退職してから転職活動をする人もいますが、その割合は少ないです。

先に退職してから転職活動する場合は、時間の自由が利くため、面接などの調整がしやすいですが、 いつ決まるかも分からないため、その間の収入がなくなてしまいます。

少なくとも、転職にかかるは期間は平均で3ヶ月はかかるため、その間の生活ができる貯金がないなら、 在籍しながら転職活動したほうがいいでしょう。

ただし、仕事をしながらだと、転職活動にかける時間や調整に苦労はします。 そのため、どちらがいいのかは人それぞれです。

もし残業などが多く、休みもまともに取れないようなら、退職してから転職活動するにもひとつつの方法です。

転職期間を短くするなら準備をする

転職活動を短くするなら、準備をしっかり行わないといけません。 中途半端な準備では余計に時間がかかります。

志望動機

転職したい業界について詳しく調べて、どんな人材が求められているのかを考えます。 それに合わせて志望動機を作成するようにしましょう。

ただ自分の思いだけを書いても、採用したい側にとって意味の無い内容では、内定をもらう事ができません。

自己分析

自分のキャリアをしっかりと考える必要があります。 自分の実力で応募企業に、本当に受かるのかどうかを調べます。

自分の実力に見合った企業へ応募することで、転職活動の期間を短くすることができます。

求人の増える時期を狙う

求人の数は年中同じではありません。 一般的な企業は、1月~3月と7月~9月に求人数が増加します。

この時期を狙って転職活動をすれば、多くの求人の中から転職先を選ぶことができます。

ボーナスの支給が終わった後に退職する人が多いので、 企業側もこの時期に新しい人材を求める傾向にあります。

また、4月までに、企業側が採用に消極的になります。 特に新卒を雇うために、積極的に求人を出しているため、この時期もねらい目になります。 実は、第二新卒など、転職を考えている方も、この時期は意外と転職できます。

しっかりと考えて転職活動する

転職にかかる期間は平均で3ヶ月ですが、これはしっかりと準備を行った場合の期間です。 何となく転職活動をしている場合は、6ヶ月以上の時間が必要になります。

転職スケジュールを立てて、いつまでに転職を成功させるかを決めてください。 そうすれば、今から逆算して何を準備していけば良いのかが分かります。

特に先程から書いていますが、自己分析や情報収集といった、今の転職事情をしっかりと把握することが大切です。

転職サイトの利用で転職期間を短くする

もし一人での転職活動が不安な場合や、転職にかかる期間を短くしたいなら、転職サイトに登録する方法もあります。 何故なら、転職サイトはあなたの希望を聞いて、今までの経験や実績を考慮して求人を探してくれるからです。

そのため、自分でやらなければいけない、転職の準備を変わりに代行してくれます。 しかも、履歴書や職務経歴書の添削だけでなく、面接の対応の仕方など、たくさんのアドバイスを受けることができます。

さらに、普通の求人サイトでは、公開されている求人が実は少ないのです。 しかし、各転職サイトは、非公開求人を保有しているため、そういった転職サイトに登録することで、 非公開求人を含めて転職活動することができます。

非公開求人の数は公開されている求人の何倍もの数になるため、転職サイトに登録しないと損をします。 もし、一度も利用したことが無くて不安でも、転職サイトの利用はすべて無料でできます。

応募した企業に内定をもらっても費用が一切かからないのが特徴です。