転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

【仕事・転職 体験談】マクドナルドの就職活動で不採用になるも復活して面接へ

【仕事・転職 体験談】マクドナルドの就職活動で不採用になるも復活して面接へ

昔の話ですがマクドナルドへの就職活動についてまとめました。 前回の続きなので「マクドナルドの就職説明会に私服で行きロッテリアを食す」 を見ていない人は先にそちらをご覧ください。

不採用になるが再度チャンスをもらえる

マクドナルドに応募したんですが、不採用のお手紙が届いたので、そのことをフランチャイズのオーナーに伝えました。 するとそのオーナーが、「もし本当にマクドナルドに就職したいなら推薦状を書くよ?」と言ってくれました。 そのオーナーは本部とも強いつながりがあり、結構な影響力があるようです。 それで私は「お願いします」と伝えました。

それからどれくらいの月日が経ったのか忘れましたが、 突然マクドナルドから連絡があり、書類選考をすっ飛ばして面接できることになりました。 面接はまた新宿の本社で行います。

ちょうどマネージャーの先輩が、私の面接日に本社に用があったため、 当日に本社の入るビルの一階で待ち合わせをすることになりました。 就職説明会で一緒に行った幼馴染とは別の人です。

面接日当日

面接当日、その日も私はアルバイトをしていました。 そして仕事をしながら面接対策をします。 例えば「1971年(昭和46年)に銀座に1号店をオープン」とか、創業者の名前などを紙に書いて働きながら見ていました。 周りの人も応援してくれていたため、仕事中に面接対策ができたんです。 しかし後で分かったんですが、こういった創業関係の暗記は面接ではまったく役に立ちませんでした。

そして仕事が終わるとスーツに身を包み、本社のある新宿へ向かいます。 もちろん今回はスーツです。さすがに私服では行きません。

本社ビルに到着すると、時間がかなり早かったため例のロッテリアへ入ります。 そこで食事を済ませてロッテリアの飲み物を片手に持ち、本社が入るビルの一階で待ち合わせをします。 一階は喫煙所や椅子があるため、結構まったりできました。 するとそこへ待ち合わせの約束をしていたマネージャーの先輩が現れます。 そして最初に一言「それはマズイだろ!!」

マクドナルドの就職の面接で、ロッテリアの飲み物を持って待機しているのは確かに変です。 しかし私もそこまでバカではありません。 マクドナルドの本社に入る時は、ロッテリアの飲み物は処分するつもりでした。

面接の時間が近づいてきたので、ロッテリアの飲み物はゴミ箱に捨て、エレベーターに乗り込みます。 本社のある階で降りると、先輩は別の方向へ進み、そこでお別れです。 私は反対側にある受付のようなところへ歩き、そこに電話がひとつあるだけ。 「御用のある方は1番を押してください」と書いてあったので、内線で1番を押し「面接で来た○○です」と伝えます。 すると受付の人が現れ、役員室のようなところへ案内されます。

少し待っていると、たぶんかなり偉い人?人事部なのか役員なのか分かりませんが、一人だけ入ってきました。 そして椅子に座り一言。

「君は一度不採用になったけどオーナーさんの推薦でこうして面接をすることになったわけだ」

と、ちょっと威圧的な発言をされました。 まぁ間違ってはいないんですけどね。 たぶんオーナーの顔を立てて面接をしているといった感じがします。

そしてさらに「たしか説明会のとき私服で茶髪だった子だよね?」とも言われ、 しっかりと覚えていたようです。ただ今回の面接ではスーツだし髪も黒く染めていたため、 「今はスーツだし髪も黒くなっているね」って言ってもらえました。

そのまま面接は進んでいきましたが、一番印象に残っているのは、 私は元々海外の映画やドラマが好きだったので、そういったテレビなどの演出系の専門学校に通っていました。 それで面接でも「なんでそういう道に進まないの?」と質問されました。

本音ではそういった業界は過酷だったため、仕事をするのは無理だなと思って、 最初から制作系の会社へはほとんど応募はせず、唯一応募したのはソニーミュージックにエントリーシートを送っただけ。 マクドナルドは仕事も慣れていたため、まぁ採用されればラッキー程度に考えていました。 しかし、それをそのまま話すわけにはいかず、

「映画は作るよりも見る方が好きだったみたいです」と、なんのフォローにもなっていない理由を述べました。 すると何故か相手は爆笑。意外と反応は良かったです。

他は面接でよくある質問をされ、なんとか無事に終わりました。 それからビルの一階に降りて先輩マネージャーと合流し、帰宅します。

面接結果

面接が終わってしばらくすると、マクドナルドから連絡がありました。 結果は不採用です。 また落ちてしまいました。そのことをオーナーに話すと、 もしよければフランチャイズの正社員として雇えるよ?と言ってもらい、 具体的な給与や休日などの説明をしてくれました。 そして私はこのオーナーの善意に対してお断りを伝えました。

バカだったんでしょう。

せっかくオーナーがマクドナルドのフランチャイズで、正社員として雇ってくれるというのに それを断るんですから。何を考えてたんでしょうかね? 就職の世話をいろいろとしてくれたのに、最終的に断るんですから。 それから私は長いフリーター生活を余儀なくされます。