転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

体調不良で転職しないといけない?休職して仕事を探す方法とは

体調不良で転職しないといけない?休職して仕事を探す方法とは

今の日本の社会には様々な問題があります。 特に体調不良が原因で、転職を余儀なくされる人は数多くいます。 しかし、転職先を探すには時間がかかるし、でも早く次の転職先を探したいしと、悩んでいる人もいるでしょう。 そこで、このページでは体調不良になった原因や、すぐに仕事を探す方法などを説明します。

体調不良になった原因

人それぞれ職場での悩みは違います。 まずは、何故体調不良になったのか、その原因をまとめてみました。

人間関係

体調不良になる原因で多いのが人間関係です。 職場には部下や上司、同僚と様々な立場の人がいます。 うまくコミュニケーションが取れているなら問題ありませんが、自分と合わない人がいるとそれだけでストレスになります。 そして悪化すると体調不良になり、最悪の場合は休職する事だってあります。 そのため、会社で働くなら人間関係はとても重要です。

病気が原因

持病など何かしらの病気を抱えていると、突然悪化して体調不良になります。 元々抱えている病気だと、自分でコントロールできない部分があり、難しいのでうまく付き合っていくしかありません。 後で詳しく書きますが、私も難病を抱えているので、体調不良になり休職することもあります。 だから病気などを抱えている人は、働き続けるのが難しいことも分かります。

家庭の事情

仕事と直接関係が無くても家庭の事情でストレスが重なり、体調不良になることもあります。 例えば、親との関係、配偶者との関係、子供との関係など、人に相談しにくい悩みがあると体調も悪くなっていきます。 そして、最悪の場合は休職する事だってあります。

プレッシャー

仕事のプレッシャーで体調不良になることもあります。 上司に怒られたり仕事でうまくいかなかったりと、結果を求められてそれが原因で体調を崩す人もいます。

体調不良になった原因は人それぞれ違いますが、ストレスが多い社会では誰だって体調不良になりえます。 今は大丈夫でも、上記のことが原因でいつ体を壊すか分かりません。 体調不良になった原因を簡単にまとめましたが、様々な悩みを抱えている人は多いと思います。 そのため、無理をせずに働くのが一番です。

体調不良で転職する人は多い

体調不良で転職を考える人はたくさんいます。 特に職場が原因だと、その会社を辞めて体調不良になった原因を排除するのが重要です。 そこで、体調不良で転職をする場合、どのようにして転職をするのかをまとめました。

休職して転職

体調不良で今の職場で働くのが難しい場合は、休職して転職するしかありません。 休職しているということは、時間に余裕ができるため、転職活動はしやすいのではないでしょうか? ただし、まずは体を休めて体調を回復させてから、転職活動するのがいいでしょう。 体調が悪いままだと、転職先が決まってもまた体調が悪化するかもしれないので、休める時に休むのが一番です。

働きながら転職

体調不良でも我慢して働き続けている人もいるでしょう。 その上、転職活動をするとなると、体の負担は相当なものになります。 様々なストレスが体調不良の原因になるため、できれば一旦体を休めてから転職活動した方がいいんですが、 転職先が決まらないと、体調不良の原因がいつまで経ってもなくならないため、難しいところです。 あえてアドバイスするなら休職できるなら休職して、それができないなら最短で転職先を探すしかありません。

休職して転職しようが働きながら転職しようが、転職活動は大変です。 できるなら休める時に休んだ方がいいんですが、気持ち的にはさっさと新しい転職先を探したいと思うのも分かります。 転職先が決まらないと、それがストレスで体調不良の原因にもなりますからね。

そこで最後の方で、できるだけ転職活動の負担を減らして、転職活動できる方法を説明します。 ある程度の負担を軽減できるため、これ以上体に大きな負担をかけないためにも、おすすめの方法です。

無理をして働く必要なし

何よりも体調不良になる原因は無理をしているからです。 体が悲鳴を上げているから、体のどこかにその異常が出てしまうのです。 一番良いいのは、体調不良になる原因を取り除くことですが、 例えば、ストレスなど会社の人間関係が原因であれば、休職などの方法がおすすめです。 このまま続けていても、さらに悪化するだけですからね。

問題なのは難病などの病気です。 これは、ストレスもひとつの原因ではありますが、病気が悪化してしまうと中々回復しづらいです。 そういった場合は、まずは病気を回復させることに専念するべきです。 病気が回復しないと転職できても、同じ理由で会社で働くのが難しくなります。

体調不良で辛い思いをしているなら、まずは無理をしないことです。 今まで頑張ってきたから、その代償として体調不良になっているんじゃないですか? できるならその原因を取り除くのが一番ですが、それが難しいのも社会人です。

今の会社に原因があるなら転職することで良くなります。 そういった場合は急いで転職するのがいいでしょう。 もし、難病などの病気系で苦しんでいるなら、何よりも体調を回復するのが先です。 体調が良くならないと転職しても意味がありません。 そういった場合は、思い切って休職や退職をすることも必要です。 収入の問題はあるかもしれませんが、これ以上体に負担をかけても意味がありません。 お金に余裕があるなら、ゆっくり休むことを優先するべきです。

私も難病だった

実は私も難病で仕事に影響が出たりもしました。 詳しい病名は伏せますが、そもそも難病になった原因はストレスです。 職場の人間関係が最悪で、かなりのストレスがありました。 それでも無理をして働き続けた結果、完治の難しい難病になってしまいました。

ストレスが大き過ぎたせいで免疫が弱ってしまってウィルス感染してしまい、詳しい検査をすると難病が発覚しました。 当時の担当医に半笑いで「これは難病ですね」って言われたことは今でも忘れません。

この病気は完治が難しくて原因も不明のため、症状を和らげる薬しかありません。 ストレスを受けると悪化してしまうため、無理をして働くのが難しくなります。 ただし、ストレスがまったく無い状況になれば症状もかなりよくなり、普通の人と変わらない生活ができます。

そのため、ストレスの原因である前の職場は、さっさちと辞めないといけませんでした。 今はストレスの現況である最悪な会社は辞めたので、病気の症状はかなり治まっています。

本当にムカついたのが、難病のことを会社の人間に話したんですが、 ある人が「何で難病になったの?」と笑いながら言いました。 そもそもストレスの原因がそいつだったので、「お前のせいだよ」言いたかったんですが、 それは今思い出してもイライラします。

とにかく私のようにストレスを受けていて体調不良になったり、なりそうだったりする場合は、 転職してストレスの原因を無くさないと私のように難病になり、 完治が難しい病気と向き合っていかなければいけなくなるかもしれません。

休職して転職する方法とは

体調不良で休職をして転職をする場合は、普通の転職とは少し違います。 まずは何よりも体調を回復させることです。 どんな会社も不健康な人間は雇いたくありません。 そのため、できることなら少しでも体調を良くしてから、転職活動するようにしてください。

しかし、転職先を早く決めたいと焦る人もいるでしょう。 転職も簡単ではないので、考えただけでもストレスになります。 もし転職活動が不安なら、転職をサポートしてくれるサービスを利用するのもひとつの方法です。

転職エージェントは転職活動に関する様々なことを支援してくれるので、転職活動が楽になります。 しかも、転職エージェントは求人先の内部情報も把握していて、 人間関係や実際の仕事の状況なども教えてくれます。 人間関係が原因で体調不良になってしまった人は、転職先の人間関係に敏感です。 しかし、自分では求人先の人間関係を調べることはできません。 それが転職エージェントなら分かるんです。 そのため、転職しても職場の環境で悩むことが少なくなります。

他にも履歴書の添削から面接のアドバイスなど、様々なサポートをしてくれます。 しかも、これだけのサポートしてくれるのに完全無料で利用できるので、 もし体調不良で休職して転職を考えているなら、転職エージェントはおすすめです。