転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

仕事を辞めたい理由とは?本当に辞めるならリスクを考える

仕事を辞めたい理由を考える

誰でも一度は仕事を辞めたいと思ったことはありますよね? 社会人として嫌なこと、辛いことを経験して今の現状から抜け出したいと思う人は多いはずです。

ではどんな時に仕事を辞めたいと思うのかよくある理由を紹介します。 また退職する上での必要な心構えを簡単に説明します。

仕事を辞めたい理由

よくある仕事を辞めたい理由

よくある仕事を辞めたいと思う理由をご紹介。 ほとんどの人がどれかに当てはまるはずです。

収入が少なくて辞めたい

仕事を辞めたいと思う理由の多くはこの収入が少ないです。 給料が少なくて何年働いても昇給が少なく、賞与もそんなにもらえないと辞めたいと思うはずです。 努力しても報われないなら、さっさと辞めてもっと待遇の良い転職先を探す人もいるはずです。

仕事のやりがいは重要ですが、働いた分に見合うだけの収入がないとやる気がなくなってしまいます。 モチベーションの一つとして収入は大きな部分を占めているはず。

また残業代もほとんど無く、サービス残業ばかりだったり有給休暇も取得しづらいなど、 待遇面での問題も仕事を辞めたいと思う理由のひとつです。

働く時間が長いのに収入が少なくて、時給換算するとアルバイトよりも 時給が悪い場合があるので働く意欲がなくなってしまいます。 収入の部分は自分ではどうすることもできないので不満は溜まる一方です。

人間関係が悪くて辞めたい

収入に次いで多いのが人間関係です。 上司のパワハラや性格的に合わないなら働いているのが辛く、意見しにくいのでストレスをためやすいと言えます。

また同僚の場合は距離感が難しく、踏み込んで欲しくない部分にまで踏む混んできたり、 遠慮がない分きつく言われたりしてへこむこともあります。

後輩については態度や日々の仕事の姿勢でイライラすることもありそうです。

これらの一番の対処法は極力かかわらないことですが、仕事をする上でそうも言ってられないため、 上司が合わないなら、まずは感情的にならずに報告や相談を多くして、仕事上での問題になりそうな部分をなるべく減らすことです。 また好感をもてるように愛想笑いでもいいので、親近感や好感を持ってもらえるようにするしかありません。

労働時間が長い

毎日残業で終電近くまで働き続けている人もいます。 残業が常態化して当たり前のように働いていると心も体も限界になります。

業種によっては会社に泊まり込んでまで仕事をしている人もいるようで、 その状態から抜け出すために仕事を辞めたいと思うようになります。

最初はおかしいと思いながらも長い間働き続けていると正常な判断ができないので、 少なくとも毎日終電で帰っているようなら、今の仕事を辞めた方がいいかもしれません。

仕事内容で辞めたい

やりがいを感じられる仕事であれば多少きつい労働でも続けることができますが、 好きな仕事でもないし、苦痛が伴っているなら毎日続ける意欲がなくなっていきます。

収入を得ることは重要ですが、割り切ることができなくて辞めたくなる気持ちも理解できます。 苦痛な仕事を週に5日間も出来ない場合は、転職も視野に入れた方がいいかもしれません。

または今の仕事を好きになるように努力する方法もあります。 この先ずっとモヤモヤした気持ちで働き続けていると後で後悔するかもしれません。

やりたい仕事がある

今の仕事とは違う職業に就きたいと思っているなら今の仕事を辞めて転職したいと思うはずです。 何らかの理由で希望する仕事が出来なくて妥協しているなら自分の望む職種へ転職できるように、 勉強をしたり準備を進めている人もいるはずです。

今の自分に何が足りないのか、何を学んだら良いのかをじっくりと考えてください。 それにそって計画を立てるようにしてください。

業種によっては年齢のせいで希望する仕事が出来ないこともありますが、 そうではなく勉強してスキルを磨けば働ける可能性があるなら挑戦するべきです。

会社の将来性に希望がない

会社の業績が悪くて残業をしても残業代をもらえなかったり、 会社にいた人が突然退職していたりと、将来に不安があると早めに辞めて転職先を探したくなります。

人によってはこの会社怪しいなと思うこともあるし、突然倒産を言い渡される場合もあります。 何も知らない間に、ある日突然倒産すると告げられたら恐怖でしかありません。 早いうちに手を打っておかないと、その瞬間に収入がなくなってしまうので、将来性に希望がないと思うなら辞め方がいいでしょう。

勤務地に不満

自宅から職場までの通勤時間が長いため、毎朝早く起きて遅くに帰宅するのは大変です。 それを平日毎日繰り返していくのは体力的にもつらいでしょう。

また職場の近くに引っ越そうとしても、都心などの都会に職場があるなら家賃も高くなってしまうため、 思い切って引越しが出来ない場合もあります。

そういった場合にもう少し自宅の近くで働きたいと思うので仕事を辞めたいと思うでしょう。

本当に辞めるならリスクを考える

仕事を辞めるリスクとは

上記で述べたように仕事を辞めたいと思う理由はたくさんあります。 その理由を解決できないなら、辞めて転職するのもひとつの方法です。

ただし、仕事を辞めるということは新しい職場を探さないといけないので、勢いで辞めるのはおすすめしません。 辞めるにしても必ず計画を立ててから実行してください。

転職できるかどうかを考える

今の自分のキャリアや実績を考えて転職できるかどうかを判断します。 仕事が辛いというだけで今の仕事を辞めるのではなく客観的に自分を判断してください。

また転職するために必要なスキルアップや勉強など、伸ばせる部分は伸ばすようにしてください。 仕事に受かるために、アピールできるポイントをまとめておくことが重要です。

辞める前に転職活動をする

勢いだけで今の仕事を辞めてから転職活動するのはかなりのリスクがあります。 すぐに仕事が決まるかどうかが分からない以上は、今の仕事を続けつつ転職の準備をするようにしましょう。

転職活動は平均で2ヶ月程度かかります。 仕事を辞めたからだと、次の仕事が決まるまでの数ヶ月は無収入になってしまいます。 それを避けるためには、辞める前に転職活動をするのが大前提になります。

円満退社を心がける

円満退社をする方法

いくら今の仕事が嫌だからといって会社に迷惑がかかる退職はおすすめしません。 職場への配慮も重要です。

会社に内緒で仕事を探す

基本的に在職しながら仕事を探す方がほとんどだと思います。 職場に転職活動していることを知られると、周囲から不平をもたれたり不満に思う人が必ずいます。

そして場合によっては直接嫌味を言われることもあります。 あなたが仕事に不満を持っているということは、少なからず他の人も持っている可能性があり、 抜け駆けして仕事を辞めることに嫉妬する人が現れる可能性があるからです。 そのため新しい仕事が決まるまでは、退職の意思を伝えないようにしてください。

遅くとも1ヶ月前に退職の意思を伝える

あなたが会社を辞めるということは、あなたが今までしてきた仕事を誰かに引き継いでもらうということです。 いきなり「辞めます」といわれても会社は困ります。 そのため新しい仕事が決まったなら、大体1ヶ月前に退職の意思を伝えるようにしましょう。

ある程度は辞める会社への配慮も必要です。 また業務の引き継ぎもしっかりと行うようにしましょう。 この引継ぎがうまくいかなくて、退職後に前の職場から連絡があり、面倒くさい対応をしなければいけないこともあります。 できるかぎり円満退社を心がけるようにして下さい。

退職理由を考える

退職理由を考えることは大事

退職理由は人それぞれですが今の会社に不満があって退職するなら、 退職理由をしっかりと考えるようにしましょう。 間違っても不満を言って退職するのは避けて下さい。

表向き退職理由

【新しい環境で自分を試したい】
【自分のしたかった夢を実現するため】
【家業を継ぐことにした】
【起業したい】
【健康状態が悪化した】

など理由付けはいくらでもできるはずです。 相手が嫌な思いをするような理由は言わない方が無難です。

一人で悩みを抱え込まない

悩みは相談するほうが良い

仕事の悩みを一人で抱え込まないようにすることは大事です。 いつまでも悩んでいると心のバランスが崩れて心身ともに限界を超えてしまいます。

それを回避するために自分の弱さや悩みを誰かに話すことは大切です。 誰でもいいのでどこかに自分の問題を打ち明ける場所を作りましょう。 話をすることで心がスッキリするはずです。

様々な理由で仕事を辞めたい

仕事を辞めたいと思う理由は人それぞれ事情が違いますが、 上記で上げたどれかに一度は自分も感じた事があるのではないでしょうか?

誰だって楽をして収入を上げたいと思っています。 しかしそうもいかずに現実を受け入れて毎日必死に働き続けているでしょう。

仕事を辞めることは悪いことではありません。 自分の生活をより豊かにするために、自分にとって最善の職場を探すことは当たり前です。

しかし不満があるからと勢いだけで仕事を辞めるのではなく、計画的に実行した方があなたのためになります。 どうすれば今の状態はら抜け出せるのかを考えてから行動してください。