転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

志望動機の書き方!転職先で好印象を与える内容

志望動機の書き方!転職先で好印象を与える内容

転職する上で必ず必要なのが履歴書や職務経歴書ですがその中でも志望動機は重要です。

志望動機によって応募先の企業に転職できるかどうかが決まるため、志望動機を書く上での意識すべきポイントや要点を掴んで、転職活動を成功させる志望動機の書き方を学んでください。 また書いてはいけないNG志望動機も合わせて紹介します。

志望動機は何故必要?

志望動機が必要な理由は応募先の企業がどうして当社で働きたいのかを知りたいからです。

応募する側は複数の企業に同時に応募することはよくあるので志望動機も使いまわせるように、 無難な志望動機にしている人もいますがそれはおすすめしません。

できれば応募す企業ごとにその会社の特徴を調べて、「自分はこういった理由で御社に入りたいです」 と志望動機を作るようにしてください。

企業側も志望動機が使い回しのなのかどうかが分かるため、その企業にしかないサービスや製品を元にして志望動機を作成しましょう。

志望動機ひとつで印象が変わるので、面倒でも一社ごとに準備をする必要があります。

書き方のポイント

志望動機は必ず面接でも聞かれます。 それを踏まえた上で書いていくと同時に、その志望動機に対する質問の対策をするのがいいでしょう。

企業のことを理解しているか

応募した企業をどこまで理解しているのかが需要です。 例えば商品やサービス、将来性、企業理念などを元に志望動機を考えてください。

ただし商品やサービスについての志望動機は誰でも考えてくるのでそれだけでは不十分です。プラスで自分オリジナルの志望動機を作りましょう。熱意や自分らしさを伝えるようにしてください。

今までの経験や知識を知る

自分の今までの経験を元にして、「応募企業に入ればこんな活躍ができます」と」アピールしましょう。 自分の強みや経験は転職で有利になります。 今まで自分がしてきたことを積極的に伝えてください。

体験と改善を提案する

何故応募企業に入りたいかを自分の体験を元にして語る方法もあります。 例えば、「御社の商品を初めて使ったときとても使いやすかったので今でも利用しています。」 など、よくある例ですが決して悪いわけではありません。

ただし、「使い勝手」はよくある志望動機なので具体的にどこが良かったのか、 「自分ならこうしたやり方で改善できます」など分析と提案までできると良いでしょう。

そうすれば応募企業も自社の製品について詳しく知っているなと思ってプラス評価になります。

将来のビジョンを明確に

採用担当者は経験やスキルを採用判断にするのは当然ですが、それ以外に長く勤めてくれるのかどうかを考えます。 働き出してからすぐに辞めてしまうと企業にとってリスクになり、また新しい人材を確保するために時間とお金を使わなければいけません。

そのため志望動機と合わせて自分がどうなりたいのか、採用してもらえたら 将来はこうなりたいなど、明確なビジョンがあると企業側も採用したらメリットがありそうだと判断してくれます。

NG志望動機

志望動機は入社する上で採用判断の材料として有効ですが、 間違った志望動機だと不採用になることもあります。

人事担当者がNGだと思う志望動機を紹介します。

中身のない志望動機

上記でも説明しましたが、志望動機が漠然としていて使い回しができる内容だと採用する側も戸惑います。

何故その会社に入りたいのかを、しっかりと説明できる志望動機でないと採用される可能性は下がります。 しっかりと応募する企業について調べる必要があります。

スキルアップをしたい

スキルアップ自体は悪いことではありません。 自分のレベルをもっと上げたいと思うのは、企業側にとってもメリットがあります。

しかし、あまりにも「勉強したいから」とか「最初から学びたい」など、自分中心で 企業に貢献する気持ちが見えないと採用をためらうこともあります。

熱意をアピールするのはいいですが、採用担当者がこの人を雇ったら会社に貢献してくれそうだと思わせないといけません。 「自分を雇えば会社にこんな貢献ができます」とアピールして、 「足りない部分は勉強してスキルアップしていきたい」といった感じにすれば少しはマシになります。

最初から研修や勉強ありきで自分から学ぶ姿勢が見られないと採用されません。

地理的な理由

よく自宅から会社が遠かったのでもっと近い職場が良かったからと言う人がいますが、 採用側からしたらそんな理由で応募されても困ります。

通勤時間のせいで転職をする人も多いようですが、 本当の理由だとしてもそこは伏せて別の志望動機を伝えないと不採用になる確率は高いです。

志望動機ひとつで印象が変わる

志望動機は採用判断として重要なため話を盛って書く人もいます。 しかし良い印象を与えようとしてすぐバレる嘘を書くのはやめましょう。

採用担当者が基準にするのは「会社に貢献できるかどうか」「長く働いてくれるのか」「どうして当社を選んだのか」の3つです。 この3つの理由を元に志望動機を作成して、さらに熱意をプラスできれば採用される可能性はあります。

できれば本当の理由を書いた方が良いですが「自宅から近い」とか「何となく応募しようと思った」などが本音であれば、 その部分は隠した方が無難です。

志望動機は書き方一つで相手に与える印象を変えることができます。 これは良い面でもあり悪い面でもあります。 少しでも疑問に思うような志望動機だと採用に響きますが、逆に雇いたいと思う内容だと採用される可能性は上がります。

伝え方次第でどうにでもなるのが志望動機です。 そのことを考えた上で志望動機を作成しましょう。

採用側がどんな人材だと雇いたいと思うのかを先に考えていけば、 今までの自分のスキルや実績と合わせて志望動機を作ることができるはずです。