転職チェンジジョブ

転職活動する上での役立つ情報などを紹介

ヤフーが週休3日制導入!仕事のモチベーションがUPする?

fヤフーが週休3日制導入!仕事のモチベーションがUPする?

週休3日制は働く人にとっては夢のような話かもしれない。 現在、国内では複数の企業が実施をしていて、その数は少しずつ増えているようです。

そして、ヤフーも4月より週休3日制を導入しました。 育児や介護などをしている社員を対象にして、週休3日制を選択できるようにしているようで、 今後は全社員への拡大を目指している最中だとか。

そんなヤフーなどの企業が、週休3日制を導入する理由は何なのか! それは、成果主義を中心に考えるようになったからかもしれません。

週休3日制になると成果主義が重要視される?

週休3日制を導入している企業は、従業員にやさしくて、働きやすい環境を作っているように思います。 しかし、今まで週5日働いていたものが、急に4日になったら、当然仕事の影響が出てしまいます。

日本の企業は、成果よりも時間で給料を支払っている感じです。 仕事の内容というよりは、どれだけ会社にいたのか、残業をどれだけしたのかを評価の対象にしていました。

それが、週休3日制になると成果主義が重要視されるようになります。 どれだけ働いていたかよりも、どんな結果を出してきたのかが重要になっているようです。

成果を上げないと給与も上がらない

今までは年功序列で、ある程度は給与が上がっていきましたが、 今後は、成果を出した働き方をしないと、給与はおろか、リストラの対象になる可能性があります。

良くも悪くも日本の企業は、とりあえず会社で何となく仕事をしていれだけで、収入も安定していました。 残業代を稼ぐために、適当に仕事をしてわざと時間をかけていたりする人もいるはずです。

それが、成果主義に変わると、長く会社にいるだけでは評価をしてくれなくなります。 そのため、週休3日制を導入したヤフーも、仕事のできない人にとっては、給与が上がらなくなっていくかもしれません。

給与の格差が大きくなる

今後、週休3日制を導入して成果主義に切り替わっていくなら、 能力のある人と能力の無い人の給与の格差が激しくなるでしょう。

今は少数の企業だけですが、これが日本全体で成果主義の流れに切り替わったら、 仕事ができない人は、いつまで経っても収入が上がらずに、リストラの危機に陥るかも知れません。

そうならないためには、短時間で目に見える成果を上げるために努力が必要になります。 無駄な時間を無くして、いかに利益を上げられるかが勝負になりそうです。

ヤフーも今後は、そういった働き方になる可能性がありそうですね!

まぁ会社勤めをしていな自分にとっては、どうでもいい話ですけど。