転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

転職は辞めてからだと不利?理想は転職先が決まってから辞める

転職は辞めてからだと不利?理想は転職先が決まってから辞める

転職活動を行う時に、在籍しながら転職先を探すのか、辞めてから転職活動するのかで悩んでいる場合、 実際はどっちが良いのでしょうか? 結論から言うと、転職先が決まってから辞める方がリスクは少なくて済みますが、 辞めてから転職活動するメリットもあります。 そこでこのページでは、転職活動は辞めてからだと本当に不利になるのか、 転職活動をするには、どっちがベストなのかを説明して行きます。

仕事を続けながら転職活動

仕事を続けながら転職活動すると、どんなメリットやデメリットがあるのかを説明していきます。 自分に合った方法を選んで転職活動をするようにしましょう。

メリット

仕事を続けながら転職活動する一番のメリットは、収入を得ながら転職活動できることです。 会社を辞めてから転職活動すると、その間の収入がありません。しかも、いつ転職先が決まるのかも分からないため、 貯金を溜めておかないと生活が厳しくなっていきます。 そのため、仕事を続けながら転職活動した方が金銭的には楽になります。

デメリット

仕事を続けながらだと、思うような転職活動ができないかもしれません。 日々の仕事をしながらなので、仕事が忙しいと転職活動をする時間が取れない場合があります。 例えば、面接の日程調整が難しかったり、退職してから入職までの調整も面倒だったりします。 また、今の会社に内緒で転職活動をしないといけません。 そのため、仕事を続けながら転職活動すると、手間や時間がかかってしまう恐れがあります。

転職活動でも不利になる?

転職は辞めてからだと不利になるのか、その理由を説明します。

計画性がないと思われる

もし転職活動で先に会社を辞めてから転職活動をすると、相手企業はあまり良い印象を持ちません。 その理由は、「計画性がないと思われる」からです。 何故なら、先程も仕事を続けながら転職活動するメリットを説明しましたが、単純に収入が無くなるからです。 生活自体が厳しくなる可能性があるのに、あえてそのリスクを背負って転職活動する意味は何だろうと思うからです。

ただし、ちゃんとした理由があって先に会社を辞めたのなら問題ありません。 例えば、倒産やリストラです。 倒産やリストラであれば、特に問題にはなりません。 自分の意思で会社を辞めたわけではありませんからね。

また、仕事が大変で体調を崩しているか、または倒れる寸前だった場合です。 限界ギリギリの状態であれば、先に会社を辞めても問題ありません。

よく、体調不良を理由に会社を辞めると転職に不利だと言う人がいますが、 本当に体調が悪くなって辞めているのに、その理由を攻めるのなら、そんな会社では働かない方がいいと思います。 そういった会社では、体調が悪くなった従業員をフォローすることはないからです。 ただし、病気などで会社を辞めてから転職活動するなら、必ず今は完治していることを伝えてください。

退職期間が長いと不利になる

退職した後は時間に余裕が生まれるため、転職活動に時間を使うことができます。 この点については、退職してからの方が転職活動がしやすくなります。 面接でも退職してから1~2ヶ月程度なら、それほど問題にしないでしょう。 先に退職した理由は聞かれるかもしれませんが。

しかし、退職してから半年以上が経過しているのに、転職活動をしていると採用側は良い印象を持ちません。 退職期間が長くなってしまうと、相手は「遊んでいたのか」とか「まじめに転職活動しなかったのかな」など、 マイナスの方へ考えてしまいます。

そのため、日本の会社は退職期間が長いと不利になってしまいます。 ただ、私の個人的な意見としては、別に退職期間が長かったり、 その間遊んでいたりしたって、いいじゃないかって思います。

正社員で働いていないのは「悪」みたいなのは好きじゃありませんね。 とはいっても結局日本の会社は、正社員で働いていることを重要視します。 そのため、転職によっぽど自信がある人意外は、退職してから転職活動しない方がいいのではないでしょうか。

辞めてから転職活動をした体験談

私も実は退職してから転職活動したことがあります。 とはいっても10代の頃で、アルバイトだったんですが。 アルバイトでも転職って言うんでしたっけ? まぁとにかく前のアルバイト先を辞めてから、次のバイト先を探すことにしました。

最初は簡単にバイト先が見付かると思ったんですが、 結局次のバイト先が決まったのが4ヵ月後でした。 まだアルバイトだったため、退職期間はそれほど重要ではなかったと思いますが、 それでも4ヶ月もかかってしまったので、自分に能力がないのかと落ち込みました。

当然4ヶ月間も無収入だったため生活ができなくなり、仕方なく親にお金を借りました。 これが社会人だったらと思うとゾッとします。 アルバイトでさえ自分が思っていたよりも、次の仕事が見付からないのに、 正社員での転職の場合は、予想外に時間がかかる可能性だってあります。 そのため、私の経験も踏まえて転職活動するなら、在籍しながらの方が良いのではないでしょうか?

辞めてから転職活動しようと思う理由は?

デメリットの方が多いのに、辞めてから転職活動しようと思う理由は何でしょうか?

今の会社にいたくない

今働いている会社に不満があり、すぐにでも転職したい場合です。 例えば、セクハラ、パワハラ、人間関係、仕事内容など様々ですが、 とにかくその会社にいるのが限界で、精神的にストレスが溜まっていると、先に退職することがあります。 退職後の転職活動のリスクよりも、自分の身を守るために退職する人もいるでしょう。

そういった場合は、無理して仕事を続けながら転職活動をする必要はありません。 むしろ、さっさと辞めて、1ヶ月くらいゆっくりすればいいんですよ。 仕事は大事ですけど自分の体はもっと大事です。 ある程度ゆっくりした後で、転職活動するようにしましょう。

早く転職先を決めたい

転職先をすぐに決めたい場合は、退職してから転職活動する人もいます。 まぁ、あまりこういう人はいないと思いますが、 退職してしまえば、その時間をすべて転職活動に使うことができるからです。

でも、余程のことが無い限りは、先に退職するのはおすすめしません。 自分のスキルに自信があって、絶対に採用されると思っているならいいですが、 私も含めて予想外に時間がかかることもあります。

そのため、体調の問題や人間関係、倒産などの理由以外なら、 仕事をしながら転職活動した方がいいでしょう。

転職のプロに相談して転職する

転職は辞めてからだと不利になります。 しかし、やむをえない理由で退職後に、転職活動しないといけない場合もあります。 また、仕事を続けながら転職活動する人もいるでしょう。 どんな状況であっても、転職活動が面倒なのは変わりません。

もし転職活動が大変だと思うなら、転職のプロに相談して転職する方法があります。 転職エージェントと言って、あなたの転職を細かくサポートしてくれます。 具体的なサポート内容は、あなたの希望する転職条件をヒアリングして、求人を紹介してくれます。 また、書類選考で必要な職務経歴書などの作成アドバイスや、面接対策など、 直接面談をして話をするため、じっくりと転職のサポートをしてくれます。 しかも、完全無料で利用できるので、転職活動に不安を抱いているなら、利用した方が転職がスムーズに進むでしょう。

また、自分のスキルに自信があって、先に退職してから転職活動をしようと考えている方にとっても、 こういった転職エージェントを利用すれば、最適な転職先を紹介してくれます。 転職エージェントの中には、非公開求人と言って表には出てこない求人を扱っています。

自分一人で転職活動していると、実は限られた求人しか目にしていません。 転職エージェントに登録することで、初めて知ることができます。 そのため、自分のスキルを活かせる会社を紹介してくれる可能性が高くなります。