転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

転職活動でポートフォリオを作るのが面倒で分からなくて悩む人へ

転職活動でポートフォリオを作るのが面倒で分からなくて悩む人へ

Webデザイナーの転職活動で、絶対に必要になるのがポートフォリオです。 しかし、ポートフォリオは作るのが面倒で、具体的にどうしたらいいのか悩む人もたくさんいます。 そこで、ポートフォリオを作る手間を、できるだけ抑える方法を説明します。

ポートフォリオの内容で採用されるか決まる

Webデザイナーとして転職を成功させるには、ポートフォリオが重要になります。 今までどんなことをしてきたのかを相手に伝えるために必要です。 私もWebデザイナーとして転職活動をするときに、ポートフォリオを作成しますが、これがかなり面倒くさいです。 正直適当に作成したこともあります。 しかし、中途半端なポートフォリオは印象も悪く、まったく採用されませんでした。

採用する側は、採用基準としてポートフォリオの内容をかなり重視します。 そのため、自分の実力を知ってもらうために何ができるのか、 どんなデザインセンスをしているのかをしっかりと伝えないといけません。 それだけ、Webデザイナーにとってポートフォリオは、採用されるために必要な材料になります。

何を伝えるかが重要

ポートフォリオで重要なのは、「自己紹介」「作品」「将来のビジョン」をしっかりと示す必要があります。

自己紹介

自己紹介とは、今までどんなことを経験したのかを伝えます。 担当した業務や作品を詳しく伝え、自分が今までに得た経験などを知ってもらいます。 また、ソフトは何が使用できるるのかも伝える必要があります。 自己紹介は、あなたの基本的な情報を伝えるのが目的です。 採用側は、自社に必要な人材なのかを判断するために経験してきたことを知りたいのです。 そのため、ただ経験した内容を書くだけでなく、その仕事に携わって具体的にどんな経験を得たのかを伝えるようにしましょう。

作品

作品とは、今までどんなデザインを手がけてきたのかを見ます。 当然デザイナーであれば、どんなデザインを作ってきたのかを知りたいので、採用基準としても重要な部分になります。 また作品ごとに、どんなコンセプトで作成したのかを合わせて伝えるといいでしょう。

将来のビジョン

自分が今後どんな風になりたいのか、明確なビジョンを伝えることが必要です。 ただなんとなく転職を考えているなら、しっかりとした目標を考えないといけません。 転職の目的が人間関係や残業、収入だったとしても、そういったことは伝えない方が無難です。 そのため、自分がなりたい将来をしっかりと考えるようにしましょう。

ポートフォリオで重要なのは、大きく分けてこの3つになります。 しかし、さらに細かく細分化して作る必要があるため、ポートフォリオを作るのは大変です。

ポートフォリオは転職を有利にする

ポートフォリオを作ると何が良いのか、 ポートフォリオを作る理由と転職活動の関係を説明します。

絶好のアピール手段

ポートフォリオは、あなたのスキルをアピールする手段です。 職務経歴書と同じように、今までの経験や実績を伝えることで、採用側が興味を持ってくれるようにします。 あなたを採用すると、どんなメリットがあるのかを伝えられれば、転職成功率が上がります。

そのため、応募する企業ごとにポートフォリオを作り変えて、 その企業に合わせたポートフォリオを作成してください。 基本的な部分は使い回しでも構いませんが、応募企業が行っている事業などに、 どう役に立つのかをアピールするようにしましょう。

中途半端は厳禁

ポートフォリオを作成するのはかなり大変です。 そのため、よくあるような無難なポートフォリオになりがちですが、中途半端は厳禁です。 採用側はポートフォリオを重視します。 ちゃんと作り込んでいるのかもチェックしているので、 面倒でも自分なりにオリジナリティあるポートフォリオを作ってください。

採用側はポートフォリオを見慣れているため、 誰もが驚くような経験やスキルがあるならまだしも、 ただ実績などを並べただけではあまり興味を示さないかもしれません。 そのため、ネットなどを参考にしながら、自分なりの考えも入れた作り方にしないと意味がありません。

ポートフォリオは自己分析

ポートフォリオは採用側に見てもらうためのものですが、 実は自分のスキルを再確認する手段でもあります。 自分の経歴をまとめると、客観的に自分の実力や才能が分かっていきます。 そこから新たに自分のアピールポイントを探すこともできます。

また、スキルが足りないと認識するかもしれません。 そういった場合は、足りない部分を補うような何かを、自分で考えられるようにもなります。 そのため、ポートフォリオを作るのが大変でも、自分と向き合ってしっかりと作り込んでいくようにしてください。

 

ポートフォリオの必要性

ポートフォリオは何故必要なのか、その理由についてまとめてみました。 転職活動でポートフォリオの重要性を認識して、今後の転職活動に役立ててください。

スキルが分かる

先程も説明しましたが、ポートフォリオをまとめると自分のスキルを再認識できます。 自分のアピールポイントや足りないスキルも認識できるため、客観的に自分を判断できるようになります。 自分自身の実力は漠然としていることが多く、 ポートフォリオをしっかりと作り込んでいく過程で、再認識できるようになります。

ポートフォリオを元に面接

ポートフォリオに書かれている内容を元にして面接を行うため、 相手企業が興味を示した部分についての質問が多くなります。 当然興味を示してもらわないと、面接に進まないこともあるので、しっかりと作成しないといけません。 また、簡単な書類選考だけで、面接の時に初めてポートフォリオを提出する場合も、 ポートフォリオの内容を中心に面接を行います。 面接ではポートフォリオの内容を元にした質問が、60~70%にもなるのでとても重要です。

マーケティング能力もチェック

採用側はポートフォリオを、どういう風に作成しているのかもチェックします。 これは、相手に伝えやすい書き方をしているのか、うまくまとめることができているのかを判断しています。 マーケティングなどで、相手に伝える能力があるのかもチェックしている場合があるので、 ただ経歴をまとめるだけだと反応が悪いかもしれません。 そのため、相手が読みやすいのか、伝えたいことをしっかりと伝えることができるのかも考えて、 作成する必要があります。

ポートフォリオは面倒

いざ、転職活動をする上で、最初の一歩として、ポートフォリオの作成に取り掛かりますが、 私の場合は途中で諦めることが多く、どうしても納得できるポートフォリオを作成できません。 「まぁこれでいいか」なんて考えてしまい、無難なポートフォリオになってしまいます。 それでも、うまくいけば採用されることはありますが、採用率としてはかなり低いのではないでしょうか?

ほかのWebデザイナーさんは、どんなポートフォリオを作っているのかいつも気になります。 ネットでポートフォリオの書き方をアドバイスしているページを見かけますが、いつも途中で見るのを止めてしまいます。
持続力が全然足りない・・・・

でもこれって、他のWebデザイナーさんにとっても同じなんじゃないでしょうかね? 絶対私だけじゃないはずです!!!

そもそもこのページを見ている人は、同じ悩みを抱えているから見てるんですよね? 転職活動する上での、Webデザイナーの悩みあるあるではないでしょうか。

ポートフォリオの作成のアドバイスを受ける

ポートフォリオを作成するのが苦手なWebデザイナーさんは、私を含めて大勢いると思っています。 どこかのサイトでポートフォリオの書き方を調べて、自分なりに作成しているはずです。 しかし、完成しても本当にこれで大丈夫なのか不安に感じませんか? 私はこれで本当に採用されるのか、いつも悩んでしまいます。

自分の力だけでは限界

頑張ってポートフォリオを作っても、自分の力だけでは限界です。 何回も転職活動に成功している人ならともかく、初めて転職する人や数回しか転職経験がない場合は、 ポートフォリオを作成するのは正直苦痛です。 しかも、本当に採用したいと思わせる書き方ができているのか、悩む人もたくさんいるでしょう。 もしポートフォリオの作成が苦手で、どうしたらいのか分からないなら、 デザイナー専門の転職エージェントを利用する方法もあります。

転職エージェントでポートフォリオのアドバイス

転職エージェントの中には、ポートフォリオの添削やアドバイスをしてくる所があります。 そういったサイトを利用することで、ポートフォリオの手間を減らすことができます。 何より、自分で作るよりも採用される可能性が高くなるため、 どういった書き方が採用者の心を掴むのか、注目される書き方をアドバイスしてくれるので助かります。

ポートフォリオの添削とは

転職エージェントのポートフォリオの添削とは、単純にどういったこと書いていけばいいのかを教えてくれます。 転職エージェントは長年、転職のアドバイスをしているので実績が豊富です。 そのため、採用側がこの人材を欲しいと思わせるテクニックをアドバイスしてくれます。

・ポートフォリオのまとめ方がわからない
・作成する時の注意点とは
・採用担当者は何に注目しているのか
・アピールポイントはどうするべきか
・転職活動の経験が少なくて不安

など、これらの悩みを解消することができます。 もしポートフォリオの書き方で悩んでいるなら、転職エージェントを利用するのもひとつの方法です。 しかも一対一の対面で、じっくりとサポートしてくれるので、自分では分からなかったアピールポイントに気付くことができます。 また、デザイナー専門の転職エージェントは、その業界について詳しいので、 ポートフォリオに限らずに、転職に関する様々なアドバイスを受けられて、しかもすべて無料で利用できます。