転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

Webデザイナーで年収1000万欲しいなら転職しかない

Webデザイナーで年収1000万欲しいなら転職しかない

年収を増やしたいと思っている人はたくさんいます。 誰だって収入を増やしたいですよね? そこで、Webデザイナーで年収1000万を目指すにはどうしたら良いのか、 そもそも本当に年収を1000万にすることができるのかを説明します。 高収入を得るにはそれなりの努力が必要です。 しかし、年収1000万をもらっているWebデザイナーがいないわけではありません。 どういった人が稼げるのか、1000万に近づくにはどうすればいいのかを解説していきます。

Webデザイナーで年収1000万になるには

Webデザイナーで年収1000万なるにはどうしたら良いのか、 どんなことが必要なのかを説明します。

デザインセンスを磨く

Webデザイナーである以上は、デザインセンスが良くないといけません。 よくあるようなデザインしか作れないなら、年収1000万は無理でしょう。 自分なりのオリジナルデザインで、誰もが納得する作品を作る必要があります。 今流行のデザインだけでなく、その先のデザインを求められます。 年収1000万を稼ぐWebデザイナーはほんの一握りです。 他のWebデザイナーよりも優れているデザインが作れないと、なかなか年収を上げることができません。

マーケティング力も必要

WebデザイナーならWebデザインは当然ですが、実はマーケティングの力も必要になります。 デザインだけで年収1000万を超える人もいますが、それだけでは難しいかもしれません。 集客などのマーケティングの力がプラスされれば、年収を上げやすくなります。

転職する

今働いている会社でいきなり年収を1000万にするのは無理かもしれません。 多少の昇給はあるかもしれませんが、元々の年収が低いと厳しいでしょう。 そこで、転職をすれば年収を上げることができるかもしれませんが、それでも難しいかもしれません。 転職したとしても年収350万だった人が、いきなり1000万になるのはほぼ不可能です。 1000万を目指したいなら、まずは今の年収よりも50万~100万円アップするように転職して、 実力を磨いてまた転職をするのが一番良い方法です。 そうやって転職を繰り返していき、最終的に1000万になるようにした方が無難です。 多少の給与アップなら転職すれば可能です。

フリーランスになる

思い切って独立する方法もあります。 Webデザイナーは他の業種と比べて、独立しやすい特徴があります。 フリーランスになれば、自分の実力次第でどんどん年収を上げることができます。 しかし、フリーランスとして成功するには、Webデザインだけでなく様々な仕事を一人で行わないといけません。 例えば、クライアントとの打ち合わせから自分で営業するなど、デザイン以外の業務をしないといけないので、過酷です。 しかし、年収1000万を稼ぎたいなら、会社で働くよりも可能性が高くなります 独立は負担が大きいですが、自分の実力を試すことができるし、何より年収を大幅に上げることができます。

Webデザイナーで年収1000万は難しい

Webデザイナーで年収1000万稼ぐのはかなり大変です。 どうして大変なのか、その理由を説明していきます。

最近は給与が上がらない

Webデザイナーの仕事は大変ですが、ホームページ自体の単価が下がり続けています。 そのため、仕事の量を増やしても給与が上がらないのが現状です。 昔と比べてWeb業界全体が厳しくなっているため、年収1000万どころか昇給自体が難しい状況です。 しかし、すべての会社というわけではありません。 順調に業績を伸ばしている会社もあるので、そういったところに転職できれば収入を上げられるかもしれません。 しかし、そういった会社に転職できたとしても、多少の昇給はあるかもしれませんが、 いきなり年収1000万は難しいでしょう。

Webデザインだけでは難しい

今はWebデザインだけでは難しいのが現状です。 一部の優れたデザインを作れるデザイナーなら、それなりに稼ぐことができますが、 ほとんどの人は年収で1000万を超えることはありません。 もし、それなりの収入が欲しいなら、デザイン以外の強みを持つ必要があります。 マーケティングなどの集客ができたり、PHPなどのプログラムが作れたりしないと、年収で1000万円はほぼ不可能です。

総合力が求められる

Webデザイナーだけで年収1000万になるには、相当なデザインセンスが要求されます。 そのため、マーケティングからプログラミングなど様々な知識を持ち、それを活かすことができれば、 年収1000万も夢ではありません。 何より今働いている会社で、年収1000万になるのはほぼ無理といえます。 そのため、転職をしてまずは今の年収よりも少しだけアップするようにして、 最終的に1000万を目指した方が堅実です。

キャリアアップを考える

Webデザイナーとしてだけでなく、キャリアアップをして年収を上げる方法もあります。 Webデザイナーだけでは収入に限界があるため、それ以外の方法で上げることもできます。

Webディレクターになる

Webデザイナーのキャリアアップには、Webディレクターがあります。 WebディレクターならWebデザイナーを続けていれば、いずれなれる可能性があります。 サイト制作の管理者としてなら、年収をかなり上げることができるかもしれません。

Webプロデューサーになる

Webプロデューサーになればさらに収入を増やすことができます。 Webディレクターよりも立場的には上になるため、収入の部分でもかなり高額になりやすいです。 しかし、Webプロデューサーになるには、まずはWebディレクターで実績を残す必要があります。 また、会社によってはWebディレクターはいてもWebプロデューサーという職種自体が無い可能性もあるため、 転職を余儀なくされるかもしれません。 しかし、確実に年収はアップします。 そのため、Webデザイナーとしてではなく、キャリアアップをして収入を上げる方法も考えてください。

Webデザイナー転職エージェント

もし年収を増やしたいなら転職をするのが一番早いです。 何故なら、今働いている会社でいきなり収入がアップしますか? 今の会社で昇給を待つよりも、転職してもっと収入を上げられる会社に転職する方が現実的です。 そもそも、Webデザイナーは離職率が高いため、転職を繰り返す人が多いのが特徴です。

ただ、転職活動の負担も大きいのが現実です。 転職活動するくらいなら、いっそ今の会社で働き続けた方がいいなと思っている人もいるでしょう。 もしそう思っているなら、Webデザイナーの転職エージェントに登録すれば転職活動も楽になります。 何故なら、自分の転職希望条件を伝えるだけで、あとはエージェントが勝手に求人を探してくれるからです。 しかも、今の自分の実力で、どれくらいの収入アップができるのかも教えてくれます。 さらに転職で必要な書類の作成から面接サポートなど、様々なメリットがあります。 そのため、転職活動の負担がかなり軽減できるんです。

こういった転職エージェントで便利なのが、今の自分ならどれくらいの給与なのかを知れることです。 Web業界に精通しているので、どんな人材が必要なのかをかなり正確に把握しています。 しかも一切費用が必要ないので、完全無料で利用できます。