転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

早く転職したい?転職を急ぐ理由は?短期間で転職できる方法

早く転職したい?転職を急ぐ理由は?短期間で転職できる方法

人間関係に疲れたとか労働環境が悪いとか、早く転職したいと思う理由は人それぞれです。 しかし早く転職したいからと言って、急いで転職先を探すのは危険です。 あくまで自分が納得できる転職先を探して転職するのがゴールなので、 短期間で転職できることが良いことではありません。 しかし、希望通りに短期間で納得できる転職をする方法もあります。 そこで、このページでは転職を急いでいる方のために、早く転職できる方法を説明します。

転職を急いでる理由は?

転職を急いでいる原因はなんですか? 転職は苦労もするし、転職できたとしても満足するとは限りません。 本当に転職をしないと解決できない問題なのかを、今一度振り返って考えてください。

今の会社に飽きた

長年同じ会社で働いていると仕事内容もマンネリ化して、飽きてしまうことがあります。 そのため、新しい刺激ややりがいを求めて、転職をしようと考えるようになります。 しかし「会社に飽きた」という理由で転職をしたいなら、転職を急ぐ必要はありません。

転職するにしても、じっくりと準備をしてからでも遅くはありません。 焦って中途半端な会社に転職しても、後で後悔することになります。 そのため、急いで転職をしようとしないで、 自分が納得できる転職先を、時間をかけて探しても良いのではないでしょうか?

職場の環境が悪い

職場の環境が悪いといってもその理由は様々あります。 例えば、残業や仕事内容などの労働環境が悪かったり、 上司などの人間関係が問題だったりと様々です。 職場の環境が悪い場合は改善が難しいため、転職することで解決することが多いです。

ストレスを抱えていると、早く転職したいと思うのは当然です。 イライラしながら働き続けるのは嫌ですよね。 そういった職場の環境が原因で、転職を急いでる人は多いのかもしれません。

会社が倒産する?

会社が倒産すると知ったなら、急いで転職をしないといけません。 倒産してから転職活動しても、その間の収入はありません。 そのため、早く転職しようと急いでしまうのは分かります。

会社が倒産する場合は、今の会社のことは後に考えて、仕事中でも転職先を探してかまいません。 短期間で転職できないと困るのは自分です。 そのため、何が何でも転職先を決める努力をして下さい。

転職を急いでる理由は人によって違いますが、本当に急がないといけないのかを考えてから転職活動しましょう。 職場の環境が悪いとか、人間関係でストレスが多いとかの理由なら、 もう少し我慢をして、じっくりと転職先を探した方がいいと思います。 急いで転職しても結局また同じような不満を抱く可能性があります。

ただし、ストレスが凄すぎて健康に支障が出てきている場合や、 会社が倒産しそうな場合は急いで転職をした方がいいかもしれません。 今の状況が続くと大きな問題がある場合に限り、急いで転職するようにしましょう。 それ以外の理由なら、じっくりと転職活動して満足できる転職先を探した方がいいです。

早く転職したくても時間がかかる

早く転職したくても、数日で転職先が決まるわけではありません。 具体的にどんなことに時間がかかるのかをまとめてみました。

準備に数ヶ月

転職を成功させるためには、本格的に転職活動する前に準備をしないといけません。 例えば、履歴書や職務経歴書の作成です。 求人を探しながらでも構いませんが、気になる求人が見付かってすぐに応募しようとしても、 履歴書等が完成していないと応募すらできません。 そのため、先に書類を早く作成しておかないと、 せっかく良さそうな求人があっても書類選考で遅れる可能性があります。

職務経歴書は自分を相手に知ってもらうための書類です。 そのため、今までの経験や自己アピールなどで、相手企業が会ってみたいと思わせるような書き方をしないといけません。 自分の経歴をまとめてアピールを考えていかないといけないので、こういった書類の作成を中途半端にすると、 書類選考に通りません。そのため、じっくりと作成する必要があります。

本格的な転職活動をする前の準備として、1ヶ月程度、 人によっては2~3ヶ月くらい必要になりますが、妥協して作るのであれば1~2週間程度で済みます。 どちらにしても書類の作成はそれなりに時間をかけて作成しないといけないので、 転職を急いでいるなら、すぐにでも自分の経歴をまとめて、どういう風に作成するのかを考えておかないといけません。

転職活動で数ヶ月

転職活動でやることは、簡単に分けると「求人を探して、応募して、面接をする」です。 求人を探すのは人によってかける時間が全然違いますが、その日の内に気になる求人を見つけることもあります。 しかし、自分の条件に合わない求人ばかりだと、求人検索だけ数ヶ月が必要です。 正直、人によって求人を見つける時間に差があるので、明確にどれくらいの時間が必要なのか言えません、 あえて言うなら、1日~2ヶ月程度です。

また、書類選考についても、転職の準備中に履歴書や職務経歴書を作成するといましたが、 できれば応募する求人ごとに作り変えたほうがいいです。 まったく同じ書類を複数の企業に送るのは楽ですが、その会社に合った職務経歴書だと、書類選考にも通りやすくなります。 そのため、求人を見つけて書類選考に応募する場合は、数日で応募する企業専用に作る必要があります。

また、書類選考が通過できたら、最後に一番重要な面接です。 面接対策もしっかりとしておかないと、最後に不採用になります。 そのため、面接対策として予め質問される内容だったり、 自分をアピールする内容だったりと、考えることはたくさんあります。

人によって時間は違う

簡単ですが転職するまで何をして、どれくらいの時間が必要なのかを説明しましたが、 はっきり言って人によって転職にかかる時間はまったく違います。 早い人なら、1ヶ月もしないで転職先が決まるし、普通に人だったら2~3ヶ月が平均です。 最悪の場合は半年から1年以上転職活動している人もいます。

早く転職したくて急いでいる場合でも、 自分のスキルと応募する会社のマッチングがうまくいかないと、いつまで経っても転職先は決まりません。 そのため、事前の準備は絶対に必要です。 しっかりとした計画をすれば、転職活動の期間を少なくすることもできるでしょう。 急いでいるからこそ、念入りに準備をするようにしましょう。

私は転職活動で最長1年かかった

私も今までに何回か転職活動しましたが、本当に時間がかかります。 最長で1年以上もかかったことがあり、その時は毎日不安で夜も眠れませんでした。 今思うと、どうしてこんなに時間がかかったのかを考えたら、自分の希望する求人が中々見つけられなかったことです。 どうしても譲れない条件があり、それを満たしている求人が少なかったためです。

妥協してもよかったんですが、その時は諦めずに求人をチェックしまくりました。 ただ、どうしても自分の希望する条件の求人が少なすぎたため、最後は少し妥協しました。

私の書類選考の通過率は70~80%とそれなりに高く、応募すれば面接まではいつも進むことができました。 しかし、この面接があまりうまくいかず、結局不採用になってしまいます。 はっきり言って面接対策はほとんどしていませんでした。 その場しのぎで質問に対して答えていたので、トリッキーな質問が出ると黙ってしまいます。 そんなことが何度かあり、面接の通過率は10%くらいです。

私の経験から言えることは、書類にしろ面接にしろ、 ある程度の事前の準備はしておかないと、転職先は決まらないということです。 まぁ当たり前だよと思うでしょうが、やっぱり人間どこかで手抜きをしてしまうんですよね。 私の場合は、それが面接対策でした。 そのため、面接での印象があまり良くなく、落とされてしまいます。

「書類の作成」「面接対策」この2つは絶対に手を抜かないで、 しっかりと準備をしないと転職活動に時間がかかってしまいます。

短期間で転職できる方法とは

もし転職を急いでいて早く転職を成功させたいなら、自分一人で転職活動するのではなく、 転職エージェントを利用した方が早く決まります。 転職エージェントは、希望する条件の求人を紹介したり、履歴書や職務経歴書の添削から、 応募する企業に対しての面接対策をしてくれたりと、様々なサポートをしてくれます。

そのため、転職活動が不慣れで、早く転職活動したいのに準備などで中々先へ進めないなら、 転職エージェントはおすすめです。 しかも転職をサポートしてくれるのに一切お金は必要ありません。無料で利用できます。 転職活動が楽になるだけでなく、早く転職先が決まるのでかなりおすすめです。 唯一、面倒なのが転職エージェントに登録すると、実際にそのエージェントと面談の必要があるくらいです。 実際に会って話すことで、自分の転職条件を伝えて求人を紹介してくれたり、転職についての悩みを相談したりできます。