転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

人間関係のいい職場!簡単に見つける方法は?

人間関係のいい職場!簡単に見つける方法は?

転職先を選ぶ条件のひとつに「人間関係のいい職場」で働きたいと考えている人はたくさんいます。 働く上で人間関係が良いとストレスを感じにくいし、そういった職場なら長く働くことができます。 職場は平日のほとんどを過ごす場所のため、人間関係が悪いとそれだけで気分が落ち込みます。 そのため、今の職場の人間関係が悪かったり、転職先の人間関係が悪かったりするとがっかりします。

そこで転職活動で「人間関係のいい職場」を簡単に見つける方法など、失敗しない転職先の探し方を説明します。 人間関係で失敗しないで、転職のリスクを軽減できれば転職後の後悔は少なく済みます。

人間関係のいい職場とは

まずは「人間関係のいい職場」とはどういった職場なのかを説明します。

従業員の仲が良い

人間関係のいい職場といえば第一に、従業員の仲が良いことが上げられます。 社員同士のコミュニケーションがしっかりと取れて、職場の雰囲気がよければ働きやすい環境と言えます。 仕事でも分からない事を教え合ったり、お互いを助け合ったりと仕事でプラスになります。 従業員の仲が良いということは、会社としても事業を円滑に進めることができるため、 安定した売り上げを上げていることが多いのが特徴です。

お互いを助け合う

従業員の仲が良いのと同じですが、自分の弱点をカバーできたり他の人が困っている場合は助けたりして、 お互いを尊重することができます。 疑問や問題を自分だけで抱えることが少なくなるため、スキルも身についていきます。

相手を尊重できる

例えば、急な病気や身内の不幸などで休みを取るのも簡単で、 相手の立場になって考えることができると、働きやすい職場と言えます。 また、有給休暇も取得しやすく、自分だけでなく相手を尊重できる職場は、人間関係のいい職場と言えます。

人間関係の悪い職場とは

「人間関係の悪い職場」とはどういった職場なのかを説明します。

従業員の仲が悪い

従業員同士の仲が悪くて、文句を言ったりいじめをしていたりと、 職場の雰囲気が悪くてその場にいるだけで、気分が悪くなります。 コミュニケーションも悪いため、仕事に影響が出てしって業績も悪くなります。 気軽に話せる状況ではないのでそんな職場は最悪です。

相手の足を引っ張る

陰で悪口を言ったり、ありもしない噂を流されたりと、相手の足を引っ張るような人とは関わりたくありません。 こういったひとが職場に一人でもいると、仕事もしづらくて毎日働くのが苦痛です。

イライラしている

何に対しても怒ってイライラしている人は、近寄りたくありません。 そういった人がいると、話しかけるのも気をつける必要があり、 無駄な気遣いをしなくてはいけないためとても面倒です。 何で怒っているのか分からず、時限爆弾のような人は関わりたくありません。

実際に体験した人間関係の悪い職場

人間関係のいい職場は、それだけで職場の雰囲気がよくて働きやすい環境です。 無駄に人間関係で悩む必要がないため、仕事もしやすくてスキルを効果的に上げて実績作りもできます。

私が昔働いていた会社は表向きは仲が良かったんですが、 影で悪口を言っていてお互いをけなしていたため、自分も悪口を言われているんだろうなと感じました。 そう思っているだけでも、無駄な気を使ってしまい精神的に疲れてしまいます。

また、陰口だけでなく仕事のやり方などで、文句を直接言われたこともあります。 しかも「おまえムカつくんだよ」とハッキリと言われたので、何年も前のことですが今だに覚えています。 改善点などを言うわけではなく、ただ「ムカつく」と言われるとこっちもムカつきます。

まぁ私もそいつの考え方や思考が嫌いでしたけどね。 今までいろんな人と出会ってきて、ここまで話がかみ合わない人は初めてだったので、会話するのも苦労しました。 そんな人に「おまえムカつくんだよ」と言われた時の怒りは、今でもおさまりません。 というか、改めて思い出したらまたイライラしてきた。せっかくのクリスマスイヴなのに・・・・

愚痴ってしまいましたが、雰囲気が悪い職場だと本当に働きづらいです。 しかも一度怒鳴られると、もう真剣にそいつと仕事をする気すら起きません。 そのため、私と同じように職場の人間関係が悪い場合は、転職も視野に入れた方がいいです。 私も会社を辞めてから、精神的に余裕ができて今は楽しく過ごせています。

人間関係のいい職場で働きたい

人間関係が悪い職場で働いている人は、もっと「人間関係のいい職場で働きたい」と願っているはずです。 しかし、願っているだけでは何時まで経っても、今の環境から抜け出せません。 転職して新しい職場で気分を一新して、ストレスの無い環境を早く手に入れることを願います。

私みたいに職場の人間関係が悪い職場で働いているとストレスがすごいです。 しかし、その環境から抜け出したときの開放感はハンパないです。 もう目の前が明るくなり、一気にストレスから開放されました。 今思えば何でもっと早く辞めなかったのか、疑問に思うほどです。

今の職場を辞めたいけど、一歩を踏み出せない人は勇気を出して転職活動をしてください。 もっと環境の良い職場はたくさんあります。 転職成功して人間関係のいい職場で働いたときの快感は最高ですよ。

人間関係のいい職場を見つける方法

人間関係のいい職場で働きたいと思うのは当然です。 しかし、いざ転職を考えて求人を見ても、人間関係のいい職場かどうかを判断するのは難しいです。 しかし、完璧ではないにしても、ある程度は人間関係のいい職場を見極める方法はあります。

まず、求人を長い間チェックしていると、常に同じ会社が求人を掲載していることがあります。 こういった会社は気をつけてください。 求人を常に出している会社は、給与などの待遇が悪いか、人間関係がよくなくて退職者が多い可能性があります。 また、「風通しの良い環境」や「アットホームな職場」などのキャッチコピーは怪しいです。 本当に「風通しの良い環境」や「アットホームな職場」の可能性もありますが、 そういう会社への応募は控えた方がいいでしょう。 そういったキャッチコピーを書かないと応募者が集まってこないか、他に売りにする文句がないためと考えてください。

また、応募したい会社の口コミを探して、チェックするのもおすすめです。 実際に働いていた人の生の声を知ることができるので、必ずチェックするようにしてください。

その他の方法としては、転職エージェントを利用するのもおすすめです。 何故なら、転職エージェントは、保有している会社の内部情報も把握していることが多いため、 本来なら外部の人間が知ることができない、人間関係も把握しています。 そのため、転職エージェントから紹介された求人に応募して採用されても、 転職後に人間関係で苦労することが少なくなります。

人間関係のいい職場を探す

転職活動でなるべく自分の手間をかけずに、人間関係のいい職場を探す方法は転職エージェントを利用することです。 上記で述べた通り、転職エージェントは保有している会社の内部情報も把握しているので、 人間関係についてもる程度の情報を持っています。 そのため、転職後の後悔が少なくなります。 実際には転職エージェントを利用する場合は、担当者に人間関係で苦労したことを伝えれば、 人間関係のいい求人を紹介してくれます。