転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

フリーターが転職するには?就職に成功する秘訣

フリー他の転職説明

今の日本はフリーターが多くを占めています。 フリーターとして働く期間が長ければ長いほど就職するのが難しいのが今の現状です。

フリーターの生涯年収は正社員と比べてかなりの違いがあり、約2~4倍も収入の差が出てしまいます。 20代なら気にならないかもしれませんが、年齢を重ねていく内にだんだんとその不公平さが身にしみてくると思います。

そこで、そんなフリーターから脱却したいと思っている方! フリーターが就職する上での秘訣から、格差などを説明していきます。

フリーターの就職の悩み

フリーターの就職の悩みの紹介

フリーターとして就職する上で、悩みとはどういうものなのかをピックアップしました。

条件に合う仕事が見つからない

就職はしたいけれど労働条件が納得いかないのでフリーターを続けている人。 正社員として募集している企業はそれなりあるので就職先の数は多いはずです。 しかし基本給や福利厚生、残業などの条件がよくないため、あえてフリーターをしている人もいるようです。

条件の良い求人はすぐに応募が殺到してしまうため、すぐに募集を打ち切ってしまい、なかなか就職できないこともあるようです。 また未経験の業種だと経験もないし本当に働けるかどうか不安に感じているでしょう。

就職活動が辛くて途中で止めた

就職したくてたくさんの企業に応募したけど結局決まらずに途中で止めてしまう人もいるようです。

就職活動は人によっては、数ヶ月で決まる場合もあるし、数年間し続けないと決まらない人もいます。 これは本人の今までの経験やスキル、相手企業とのマッチング(運)も左右されるところがあるため、 就職したいなら途中で諦めずに続けることが重要です。

就職活動の労力はものすごいため、数ヶ月で決まらないと結局フリーターを選んでしまうようです。

面接でうまく喋れない

書類選考には通るけど面接で緊張してうまく喋れなくて失敗してしまい不採用になってしまう人。

書類選考に通ると言うことは、募集企業側も興味があるから面接に呼ぶわけで、 その面接で緊張して失敗してしまうのはとてももったいないです。

自分のスキルや実績、熱意をうまく伝えられるように紙に書いて予習するようにしましょう。 面接での緊張はすぐに直せる物ではありませんが、深呼吸して望むしかありません。

最初から諦めている

どうせ就職できないなと思って最初から諦めている人。 たしかに長い間フリーターとして働いていると正社員になるのは難しいかもしれませんが、努力次第で可能性はあります。

就職したいのに諦めているなら、ためしに就職活動をしてみてもいいのでは? 意外とうまくいこともあるかもしれませんよ。

フリーターと正社員の格差

フリーターと正社員の格差についての説明

フリーターと正社員の格差とはどういうものがあるのでしょうか。 収入から待遇までを説明します。

収入の違い

フリーターと正社員での収入違いは、年収で考えると150~300万円も違います。 そのため生活スタイルがまったく違うし、フリーターは生活するのが大変です。

しかもフリーターの場合、時給制なので働かないと給料をもらうことができません。 有給はありますが、仮に風邪や体調不良で休んだらその日の分の収入が無くなってしまう恐れがあるので、 収入を安定させるのが難しいかもしれません。

年収でかなりの違いが発生するため、10年、20年と過ぎた頃にはものすごい金額の差が生まれます。

福利厚生の待遇

フリーターにある福利厚生は、交通費、有給休暇はりますが、 住宅手当て、家族手当、厚生年金、育児休暇などの手当てはフリーターではまずありません。

そのため給料以外の差が激しいです。 もちろん働く企業によって福利厚生は様々ありますが、それでもフリーターの方が待遇が悪いのは確かです。

賞与などのボーナス

フリーターでは賞与(ボーナス)をもらえることはありません。 賞与は平均25万~60万円程度で年に2回もらう事ができます。

ただ企業の業績に大きく左右されるのと、賞与自体が無い企業も稀にあるため、 正社員だから必ずもらえるということではありません。

フリーターから正社員に就職する秘訣

正社員になるために秘訣を伝授

フリーターが就職するために必要な準備とはどういうものなのかを説明していきます。

希望の職種や業界を調べる

働きたい就職先があるなら、まずはその業界について調べましょう。 フリーター時代から経験のある業種なら、今働いている先に就職をお願いするか、 他の会社で働くなら今の自分の知識と実績を判断して、足りない部分を補うために勉強が必要かもしれません。

他業種の場合は、やはりその業界のことを調べてどんな知識や経験が必要なのかを考えておくといいでしょう。

徹底的に就職したい業種のことを調べることで、自分に何が足りないかを客観的に判断し、 それに必要な資格取得や勉強をしなければいけません。

書類の書き方を考える

フリーターからの就職を考えるなら、書類選考に通らないと 次の面接へ行くことができないので、まずは履歴書や職務経歴書が必要になります。

応募企業に興味を持ってもらえるように、経験のある業種なら自分の今までの経験や実績、 何を学んだのかなどを徹底的に書き出してください。

未経験の業種であれば、何故この業界に入りたいかを考える必要があります。 本音のところでは給与が良さそうとか、自宅から近いとか、働きやすそうと言ったことが多いかもしれません。 しかしその本音は雇う側からしたら気分の良いものではありません。

やはり仕事をしたい動機を入念に考えておきましょう。 よく業界などの口コミで書かれている内容を参考にして、応募動機をまとめることが重要です。 しかしあまり嘘を並べると後々よくないので、ある程度は自分の意思と近い内容でまとめるようにしてください。

面接では内面を知ってもらう

書類選考に受かったら次は面接です。 面接では今までの経験や実績など、履歴書や職務経歴書で書いた内容の確認を行います。 当然書類を見て面接に呼んでいるので、雇う側はその書類に書かれていることを聞いてくるはずです。

そこで職務経歴書などを盛っているなら、多少誤魔化すことも必要ですが限度はあります。 すぐにバレる嘘はやめましょう。

どんな人でも多少は職歴を良く見せようとしています。 それは決して悪いことではないので、印象を良くする為には必要なことだと思います。

後は何故この企業で働きたいのかを、あなたの熱意を伝えてください。 やる気があるのは雇う側も良い印象を持つはずです。

ここまで当たり前のことを書いていますが、その当たり前のことをやっていないフリーターが多いです。 じっくりと考えて、就職するために何が必要なのかを考えて行動しましょう。

フリーターの就職についての結論

年齢を重ねれば重ねるほど就職するのが難しくなります。 フリーターとして働いてきた方にとっては厳しい現実です。 ただし今までの経験や熱意など、応募企業が雇いたいと思えるような何かを 伝えることができれば雇ってもらえる可能性もあります。

就職活動は先が見えずにストレスを感じると思いますが、 早いうちから転職活動したほうが有利に就職できるはずです。