転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

転職を繰り返してしまう原因は?もう転職を繰り返さない

転職を繰り返してしまう原因は?もう転職を繰り返さない

せっかく転職が成功したのに、何らかの理由で転職を繰り返してしまう人がいます。 転職活動はかなりの労力なのに、短期間で転職を繰り返してしまう理由はなんでしょうか? その原因やデメリットについて説明していきます。

転職を繰り返してしまう原因は?

転職を繰り返してしまう原因は、何かしらの不満があるからです。 自分にとって譲れない理由があると、すぐに転職しようと考えます。 では、実際にどんな理由があるのかをまとめました。

仕事がつまらない

自分のしている仕事がつまらないとやる気がでません。 転職前は面白そうだと感じても、実際に働いてみると魅力的な仕事ではなかったため、 モチベーションも下がり転職を考えてしまいます。 しかし、ほとんどの人は、仕事がつまらないと感じているのではないでしょうか? 仕事をする一番の理由は生活するためです。 楽しいかどうかは二の次ですが、転職を繰り返してしまう人は、 仕事が楽しいかどうかで判断してしまいます。

収入が低い

誰だって収入が多い方がいいですよね? 私だって少ないよりは多い方がいいです。 あまりにも低い収入だと転職をしようと考えます。 転職をするときに求人を見れば、どれくらいの給与なのかが分かるため、 普通は一度転職をすれば、その会社で働き続けると思います。 しかし、あまり深く考えずに転職をして後で給与が低いと感じると、また転職してしまいます。

人間関係がよくない

会社の人間関係は実際に働いてみないと、分からないことが多い部分です。 そのため、自分と合わない人がいたり、文句を言われたりと人間関係に不満があるとまた転職を考えてしまいます。 しかし、どんな会社でも少なからず面倒な人間関係はあります。 そのため、ある程度の妥協は必要ですが、それができないと転職を繰り返してしまいます。

転職で妥協している

転職をするときに、自分の譲れない条件を決めておかないと転職後に後悔します。 転職を繰り返す人は、転職先に求める条件をあまり気にせずに、 とりあえず転職をするのが目的となっていることが多いです。 そのため、転職に成功しても後で不満が出てきて、結局また転職をしようと考えます。

不満が多い

転職を繰り返す人は、給与が低いとか人間関係が悪いとか、様々な不満を抱えています。 それが我慢できずに、すぐに新しい職場を探そうとします。 しかし、ほとんどの人は今の仕事に何かしらの不満を抱いています。 それでも自分なりに妥協をして働いています。 その我慢ができない人が転職を繰り返します。 また、転職活動をするときに、転職する目的など明確な理由が決まっていないと、 転職後の後悔が多くなり、また同じことを繰り返します。 まずは、転職をする理由や、譲れない条件などを明確にしてから転職活動した方がいいでしょう。

転職を繰り返すデメリット

転職を繰り返していると、それがデメリットになります。 2~3回程度の転職回数であれば、それほど問題にはなりませんが、 それ以上となると今後の転職活動で不利になります。

転職回数が多いと採用する側も、またすぐに辞めるんじゃないかと感じてしまいます。 明確な転職理由があれば問題ありませんが、そうでないなら転職を繰り返していると、 今後は採用されなくなります。

会社側は人材を採用するまでに、かなりコストをかけています。 ネット上に求人を出すだけでも数万~10万程度は必要だし、人材紹介のサイトを利用していると 一人採用ごとにその人の年収の20~30%の費用が科発生します。 そのため、一人を雇うだけでものすごく費用が発生します。

それなのに数ヶ月程度で退職されると、会社側も困ってしまいます。 そのため、転職回数が多すぎると、いくらスキルがあったとしても採用をためらってしまいます。

会社側は転職を繰り返す人を、何か問題がある人と考えます。 例えば、ちょっと嫌なことがあるだけで不満を言ったり、あきやすい性格だったりと、 会社にとってマイナスになるのではないかと考えてしまいます。 そのため、転職を繰り返せば繰り返すほど、今後の転職活動がどんどん不利になっていきます。

我慢が必要な時とそうでない時

誰だって仕事に対して何かしらの不満があります。 その不満を我慢できるかどうかが重要です。 そこで、仕事をしている人が抱えている不満とは、どういったものなのかまとめました。

仕事がきつい

仕事内容がハードだと、誰だってしんどいと思います。 肉体的な辛さなのか精神的な辛さなのかは、仕事によって違いますが、 ある程度のきつさは我慢も必要です。 楽な仕事はこの世の中にほとんどありません。 仕事がきついからと、逃げ続けていると逃げ癖がついて、仕事自体が面倒になっていきます。 そうならないためにも、少しは我慢して働き続けることも大切です。

給料が低い

給料が低いと転職もしたくなります。 さすがに私も給与が低すぎたら転職を考えるでしょう。 ただし、その会社で頑張っていけば給与が上がるなら、転職しないでそのまま働き続けたほうがいいと思います。 今の会社は昇給がほとんどなく、毎年同じ給与で働く人がほとんどです。 しかし、しっかりとした昇給制度があるなら、今は我慢して転職はしない方がいいかもしれません。 もし、あまりにも給与が低くて、昇給も見込めないなら転職してもいいと思います。

将来性が無い

会社に将来性がないと転職を考えるようになります。 倒産してしまうと、仕事が無くなり給与がもらえなくなりますからね。 転職活動でも会社が倒産したのであれば、転職回数が多くても問題ありません。 将来性の無い会社だったら、さっさと新しい転職先を探した方がいいでしょう。 私もそうしています。

私は転職を繰り返すことは無かった

私は今まで転職を繰り返す人間ではありませんでした。 アルバイトの時から数年は働いていたので、転職回数はそれほど多くはありません。 ただ一度、4ヶ月くらいで辞めたアルバイトを除いてですけど。 そのアルバイトは、病院での患者の食事の配膳です。 何が辛いって朝が早いんですよね。 朝の7時前には着替えて待機しないといけないので、毎朝起きるのが大変でした。

しかもその病院は精神系の患者さんが多かったため、窓には鉄格子があり、 食事の配膳の時も、いくつものカギつきのドアを開け閉めしないといけないので大変でした。 必ずドアを開けて入ったら、そのドアのカギを閉めてから次のドアを開けるようにしないと、 患者が脱走する恐れがあるそうです。

まぁ、仕事内容もきつかったし精神的にも疲れたので、その病院は4ヶ月程度で辞めてしまいました。 私の中ではこの仕事が一番短い労働期間です。 他の仕事は必ず何年も続いています。 もちろん働いている時に不満はたくさんあるんですが、自分は結構我慢できるタイプなので、 転職を繰り返すことはありませんでした。 というより転職活動自体が面倒だったからかもしれませんが。

長く働ける職場に転職する

長く働ける職場に転職すれば、もう転職を繰り返す必要はありません。 では実際にどうすれば、長く働ける職場へ転職できるのかを説明します。

転職の目的を明確に

転職をする場合、何故転職をするのかを考えてください。 勢いだけで転職すると後悔します。 自分が譲れない条件をまとめてから転職活動するようにしましょう。 そうすれば、転職後に後悔することが少なくなります。 中途半端な状態で転職活動すれば、転職先も自分にとって中途半端になります。

多少は我慢をする

すべてが100%の職場はありません。 そのため、多少の不満があっても我慢するしかありません。 自分で譲れない条件だけを決めて、それ以外の部分は妥協しないと、 いつまで経っても満足できずに転職を繰り返してしまいます。 時には我慢も必要です。

転職エージェントに相談する

転職エージェントに相談すれば、満足できる転職先を探すことができます。 転職エージェントは、転職のサポートしてくれるので、 自分の希望する条件などを伝えれば、その希望に沿った求人を紹介してくれます。 さらに、職務経歴書や面接対策、給与などの交渉など、様々なサポートを行ってくれます。 しかも無料なので一切費用がかかりません。

ただし、転職する条件を明確にして、譲れない条件をしっかりと決めておかないと 転職エージェントを利用して転職できたとしても、また転職を繰り返してしまいます。 そのため、妥協できる部分とそうでない部分をしっかりと決め手から、転職活動するようにしましょう。