転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

独身で転職は不利か有利か!30代や40代など年齢によって違う?

独身で転職は不利か有利か!30代や40代など年齢によって違う?

独身の人で転職を考える時に、既婚者と独身の人で転職が有利になるのか気になりますよね。 現実は、今までのスキルとは別に、独身かどうかで採用率が変わります。 そこで、独身で転職が不利になる理由や、独身や既婚でも転職を成功させる方法を説明します。

独身で転職は不利か有利か

独身は場合によって転職が有利になったり不利になったりするため、 独身かどうかだけでなく様々な要因で変わっていきます。 ここでは、独身が転職で不利になる理由を説明します。

年齢によって違う

20代、30代、40代など年齢を重ねるごとに、独身が不利になっていきます。 20代だと既婚と独身ではそれほど違いはありません。 しかし、30代で未婚となると、同年代で比べた場合、既婚者が若干有利になり、 40代だと既婚者の方が転職ではさらに有利になります。 では、何故年齢を重ねることによって、転職が不利になっていくのでしょうか? その理由は、既婚者であれば簡単に退職しないからです。

どの企業も人材不足で新しい人を雇いたいと思っています。 人を一人雇うのにかなりの経費を使うため、採用してすぐに辞めてしまうと、会社側はかなりの損失になります。 そこで、既婚者であれば家庭を持っていることもあり、自分ひとりの人生ではないため、そう簡単に退職しません。 多少の偏見はあるかもしれませんが、やはり既婚者の方が年齢を重ねるたびに転職では有利です。

さらに言うと、ある程度の年齢なのに未婚だと、何かしらの問題があるのではないか?と考えます。 これもかなりの偏見ですが、その考えは今も企業の中に根強く残っています。 そのため、まったく同じ年齢で、同じ実績を持っていた場合、未婚と既婚者とでは既婚者の方が有利になってしまいます。

住宅ローンを抱えている

住宅ローンに関しては既婚や未婚とは違いますが、 既婚者の方が住宅ローンを抱えていることが多いので、既婚者の方が有利というだけです。 住宅ローンも支払いを続けていかないといけないので、 そう簡単に退職しないだろうということで転職で有利になります。

そのため、同じ年齢でスキルも一緒で独身者の場合、住宅ローンを抱えている方が転職では有利になる可能性があります。 ただ、独身で住宅ローンを抱えている人はあまりいないと思いますが。

既婚者の方が生活に縛りがあるため、簡単に今の職場を辞めて、 収入をゼロにするリスクを取らないだろうという会社側の思惑で、 既婚者の方が年齢を重ねるごとに転職では有利になりやすいということです。

ただし、独身かどうかだけではなく、転職できるかどうかが決まるのは今までの経験や実績です。 未婚か既婚かというのは、採用判断のひとつでしかありません。 そのため、未婚というだけで転職を諦めなくても大丈夫です。

女性の既婚は不利になるかも

女性の場合は、既婚者の方が転職で不利になる可能性があります。 特に子供がいるかどうかで、転職の成功率が変わっていきます。

結婚が近い

子供がいなくても結婚が近いと、転職で不利になる可能性があります。 理由は結婚で退職する人がいるためです。 雇ってもすぐに辞められたり、子供ができて産休に入られると会社側は困ります。 今は子育てにも理解のある会社は多くなっていますが、入社して間もないのに産休を取られると気分は悪いでしょう。

そのため、近いうちに結婚するのかどうかを、面接で質問される可能性はあります。 すべての会社という分けではありませんが、20代や30代の未婚の女性だと会社側は結婚を気にします。 質問されなかったとしても、採用の判断基準にはなっている可能性はあります。

子供が小さい

既婚者で子供が小さい場合は、転職で不利になる可能性はあります。 子供が小さいと突然の病気や体調不良で、 子供の面倒を見なければいけなくなり、仕事を休む恐れがあります。 会社側は仕事に支障が出るリスクがある人材を良く思いません。

表立って批判はしなくても内心では子供が小さいと、採用をためらうはずです。 そのため、子供が小さいというだけで、転職は不利になると考えた方がいいですが、 最近は子育てにも理解を示す会社が増えているので、昔と比べると大分転職しやすくなっています。

子供が大きい

手のかかる小さい子供の場合は転職に不利になりますが、 子供がある程度の年齢になっていれば、転職で不利になることはありません。 中学生以上であれば、それほど転職で不利にはならないし、ましてや成人しているならまったく問題ありません。

出産や子育てで会社を休まれる可能性がかなり低くなるので、子供が大きいと転職で不利にはなりません。 ただし、子供が大きいということは母親の年齢も高くなっているため、転職は別の意味で不利になるかもしれません。 今までの実績や経験がないと転職も難しいでしょう。

今は結婚しない人も多い

今は昔と違って、30代でも結婚をしていない人は増えています。 結婚の価値観自体に変化があるので、転職でもそれ程不利にはならなくなっています。 あくまで、採用基準のひとつとして考えてください。 転職が成功するのは、今までの実力やスキルが重要です。 そのため、未婚だったとしても転職活動をしっかりとしていけば転職できるので、 諦めずに転職活動をしてください。

独身や既婚でも転職を成功させる

独身や既婚でも転職は大変です。 転職活動の手間はかなりのもので、途中で挫折して転職自体を諦めてしまう人もいます。 転職の準備だけでも時間がかかります。 しかし、最近は転職をサポートしてくれるサービスも増えてきました。 例えば、転職エージェントです。

転職エージェントは、求人の検索から職務経歴書の添削、面接対策と様々なサポートをしてくれます。 もちろん独身や既婚者でも利用できるので、転職活動がかなり楽になります。 転職エージェントに登録すると、直接面談してあなたのことをヒアリングします。 そして希望の転職条件を元にして、求人を紹介してくれます。

転職活動の面倒なことを代行してくれるだけでなく、 完全無料で利用できるので転職活動が面倒だと感じているなら、転職エージェントはおすすめです。 もし転職エージェントに興味があるなら 【おすすめ転職エージェントを徹底比較!本当に役立つ転職エージェントとは】を ご覧ください。