転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

転職したいけど自信がない人はどうすればいい?

転職の問題を説明

転職したいけど自信がない人は、 書類選考で落ちてしまったり、面接までいけても内定をもらうことができなくて落ち込んでしまいます。

自分には価値がないからなのか、スキルが足りないからなのかを一度じっくり考える必要上がります。 今までの転職活動で何がいけなかったのかを振り返って考えてみましょう。

転職したいけど自信がない理由

転職に自信がない理由についての説明

「転職活動が得意だ」という人は多くないと思います。 ほとんどの人が不安で自信を持てないでしょう。 そこでなぜ転職する自信が持てないのかをまとめてみました。

スキルや技術がない

転職する上で重要な部分のひとつにスキルがあります。 採用する側もどれだけ会社に貢献できるかどうかの判断にスキルや技術を考えます。

まったくの未経験や実力が伴っていないと、長い間研修を行わないといけなくなります。 それが嫌なので会社は即戦力となりそうな人材を求めます。

それが分かっているから自分のスキルが、応募する企業に見合っているかどうか悩む人も多いです。 それを解決するには、第一に必要なスキルを身につけることです。 第二にスキルや技術が見劣りしても、アピールできるような何かがあれば採用につながることもあります。

面接で緊張する

会社に応募するなら面接は100%するので避けては通れません。 面接の良し悪しで採用されるかどうかが決まるのは間違いありません。

面接が需要なのが分かっているからこそ、面接で緊張してしまうのではないでしょうか? 会社はコミュニケーション能力を判断するために、面接であなたの能力を見極めます。 それがうまくいかないと採用されません。

誰だって面接は緊張します。 まずは質問されそうな内容を書き出して答えを自分で考えていくしかありません。 また、何回も面接を繰り返していけば、いずれは慣れていくものです。

年齢の問題

同じ業種で経験を積んでいればある程度の年齢でも、管理職として採用されることはあります。 しかしまったく違う業種か、今までの経験が乏しい場合は年齢の壁で採用されないかもしれません。

年齢が高い場合は自信が持てない方が多いです。

転職できる年齢は35歳までと言われてきましたが、今は40代、場合によっては50代でも転職できるケースは増えています。 そのため年齢だけで採用されないと悩むのではなく、自分に何が足りないのかを客観的に判断して足りない場合は、 それを補うために資格取得や熱意などアピールできるポイントを地道に増やしていくしかありません。

転職活動に自信が無いのは当たり前

転職活動が不安なのは当然

転職に自信がない人!転職がうまくいかない人!誰だって転職活動が不安なのは当たり前です。 転職をする上で需要なのが【今までの経験や実績】【コミュニケーション能力】【年齢】です。

やはり実績がある場合は本人も自信があるため採用される確立も上がります。 また面接などでコミュニケーション能力が高い場合も採用率は上がるでしょう。 年齢に関しては職種によって違いはあると思いますが、【今までの経験や実績】【コミュニケーション能力】が高ければ 問題にはなりません。

転職に自信がない人は、何故自信が無いのかを考える必要があります。 面接の場数を踏めば、だんだん慣れていくので緊張しなくなります。 技術が足りないなら勉強することも必要でしょう。

転職がうまくいかない人は、何かがうまくかみ合わないからかもしれません。

客観的に自分のことを見つめ直して、自己分析をしてみることが重要です。 自分にアピールする部分が無いと思っている場合でも、 今までの仕事の中で些細な部分でもいいので、アピールできるポイントを探すことです。 当たり前すぎて気づかないこともあるのでじっくりと自己分析をしましょう。

応募企業を厳選しすぎ?

もっと広く応募先の企業を選ぶ

転職活動を慎重にしすぎて応募する企業を厳選しすぎていませんか?

自分にとって働きやすそうな会社にだけ応募しても採用されるとは限りません。 同時に何社も受けないので、転職する時間が長くなってしまうこともあります。

会社の環境なんて実際に働くまではわかりません。 それをネットの口コミなどで、少しでも悪い印象があると応募をためらっているならそれは間違いです。

よほど悪い口コミばかりなら問題ですが、多少の不満程度なら気にする必要がありません。 口コミを書いた人とあなたでは、受ける印象が違うかもしれないからです。 あくまで参考程度に留めるようにしてください。

給与や業種、待遇が良いなと思ったらどんどん応募するようにしましょう。

転職は大変です。 すぐに内定をもらえる人はほとんどいません。 平均で3ヶ月、長いと1~2年は転職活動をしないといけないので、応募する会社を1社とか2社程度にするのはお勧めしません。

たくさん応募してやっと1社決まる程度なので、臆せずに応募しまくりましょう。 ネットの評判は悪かったけど実際に働いてみると、意外と良かったと感じることの方が多いと思いますよ!

会社に必要とされる人とは?

これが分かれば採用率が上がる

まずほとんどの人が、会社で必要とされる人物像が、スキルや実績だと思います。 それは間違いではありませんが、採用側は一緒に働けるかどうかを考えます。

いくら実績や能力が高くても独りよがりだったり、周りの意見を聞かないで自分勝手に仕事をする人を会社は嫌います。 そのため、面接での印象が良くてちょっとスキルが低いくらいなら、採用される確立は上がります。

何事も仕事をするなら複数人で作業することも多いため、自分勝手な人は嫌われます。 面接ではそういった印象を抱かせずに、一緒に働きたいと思わせるようにすることが大切です。

ではどういった人が一緒に働きたいと思うのか、それは仕事に対する姿勢です。 「この人は仕事に対してきちんと向き合ってくれそうだな」と思ってもらえれば採用されます。

この姿勢を示すだけで、ちょっとくらい技術や経験が無かったとしても問題ありません。 面接では相手に良い印象(仕事に対する態度、コミュニケーション能力)を与えることができれば成功と言えるでしょう。

結局自分次第で転職できるか決まる

自分の力を発揮することが大事

どんなにネットにある転職できる方法や参考書を見ても、あなた次第で採用されるかどうかが決まります。 ネットや参考書が悪いわけではなく、無いように踊らされて、無駄な対策ばかりをしていると転職も難しくなります。

もちろん、転職に自信がない人や転職がうまくいかない人は、転職関係のサイトや参考書を読み漁っていると思います。 それも悪くありませんが、あくまで参考程度に留めておき、応募する会社のことを入念に調べたり、 自分の強みやアピールできるポイント、相手の会社が一緒に働きたいと思わせるようなコミュニケーション能力を 鍛える方に時間を使ってください。

そうすれば採用される可能性は上がります。

転職に自信が無い人でも転職する方法

転職に自信がないのは当たり前です。 誰だって不安を抱えて転職活動します。 しかし、転職に自信が無い人でも負担を減らして転職活動をする方法があります。 それは、転職支援サイトを利用することです。 転職支援サイトは、履歴書などの書類作成のサポートから求人の紹介、面接対策など様々なサポートをしてくれます。 転職したいけど自信がない人がよく利用するサービスで、しかも無料で利用できます。