転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

仕事 職場に飽きたなら仕事を辞めて転職してもいい

仕事 職場に飽きた!仕事を辞めて転職してもいい

毎日同じような仕事を続けていると飽きていきます。 変化がないと何年も続けることが辛くなり、どうしてもやる気が失われます。 しかし、仕事に飽きることは悪いことではありません。 誰だって職場に飽きてしまい、どうしたらいいのか悩むでしょう。 そこで、このページでは仕事や職場に飽きた原因や、対処法について説明していきます。

仕事 職場に飽きる原因

仕事や職場に飽きる原因は人それぞれです。 仕事が楽しくて仕方が無い人はそれ程多くはありません。 そこで、実際にどんな理由で飽きてしまうのかまとめてみました。

同じ仕事の繰り返し

仕事内容が同じで、毎日繰り返しの作業が中心だと飽きてしまいます。 働き出した頃は新しいことを覚えるので飽きることはありませんが、 一度覚えたらそれを続けるだけでいい場合は、数年で飽きるでしょう。

特に工場などの繰り返し作業が続く仕事は飽きやすくて、時間が経つのも遅く感じてしまいます。 私も、とある病院で患者さんの食事の配膳をしていたんですが、 盛り付けなどの流れ作業が中心で働き出した数ヶ月は大変ですが、 慣れてしまうと時間が経つのがとても遅く感じていました。

毎日時計を見ながら数十分しか時間が過ぎていないと、とてもだるくなってやる気も起きません。 そのため、病院の仕事は数ヶ月で辞めてしまいました。 人によっては同じ作業の繰り返しの方が楽に感じるようですが、私の場合は違いました。 ある程度の刺激がないと長続きしない人は、同じ仕事の繰り返しはとても辛くなります。

職場が苦手

職場が苦手な場合も飽きてしまって、辞めたいと思うことがあります。 職場が苦手というのは仕事内容もそうですが、 一緒に働く人が苦手だと、その職場自体が嫌になり飽きます。

苦手な人がいると毎日顔を合わせるのが辛いし、何よりストレスになります。 また、接客が苦手なのに接客業をしていたり、PCが苦手なのにデスクワークが中心だったりと、 自分の苦手なことを仕事にしていると飽きやすくなります。

好きな仕事ができたらそれが一番良いんですが、ほとんどの人はお金を稼ぐために働いています。 そのため、仕事内容よりも安定して給料がもらえる仕事を選びがちになります。 その結果、苦手な仕事を続けていると飽きやすくなってしまいます。

刺激が少ない

同じ仕事の繰り返しと似ていますが、仕事にやりがいや刺激がないと毎日が退屈になります。 新しいことも覚える必要が無く、何のために働いているのか分からなくなってしまいます。

もちろん、働く理由のほとんどがお金のためですが、適度な刺激があったほうが仕事は長続きします。 それがないと、早い段階で飽きてしまって、最悪の場合は転職をする事だってあります。

仕事に飽きた時の対処法

仕事に飽きてしまった場合、その職場で働き続けるのが辛くなります。 しかし、転職も面倒だし、できればこのまま働き続けたい場合はどうすればいいのか。 仕事に飽きた時の対処法について説明します。

楽しさを探す

無理にでも今の仕事で楽しさを探すのは効果があります。 例えば、職場の人間関係をもっと深くしたり、仕事の後の飲み会などをしてみたりと、 同じ職場の仲間との交流を増やすと効果があります。

ただし、職場の人間関係が悪い場合は意味がありません。 そういった場合は、給与など生活のためと割り切って働くしかないかもしれません。 一時仕事に飽きただけで、さらに続けていればあまり気にならなくなる可能性だってあります。

新しいことにチャレンジ

新しいことにチャレンジするというのは、会社によってできない場合がありますが、 新しい刺激を受けるとやりがいも出て、仕事が楽しくなる可能性もあります。 なにか新規事業の提案をしてみたり、仕事の効率を上げる方法を考えてみたりと、 自分なりにチャレンジしてみるのもいいでしょう。

ただ、新しいことにチャレンジする場合は、上司などの人間関係が良好で、 尚且つ提案を受け入れられる環境でないと難しいかもしれません。 毎日同じような作業をしている場合は、そういった提案もしづらくて結局何も始められない可能性もあります。

新しいことにチャレンジするのは言葉で言うのは簡単ですが、 それを実行するのは難しいので現実的ではないのかもしれません。 しかし、自分だけでもやり方を変えるなり、何か変化を加えると仕事に刺激が加わり、飽きなくなっていきます。 そのため、小さいことでもいいので、いつもと違ったやり方をしてみるのもひとつの方法です。

諦める

仕事に飽きたとしても、仕事は生活するために給与をもらうだけの物と考えて諦めることも必要です。 仕事が楽しくて働いている人は少数で、飽きていない人の方が少ないのではないでしょうか? そのため、飽きようが何だろうが、仕事=お金と割り切って働くのもいいでしょう。

我慢し続けて割り切って働いている人の方が多いので、仕事や職場に飽きた人はあなただけではありません。 そのため、深く考えずに淡々と仕事を続けるのも悪いわけではありません。

転職をする

どうしても仕事や職場に飽きてしまって、我慢できない場合は転職するしかありません。 今の職場で改善ができないのであれば、我慢して働き続けるか転職するかの2拓になります。 そのため、今の状況に限界を感じているなら、最終手段は転職です。

転職自体は決して悪いことではありません。 刺激を求めたり新しいことに挑戦したりと、自分をレベルアップさせたいという気持ちも分かります。 むしろそっちの方が健全で、新しい仕事に就ければやりがいも上がるし、給与も増える可能性だってあります。 そのため、現状に飽きたなら転職も視野に入れた方がいいでしょう。

仕事 職場に飽きたら転職

仕事や職場に飽きたら最終的には転職するしかありません。 そこで、本当に転職を考える場合、何に気をつけたらいいのかを説明します。

勢いで転職しない

いくら仕事が飽きたかたといって、いきなり仕事を辞めるのは良くありません。 何事も準備が必要です。まずは、転職活動の準備から始めるのがいいでしょう。 先に仕事を辞めてしまうと、収入がなくなってしまいます。

そのため、計画を立てて転職活動をしないといけません。 まずは、求人を探して履歴書などの書類の作成から取り掛かってください。 最低限の準備をして転職活動しないと、転職先は決まりません。 何よりも、転職先が決まっていないのに、今の会社を辞めるのだけはしない方がいいでしょう。

キャリアを見つめ直す

自分のキャリアを見つめ直してください。 今までの実績や経験など、スキルを書き出して、今のレベルで本当に転職できるのかどうかを考えましょう。 年齢やスキルによって転職が厳しい場合があるため、一度振り返って自分の状況を再確認する必要があります。

それができないと、転職活動しても中々採用されません。 仕事に飽きたのなら、同じ業界に入ればまた同じような悩みを抱える心配があります。 そのため、転職先を未経験の業界にするのか、それとも今までの経験を活かした転職先を探すのかをしっかりと考えましょう。

やりたい仕事はある?

今の仕事以外にやりたい仕事はありますか?あるのなら、その業界へ飛び込んでもいいですが、 年齢によっては未経験の業界は転職しづらくなるため、その業界のことをしっかりと調べないといけません。 また、同じ業界だったとしても本当に転職できるのか、 仕事内容はどうなっているのかを入念に調べておかないと、また仕事に飽きてしまいます。

そうなると転職しても意味がないので、 本当に次の転職先では、仕事が飽きないで続けることができるのかを考えてください。 また、やりたい仕事があるなら、その業界で自分が採用されるのかを調べる必要があります。 もし無理そうなら、同じ業界か関係がある仕事を選んで転職活動した方が、採用率は上がります。

仕事や職場に飽きて転職活動するのは構いませんが、本当に転職できるのか、 転職できたとしても飽きないで続けることができるのかを冷静に分析してください。 勢いだけの転職では必ず後悔します。

転職が不安で一歩を踏み出せない?

転職をしたくても不安で一歩を踏み出せない人は、転職する意味を思い出してください。 転職は誰だって不安ですが、転職する理由をしっかりとまとめることで、 前に向かって進んでいくことができます。

転職する理由を考える

転職をしようと考える理由は何ですか? 転職を考えるからには、それなりの理由があるはずです。 今よりも転職後のことを考えて、新しい仕事で楽しく過ごしているイメージを持つと、 転職活動が前向きになります。

転職する理由が多ければ多いほど、転職をしたくなります。 一度、転職する理由を書き出して、自分でまとめてみるのもいいでしょう。 そうすれば、本当に転職した方が良いのか、今のままでも問題ないのかがハッキリします。

現状に満足できるかどうか

仕事や職場に飽きたなど、今の状態がどれだけ辛いのかを思い出してください。 それでも耐えられそうであれば、無理をして転職をする必要はありません。 現状に限界を感じているなら、転職活動をしましょう。

今の問題と転職活動の負担を比較して、それでも現状に満足できるなら転職活動をする必要はありません。 どんな仕事でも何かしらの不満はあります。 その不満が転職することで改善されるなら、転職をしてもいいのではないでしょうか?

転職できるか不安?

転職は手間や時間が必要です。 転職できるのかが不安で、転職をしたくても転職の辛さを考えると戸惑ってしまいます。 ほとんどの人は数ヶ月も転職活動をしなくてはいけません。 それを分かっているから、転職が不安で一歩を踏み出せないのでは無いでしょうか?

もし転職できるのか不安であれば、 転職をサポートしてくれる、転職エージェントを利用するのもひとつの方法です。 転職エージェントは様々なサポートをしてくれるので、転職活動が楽になります。 転職エージェントについては、最後の方で詳しく説明しています。

転職のサポートを受けてみる

仕事や職場に飽きたとしても転職できるのか不安であれば、 転職エージェントを利用することで、その不安を解消することができます。 実際に転職エージェントを利用すると、何が良いのかを説明していきます。

転職エージェントとは

転職エージェントとは、一言で言うとあなたの転職をサポートしてくれるサイトのことです。 具体的なサポートの流れは、登録をするとあなたを担当するエージェントから連絡があり、実際に面談を行います。 そして、転職をする理由や今までの経験、転職希望条件などをヒアリングします。

その後、転職エージェント側が、その希望に沿った求人を探して紹介してくれます。 そのため、自分で求人を探す手間がいりません。 あなたは待っているだけなので、毎日求人をチェックする必要が無いんです。

また、書類選考で必要な履歴書や職務経歴書などの添削もしてくれる為、 書類作成が苦手な人でも簡単に作成することができます。 他にも面接対策や場合によっては模擬面接もしてくれるので、 自分一人で転職活動するよりも、手間と時間を最小限に抑えて、しかも採用率も上げることができます。

市場価値を知れる

転職エージェントんのヒアリングで、自分の経験や実績を説明します。 すると、エージェント側は、あなたの現在の市場価値を教えてくれます。 転職エージェントは、あらゆる業種の転職事情を知っています。 しかも長年の転職成功実績から、どんな人材が求められているのか、 どういうスキルがあると転職成功率が高いのかを知っています。

そういった蓄積されたデータとあなたの実力を照らし合わせて、 現状でのあなたの市場価値を教えてくれます。 そのため、転職先選びでも自分の市場価値に合わせた転職先を紹介してくれるため、転職の成功率が高くなります。

費用などは必要なし

転職エージェントを利用すると転職活動が楽になり、希望する条件の転職先へ転職できる可能性が高くなります。 そのため、最近は転職活動する人の多くが、こういった転職エージェントを利用しています。 しかし、一度も利用したことが無い人は、転職エージェントは「費用が高いのでは?」と思っているようです。 実はこういった転職エージェントは完全無料で利用できます。

転職が成功しても費用は発生しないため、無料で転職のサポートを受けられます。 無料で利用できる理由は、転職エージェントは、求人を掲載している企業に人材を紹介すると紹介料が入ります。 そのため、転職をしたいあなたは、お金を払う必要が無いんです。 転職エージェント側も、人材を紹介して転職が成功しないと利益にならないので、 あなたの転職を全力でサポートしてくれるわけです。

おすすめの転職エージェント

転職エージェントを利用した方が、転職活動が楽になるだけでなく、 自分の今の市場価値が知れて、しかも希望する転職条件の求人を探しやすいので、 転職が不安で一歩を踏み出せないなら、一度登録して利用してみてはどうですか? もし、転職エージェントに興味があるなら、 【おすすめ転職エージェントを徹底比較!本当に役立つ転職エージェントとは】を ご覧ください。