転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

転職のリスクとは!怖いと思う人は多い?

転職のリスクとは!怖いと思う人は多い?

転職をする場合、何かしらのリスクはあります。 しかし、そのリスクを恐れるがあまり、積極的に転職を考えられないのは残念です。 そこで、転職のリスクとはどういった物なのか、どんなことが怖いと思うのかをまとめました。 また、転職のリスクをできるだけ減らして、転職活動をする方法も合わせて説明します。

転職のリスクとは

転職のリスクは様々ありますが、具体的にどんなリスクがあるのかをまとめました。 自分でどんなリスクがあるのかを把握することで、その不安に対して対処していくようにして下さい。

転職できるか不安

転職のリスクというか、転職が怖いと思う理由で大きいのは、本当に転職できるかどうかではないでしょうか? よっぽど自分に自信がある人意外は、少なからず転職できるのかで悩んでいます。 こうした悩みは、転職を考えている人のほとんどが抱えています。 あなただけが抱えている問題ではありません。

誰だって本当に転職できるのか不安に思っています。 そのため、転職活動を必死にやって、その不安から打ち勝とうとします。 転職を成功させるために、事前の準備をしっかりと行って転職活動すれば、 希望する転職先へ採用される可能性はあります。 問題なのは、転職できるのか不安で、真剣に転職活動しないことです。 中途半端な活動では思うような転職はできません。

給与が下がるかも

転職後に給与が下がるリスクはもちろんあります。 でも求人を見れば給与や賞与は記載されているので、自分で少ない給与の転職先を選ばなければいいだけです。 しかし、条件の良さそうな求人だと採用されるかどうか不安で、 わざとグレードを落とした求人に応募する人もいます。

あなたがそういった人かどうかは分かりませんが、自分のスキルを低く見積もりすぎて、 わざと給与が低くなるような転職をする人がいます。 正直何のために転職するのか分かりません。

転職をする人の条件として多いのは給与です。 もちろん他にも様々な理由で転職をする人はいますが、 わざわざ給与を下げてまで転職する理由は何でしょうか? 理由としては、あまりに給与が高いと、自分が採用されるか分からなかったり、 仕事内容がきつすぎたりするのでは?と思っているのではないでしょうか?

確かに今までの給与よりも大幅に高いと不安になります。 しかし、せっかく転職を決めたのだから思い切って、給与の高い求人を探して応募した方がいいと思います。 もしかしたらせっかくのチャンスを逃している可能性もありますよ?

職場に馴染める?

「職場に馴染める?」という不安は私もありました。 職場の雰囲気って実際に働かないと分かりませんよね? そのため、求人をチェックしても雰囲気までは掴めません。 もし転職できたとしても人間関係が良くなくて、転職に失敗したと感じるでしょう。

そのため、転職のリスクの中でも、転職前に分かりづらい部分のひとつです。 唯一の方法として職場の環境を知りたいなら、ネットの口コミをチェックするしかありません。 それ以外の方法で職場の雰囲気を確かめるのは困難です。

そのため、「職場に馴染める?」というリスクは、 私も含めて転職を希望している人の多くが、悩んでいる部分ではないでしょうか?

労働環境が問題?

よくネットやテレビなどで、採用されても求人に記載されている残業時間や給与が違っていて問題になっています。 求人にある条件や労働環境が、実際に働いてみると、全然違ったなんてことがあります。 労働環境の問題についても実際に働いてみないと分からないため、転職前に気付くのが難しい問題です。 ただ、あまりにも酷い会社だとネットの口コミで問題になっているので、応募する求人は 必ずネットで調べた方がいいでしょう。

せっかく転職できたのに思っていたのと違っていたら、がっかりします。 しかし、働いてみないと分からないため、転職のリスクとしても大きな問題となっています。

私が体験した転職の問題とリスク

私も転職して失敗したなと感じたことがあります。 求人の内容と実際に働てみた仕事内容が違ったからです。 バレるのが嫌なので、ある程度は創作も入れますが、私が応募した会社は設立したばかりの会社でした。 設立して数ヶ月程度だったと思います。

応募して面接をすると、面接を担当した社長は、仕事内容のほとんどが企業を中心としたWeb制作という話でした。 私はWebデザイナーになりたかったので、とあるパソコンスクールで勉強して転職先を探していました。 ただ、まったくの未経験だったため、中々採用されませんでした。

ところが、その会社ではあっさりと採用されました。 正直うれしかったです。 だって転職活動で半年くらい時間を使っていたんですから。 私はウキウキしながら初日に出勤すると、とりあえず画像を加工して欲しいといわれて素材を渡されました。 ところが、その素材は普通の企業では絶対使わないような素材だったため、嘘だろ?と思いました。 その素材は、この場ではちょっと言えない類のもので、社長に方をポンと叩かれました。

求人で正直に仕事内容を記載したら、ほとんどの人が応募しないだろうなという内容です。 私は騙されたと感じました。 しかし、転職先が中々決まらなかったので、仕方なく我慢して働いていました。

このように、実際に働いてみて初めてその会社の実態が分かるので、 転職活動中に気をつけていても限界があります。 せいぜい口コミをチェックするくらいしか、対策はありません。 私の場合は、会社が設立間もないこともあり、その会社の実態がネット上にまったく無かったことです。 そのため、せっかく転職先が決まったのに絶望しました。

こういった経験があると次の転職では、怖いなと思うようになり、積極的に転職活動できなくなります。 そのため、自分で転職のリスクを徹底的に調べて、その会社の情報をまとめるようにしていました。

今と転職後のリスクを比べる

今まで転職のリスクについて散々書きましたが、転職はそれほど怖くはありません。 今と転職後のリスクを比べて、転職した方がいいならもっと気軽に転職活動してみたらどうでしょうか?

現状と転職後のリスクを比べる

何よりも転職を考えるには理由があります。 しかし、転職のリスクが頭をよぎって思い切った転職活動できないなら、 今の会社に残る場合と転職した後のリスクを比べてください。 このまま残り続けても何とかなりそうなら、転職はしなくてもいいでしょう。 しかし、残り続ける方のリスクが大きいなら、転職してください。

転職のリスクは当然ありますが、そのまま残り続けるリスクと比較して、転職するかどうかを判断しましょう。 転職のリスクや怖いと思う気持ちは誰もが持っています。 しかし、転職してみると良かったと感じることの方が多いと思います。 そのため、リスクばかり考えないで、現状に問題があるなら思い切って転職してください。

転職のリスクを減らす方法

転職はしたいけど転職のリスクが怖くて中々転職活動できない方のために、 転職活動の負担を減らして転職活動する方法を教えます。 それは転職エージェントを利用することです。

転職エージェントは、あなたの希望する条件をヒアリングして求人を探してくれます。 しかも求人先の人間関係や実際の仕事内容など、内部情報を知っているので転職後の後悔が減ります。

転職のリスクを最小限にできるので、転職が怖い人でも楽に転職先を探すことができます。 しかも、こういった転職エージェントは無料で利用することができます。 もし、転職のリスクや怖いと思っていて思うような転職活動ができないなら、 転職エージェントの利用も考えてみてください。 エージェントを利用して転職に成功した人は数多くいます。