転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

会社が合わないと思う理由と辞めて転職活動をする勇気

会社が合わないと思う理由とは

結構な人が今の会社に、何かしらの不満をもっていると思います。 では、会社が合わないと思っている人は、具体的にどんな理由があるのでしょうか?

会社が合わないと思う理由

会社で働いていて合わないな、と思う理由は人それぞれです。 では実際にどんな理由があるのか例を挙げてみました。

<h3上司や部下との人間関係>

よくある理由のひとつが会社の人間関係です。 上司の場合は、パワハラや理不尽なことを言われて働きづらいと感じたり、 部下なら、言う事を聞かないなど、様々な理由があるはずです。 また、同僚ともやりずらいと感じるかもしれません。

会社の人間関係で問題なのは意思の疎通です。 相手の言っていることが分からなかったり、 相手にうまく物事を伝えられなくて、ストレスを感じることが多いと思います。

残業などの労働環境

仕事の量が多くて毎日のように残業をしていると、何のために働いているのか分からなくなっていきます。 また、残業代がなかったり、福利厚生が不十分だと不満も溜まります。

人によっては、収入は少なくても良いから、残業を減らして労働時間を少なくしてもらった方が良いという人もいます。 それだけ、労働環境が悪いと、この会社は合わないと思うようになります。

仕事のやりがい

毎日同じような仕事で、新しいことをしないので飽きてしまうこともあります。 ある程度は仕事のやりがいも必要です。 同じような作業を何年も続けていくのは、苦痛でもあります。

ただし、人によっては、新しいことを覚えなくて済むため、その方が良いと感じる人もいます。

会社の将来性

会社の業績が悪くなってきて、このままだと倒産しそうな会社は働き続けるのが怖くなります。 将来性のある会社は、自分の生活にも直結するため、将来性の無い会社で働き続けることは難しくなります。

自分で環境を変える努力をする

もし会社が合わないと感じたら、自分でその環境を変える努力も必要です。

退職したくて会社のせいにしてない?

最初から退職したいがために、会社が合わないと理由付けしていませんか? 会社で働くなら、少なからず何かしらの不満はあります。

その不満は頑張れば乗り切ることもできるけど、 会社を辞めたいがために、会社のせいにしていませんか?

別に退職を考えるのが悪いわけではありませんが、 たいした理由も無く、転職を考えているなら、新しい職場で働いていても、 また同じような理由で、会社に不満を漏らしてしまうかも知れません。

自分で本当にやりたいことがあるなら、転職を考えても良いですが、 そうではないなら、今の環境を変えていく努力も必要です。

こんな理由なら転職してもいい

適当な理由で会社が合わないというわけではなく、ちゃんとした理由があるなら 退職しても問題ありません。

将来性が無い

会社の将来性が無い場合は、退職するのもひとつの方法です。 自分ひとりの力では、会社の将来性を変えることは難しいです。

業績が悪化しても、大した対策をせずに、今までと同じような働き方をしているなら、 その会社は辞めたほうがいいでしょう。

現状をしっかりと見極めて転職を考えることも必要です。

精神的なストレス

上司や同僚など、パワハラを日常的に受けて、精神的に参っている場合は、 無理をせずに転職を考えてください。

健康を害してからでは遅いので、そういった場合はすぐにでも転職活動することをおすすめします。

最終的に転職を考える

今の状況を改善するために、いろんな努力をしても駄目なら、 思い切って転職を考えてみるのも良いと思います。

自分では打開できない状況であれば、無理をして今の会社で働き続ける必要はありまん。

転職できるかどうかが不安なら、今の会社で働きながら転職活動すればいいので、 転職を支援してくれるサイトを利用する方法もあります。