転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

転職においてプライドは邪魔!プライドは捨てて転職活動する

転職においてプライドは邪魔!プライドは捨てて転職活動する

プライドを持っていると転職活動の妨げになり、中々転職先が決まらないかもしれません。 しかも、採用されない原因がプライドなのに、それに気付かない人もたくさんいます。 そこで、このページでは転職活動の足を引っ張る、プライドについて説明していきます。

プライドを捨てて転職活動

転職でプライドが邪魔をしている人は、 若い人よりもある程度経験を積み重ねてきたベテランに多い傾向があります。 何故なら、長年の実績やスキルが身について、かなりのレベルに到達しているからです。 転職においてスキルや経験が高い人材は、採用されやすいため転職に有利になります。 しかし、プライドが高過ぎると、一転して転職では不利になります。 例えば、前の職場の年収が高かったり役職が高かったりすると、転職先にも同等かそれ以上の待遇を求めます。 しかし、スカウトと違い、自分で応募している場合は、収入をアップさせるのはかなり難しいはずです。 これがスカウトなら、企業側の方がその人材が欲しいので待遇も良くするでしょう。

しかし、自分からアピールしている以上、ある程度の妥協は必要だし、自分の希望がすべて通るわけありません。 それが分からずに、給与が思ったよりも低かったり、役職が悪かったりすると不満を抱いてしまいます。 その結果、転職先が決まらずに、ずっと転職活動を続ける羽目になっています。 プライドが高い人はスキルや実績があり、尚且つ40~50代くらいの人です。 プライドは高くてもいんですが、ある程度妥協しないと転職は難しいでしょう。 待遇や条件にこだわり過ぎないで、折り合いを見つけることも大切です。

採用してから実績を上げて、給与アップを狙う事だってできます。 実力があればできるはずです。 そのため、最初から高待遇を求めないで、採用後に力を発揮して自分の力で待遇を良くする方法もあります。 転職直後の待遇をあまり気にしなければ、元々実力があるなら転職も簡単にできるはずです。 唯一の問題は、無駄なプライドを持っていることです。 そのプライドはとりあえずしまっておいて、すぐに転職先を決めてしまいましょう。

不採用が続くのは求めるものが違うかも

不採用が続くのは、採用側があなたに求めるものと、あなたがやりたいことにギャップがあるからかも知れません。 あなたは転職後も前の職場と同じように、現役でバリバリ働きたいのかもしれません。 しかし、採用側はあなたの経験や実績を、もっと若い人に伝えて欲しいと思っている可能性があります。 プライドが高い人は、実績があって年齢の高い人に多いと言いましたが、 年齢が高くても、まだまだ自分は現役で活躍できると信じていませんか?

どんな企業でも、ある程度の年齢になれば管理職になります。 優秀な人ほど現役を続けるのが難しくなる傾向があり、企業側が40代や50代に求めるのは、今までの経験の継承です。 若手にあなたのスキルを伝えて、あなたのようにできる人間を育ててほしいのです。 そのため、転職活動においても、あなたは現役で働きたいのに、採用側は管理職として雇いたいと思い、 お互いに折り合いが付かずに不採用になってしまいます。

正直なところ、40代や50代で若手のように働くのはかなり難しいかもしれません。 ほとんどの業種で、40~50代だと管理職になるはずです。 もし年齢を重ねても現役で働きたいなら、最終的には独立するしかありません。 しかし、独立は独立で大変なので現実的ではないでしょう。 そのため、無理をしてでも現役で働ける企業を探し続けるか、妥協して管理職として採用してもらうかです。

アドバイスを受けて転職する

転職がうまくいかずに悩んでいるなら、転職のアドバイスを受けてみてはどうですか? 転職エージェントに登録すれば、あなたの経験や実績を元に求人を紹介してくれます。 しかも、転職のアドバイスもしてくれる為、あなたの今の現状と実際の転職事情を照らし合わせて、 本当に今のままで転職できるのかを知ることができます。

また、今後は何を気をつけて面接すればいいのか、採用されるためのアドバイスを受けられます。 転職エージェントは、長年の転職成功実績があるため、企業が欲しい人材を分かっています。 そういった経験を元にアドバイスしてくれるため、転職の成功率も高くなります。

さらに、転職エージェントは完全に無料で利用できるので、費用は一切必要ありません。 もし、プライドのせいで転職がうまくいかないのであれば、 転職のサポートを受けて転職活動してみたらどうでしょう。 少なくとも、今のあなたの状態で、どういった企業に転職できるのかが分かります。 もし転職エージェントに興味があるなら、 【おすすめ転職エージェントを徹底比較!本当に役立つ転職エージェントとは】を ご覧ください。