転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

Webデザイナーの勤務時間や休日が少ない!不満なら転職すればいい

Webデザイナーの勤務時間や休日が少ないなら転職すればいい

基本的にWebデザイナーは過酷なため、勤務時間が長かったり休日が少なかったりします。 ただし、勤めている会社によって労働環境は大きく変わります。 そこで、実際にWebデザイナーの勤務時間や休日は少ないのか、説明していきます。

Webデザイナーの勤務時間や休日は

IT業界はその会社によってかなりの違いがるため、一概にWebデザイナーは労働環境が悪いとは言い切れません。 勤務時間が少なくて休日が多い場合と、まったくその逆の環境と、極端な環境が存在するのがWebデザイナーです。 しかし、どちらかというと勤務時間が長かったり休日が少なかったりする方が多いので、 Webデザイナーとして働いている人は過酷です。 そこで実際にどれくらいの勤務時間か、休日はどれくらいなのかを説明します。

勤務時間

Webデザイナーの勤務時間は長くなりがちですが、どんな仕事をしているかで大分変わっていきます。 例えば、自社でホームページを運営している会社は、更新作業がメインとなり納期なども基本的にありません。 どうしても間に合わない場合は残業をしますが、ある程度時間を調整しやすいため労働時間も管理しやすくなります。 その結果、勤務時間もそれほど長くはなりません。

しかし、クライアントなどを抱えている会社だと、どうしてもクライアントの要望を聞き入れて作業しないといけません。 納期までに終わらせたり、突発的な仕事を振られたりと時間に余裕がありません。 そのため、勤務時間も長くなり毎日残業をしている可能性があります。

自社でホームページを運営している会社は、残業時間が月に0~20時間程度で、 クライアントを多く抱えている会社だと、残業時間は月に20~60時間です。 そのため、なるべく勤務時間を少なめにしたいなら、クライアントを抱えていない会社への転職をおすすめします。

休日

休日についても自社でホームページを運営しているか、クライアントを多く抱えているかでかなり違いがあります。 自社でホームページを運営している場合は、土日祝日が休みになっていることが多く、 クライアントを抱えている場合は休日出勤もあります。

クライアントを多く抱えている会社でも、土日祝日が休みになっていることが多いですが、実際は休日も働いたりします。 また、休日をしっかりと取ろうとすると、普段の勤務時間が長くなり残業が多くなってしまいます。 そのため、外部のサイトをメインに制作していると、休みも取りづらくなります。

Webデザイナーは過酷な環境が多いかも

Webデザイナーの場合、どちらかというと過酷な環境が多い印象です。 何故かというと、近年ホームページの制作費は低くなっているので、 クライアントを多く抱えて仕事をしないと会社を維持できません。

新しいクライアントを探して数を増やしていかないといけなくなりますが、 制作費が落ちているから新しい人材も確保しにくいため、Webデザイナーは過酷になりがちです。

私の実体験

私が働いていた会社は、どちらかというと自社のホームページがメインで、 クライアントが少なかったため労働時間は少なく、ほとんど定時で帰れました。 しかし、突発的な仕事が入ると残業を余儀なくされることもあります。 残業時間は遅いと夜の23時くらいまでしていました。 もちろん毎日ではありませんが、仕事の内容やホームページのエラーなどで長い時間残業をすることもあります。

私がいつも嫌だったのが、ホームページをリニューアルして、システムもまったく新しく変える場合です。 事前にエラーチェックをしても、いざ変更すると何かしらのエラーが発生します。 そのため、ホームページを完全リニューアルするときは、金曜日は避けていました。 ホームページを切り替えた瞬間にエラーが出れば対処できますが、 いろいろと使っていく内に問題が出てくることもあるので、 金曜日に切り替えて土曜日に問題があると電話で呼び出されます。 そのため、大規模な変更をするときは、必ず月曜日に行うようにしていました。

いつもシステムなどを新しく切り替えるときはドキドキしていて、エラーがでると落ち込みます。 エラーの内容によっては、作業が何時間もかかることがあるので、その時は残業です。 自社のホームページがメインでも、残業をすることがあるため、 クライアントを多く抱えている会社は毎日のように残業していると思います。

勤務時間や休日が少ないなら転職すればいい

今Webデザイナーとして働いている人で、勤務時間が長く、休日が少なくて不満がるなら転職する方法もあります。 Webデザイナーの労働環境は過酷ですが、それは会社によって違います。 私が働いていた会社のように、ほぼ毎日定時で帰れる会社も存在します。

その会社がしている仕事の内容によって労働時間が変わるので、 もっと楽に働きたいなら、そういった会社へ転職すれば、残業が少なくて休日もしっかりと取れます。