転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

副業解禁のメリットは?副業解禁の会社に転職したい人が増えている?

副業解禁についての説明

これまで副業は原則として禁止になっていました。 ところが、2018年から副業に関する内容が変わり、2018年は副業解禁元年といわれるようになります。 そこで、実際に副業が解禁になったことによる、メリットやデメリットなどを説明していきます。

副業解禁について

副業解禁とは一言で言うと、「国が副業や兼業を推進する」ということです。 今までは、「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」という遵守事項があったため、 基本的に副業が禁止となっていました。 このことを知っている人は少ないんじゃないでしょうか? 私もよく知りませんでした。

それが解禁になったことにより、誰でも副業がしやすい環境に変わります。 政府が副業や兼業を推進する方向へと変わったため、副業解禁元年といわれています。

副業解禁のメリットは?

副業を解禁したことによるメリットとは、どういったものがあるのか説明します。

収入が上がる

単純に副業ができるようになれば収入が上がります。 今までよりも多くの収入を得られるので、本業の収入が少なかった人にとっては大きなメリットです。 会社に隠れて副業をする必要がなくなるため、堂々と他の収入源を確保できます。 ただし、あくまで本業に迷惑をかけない範囲が前提となります。

副業を活かしてスキルが向上する

本業の仕事以外で副業をすれば、その副業で新しい知識や経験が身につくため、 本業の業務にも活かせる場合があります。 そのため、個人のスキルが高くなり、会社全体にも良い影響がでるかもしれません。 副業を積極的に推奨する企業は離職率も下がり、結果としてメリットが大きくなるのではないでしょうか。

副業解禁のデメリットは?

副業が解禁にるとメリットだけではなく、デメリットもあります。 そのデメリットとはどういったものがあるのか説明します。

本業に支障がでる可能性がある

副業が忙がしすぎて、本業が疎かになってしまう場合があります。 これでは、せっかく副業を許可してくれた会社にも迷惑がかかってしまうためよくありません。 あくまで本業がメインなので、副業をメインに考えて働くのは推奨されません。 もし本業に支障が出てしまうと、その会社が副業に対して積極的にならず、 今後、強制的に副業自体を禁止にしてしまう可能性もあります。 そうならないためにも、本業に迷惑はかけない働き方を考えてください。

法定労働時間を超える可能性がある

副業のし過ぎで、労働基準法で定める労働時間を超える可能性があります。 労働基準法は、1日の労働時間が8時間以内、1週間で40時間以内と定められています。 そのため、労働基準法違反になる可能性もあります。

今まで副業が禁止だった理由

基本的に副業を禁止している企業がほとんどです。 その理由は、本業の業務に支障がでるだけでなく、情報漏洩のリスクがあることです。 そのため、企業側は副業にあまり積極的ではありませんでした。 また、従業員の健康管理のためにも、副業をすることで労働時間が長くなるのを防ぐ狙いがあったようです。 ただ、従業員の健康よりも、本音では情報漏えいや本業への影響が大事だと思います。

副業解禁の会社に転職したい人が増えている?

最近は副業をしたいと考えている人が増えているようです。 やはり、給与が中々上がらないため、収入を増やす方法として副業を選ぶ割合が大きくなっています。 企業側も給与を上げるのが難しく、従業員が転職するのを防ぐ目的として副業を推奨するようになってきています。

そのため、以前と比べて副業がしやすい環境に変化しているようです。 副業ができる環境は、企業と従業員と双方にとってメリットの方が大きくなります。

収入を増やしたいなら副業をするか転職をする

今の収入に不満があるなら、副業をするか転職をするしかありません。 しかし、本業が忙しすぎるため副業をする余裕が無い場合は、転職を選択するしかありません。 また、副業をするにもどんな業種であれ、負担は大きくなります。 本業の方が残業が少なく、副業がしやすい環境であれば問題ありませんが、 残業が多い会社で働いている場合は副業は向きません。 そのため、給与アップのために転職を考える人もいるようです。

副業禁止は大きなお世話

副業を解禁している企業側が増えていますが、まだほんの一握りです。 ただ、個人的に思うのが副業を禁止すること自体大きなお世話です。 本業の業務以外の時間を何で管理されなければいけないのかと思います。

そもそも副業をする理由は収入を上げるためです。 副業をして欲しくないのであれば、給与を上げるだけで済みます。 それができないなら、副業をして収入をあげるしかありません。

労働時間が長くなって本業に支障がでるとか、情報漏えいの可能性があるとか言ってますが、働いている人は大人です。 それぐらい自己管理できると思いますけどね。

とにかく、今は副業ができる環境が整ってきているので、 もし収入を増やしたいなら副業を考えてみてはどうでしょうか?