転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

密岡奏央(みつおかそお)がすごい!経歴や実績は?【モニタリング】

2019年06月20日放送のモニタリングで密岡奏央が出演します。 どんな人物なのか気になる人も多いと思うので、BMXで天才といわれた密岡奏央の事を調べてみました。

そもそもBMXって何?

BMXって耳にすることがある人もいるでしょう。しかし具体的にBMXって何なのか簡単に説明します。

BMX(ビーエムエックス)は、BMXとはBicycle Motocross(バイシクルモトクロス)の 略で自転車競技の一種である(ワールドカップ・BMXレースはオリンピックなど)。 また、その競技で使われる自転車である。

短距離レースやスタントに使用される車体は、構造が単純で頑丈。 快適性は無視され変速機能も持たないため長距離走行には向かない。泥よけやスタンド、 ライトなど競技に関係ない部品は装備しない。国際自転車競技連合の規定では標準では20"ホイール、 クルーザーでは24"ホイールと定められている。

類似の車両として20"ホイールを持つ競技用自転車としてトライアルバイク (バイクトライアル参照)があるが、国際自転車競技連合では別に扱われ、 トライアルバイクをBMXと呼ぶことは無い。

<引用元:wikipedia>

まあものすごく簡単に説明すると、専用の自転車で様々な技を競う競技と考えていいと思います。 また、競技の種類も 「レース」「フリースタイル」「オールドスクール」 などいくつかに分かれています。

BMXの歴史

1970年代初期にアメリカ・カリフォルニア州の子 供たちが20インチクルーザーバイク(自転車)でモトクロスを真似た事から始まり、 70年代半ばには専用のバイクを使ったレースが全米で行われるようになる。他の英語圏でも広まり、 1982年には初の世界選手権が開かれる。

同82年の映画『E.T.』でBMXが重要な小道具として登場[1]、 1983年にはニコール・キッドマン主演の『BMX Bandits』(邦題:BMXアドベンチャー) という映画がオーストラリアで制作されている。これら作品の影響もあり、 80年代日本でも手頃な車格であること、シンプルな構成で価格を低減できることもあって、 BMXないし外観をそれ風に仕立てたルック車が少年用自転車として一時流行した。

2008年、北京オリンピックにて正式種目に採用され日本からは阪本章史が唯一人代表に選出され出場した。 その経験から、2017年、日本初のプロBMXチームGANTRIGGERを立ち上げ、 次世代の選手達の環境を整え活動を支援している。

1982年、日本で初めてのBMX FREESTYLE TEAM KOMAZAWA FACE DOGSが駒沢公園で結成された。

<引用元:wikipedia>

密岡奏央プロフィール経歴

氏名:密岡奏央(みつおか そお)
ニックネーム ソオ
生年月日:平成18年10月25日
出身地:静岡県磐田市
生年月日:2006年10月25日
身長:152センチ
体重:48キロ
出身小学校:磐田市立磐田南小学校
中学校:磐田市立南部中学校
ホーム:自宅、東静岡アートスポーツヒロバ
好きな事・得意な事 BMX
得意技:インバート
今後の目標 みんなに憧れられるライダーになりたい

過去の実績

2019年FISE WORLD SERIES HIROSHIMA 2019 BMX FREESTYLE PARK アマチュアクラス 5位
2018年JFBF 2018 JAPAN CUP 京都大会 10-12クラス 5位
第2回 全日本BMXフリースタイルパーク選手権大会 10-12クラス 優勝
JFBF 2018 JAPAN CUP 鵠沼大会 10-12クラス 2位
2017年FISE WORLD SERIES HIROSHIMA 2018 BMX FREESTYLE PARK JUNIOR 2位

ショー出演歴

AIR TRICK SHOW アクティブキッズフェスタ
AIR TRICK SHOW CROSS FIVE 大阪
AIR TRICK SHOW アクションスポーツチャレンジパーク
AIR TRICK SHOW TRUCK MASTERS

密岡奏央の家族構成は?

密岡奏央の家族については詳しい情報があまり無かったんですが、 BMX練習用に父親が庭に専用の練習場を作ってくれているようです。 また、日本各地の遠征でも家族の協力がしっかりとされているようです。 家族ぐるみで積極的に支援をしてもらっているみたいですね。 また、兄弟もいるようで次男?と長女?らしき画像が出回っていました。

密岡奏央の所属チーム

密岡奏央はスポンサーチームに所属していて、そのチーム名は「KOASTAL(コースタル)」です。 「KOASTAL(コースタル)」は、

”KOASTAL”(コースタル)は、2014年にマウンテンバイクライダーの 「宮本 祐太郎」(MIYA-G)が立ち上げた湘南・鵠沼を拠点に活動するBMX・マウンテンバイクのチームです。

BMX・マウンテンバイクを通して人生を「楽しむ」事をコンセプトに、 競技活動のみにとどまらず、イベント企画・運営、グッズの販売、定期的にYouTubeで動画を配信するなど、 全国にBMX・マウンテンバイクの魅力を伝えています。

幼少の時より続けてきた自転車競技の経験やチーム立ち上げ以前から 「溝垣 丈司」をはじめキッズにBMXの乗り方・楽しみ方を一から教えていた経験を生かし、 」BMX・マウンテンバイクのスクールも開催しています。

ブランド名の”KOASTAL”(コースタル)は、 沿岸などを意味するCOASTALの「C」を鵠沼(Kugenuma)の頭文字である「K」とし 「KOASTAL」コースタルと読ませ、湘南・鵠沼発信である事を表しています。

今後もシーンの拡大・底上げのため、BMX・マウンテンバイクの楽しさを湘南・鵠沼から発信していきます。

<引用元:KOASTAL>

「KOASTAL(コースタル)」のオフィシャルサイトから引用しました。

東京オリンピック出場は難しい?

実はこのBMXという競技は東京オリンピックから公式になったんです。 しかし、年齢や実績から考えると東京オリンピック出場は難しいかも知れないですね。 ただ、近い将来日本代表としてオリンピックに出場する可能性は十分あります。 今後も注目した方がいい選手です。

密岡奏央まとめ

まだ12歳という若さで世界大会でメダルを獲得するなど、今後が期待できる選手です。 20代ともなれば世界的な選手になっている可能性が高いので今後が本当に楽しみです。 モニタリングを見て気になった人も覆いと思いますが、 これを機会に注目して下さい。